2016年11月11日

黒棒について

黒棒とは。
持ち点が足りなくなった時に使う、
黒い点棒のことです。
いわゆる石橋棒のことです。



どうも、ズムです。



ちなみに昔は100点棒のことを黒棒と
呼んでいたのです。

これは昔、どの点棒も白い棒で赤と黒の
インクで書かれた模様で識別していた
時代に、100点棒だけは赤いインクが
使われておらず、黒かったから、だそう。

ちなみに【石橋棒】というネーミングは、
石橋さんがよく飛んでいるからではなく、
石橋さんと言えば「黒い」からだそうです。



というのは余談で。


人は黒棒を使うと意気消沈します。
これを「無駄な凹み」だと私は思うのです。


世の中には無駄な凹みが多くあります。
例えばダイエットに励む女性がいるとします。
「普通の男は痩せた女性は好きじゃないのに」
と言われたとします。
しかし彼女が滅茶苦茶ヒマだと仮定した時、
「どこかにいい男はいないかな」
と思うことはあっても、
「どこかに普通の男はいないかな」
と思うことはないでしょう。

つまり、これは無駄な凹みなのです。
とはいえ彼女は自分の努力を否定されたので、
まあ別に凹んでもいいでしょう。
大事なのは凹むポイントです。

(自分の趣向を押し付けるために人の行動に
茶々を入れるような人に耳を貸さなくていい、
そもそも凹む必要がない、という意見もある
でしょうが、話が複雑になるしまぁ凹むこと
自体はいいと思います)


例はいくらでもあります。
例えば、変わり者がいたとします。
「普通ではない、だめだ」
と言われました。彼は凹みます。

テストを受ける時、平均点を狙うでしょうか。
皆、ベストを尽くすはずです。
これも例えばの話ですが……。
頭にはネジなんてありませんが、そんな大事な
ものがもしあったら、数を平均値に寄せる必要は
全くないのです。
この場合、「失礼な人に馬鹿にされた」ことに
凹むなら、凹むポイントが合っていますが、
個性的であることに凹むのは無駄な凹みです。


余談ばかりになってきました。
つまり、無駄な凹みとか、凹むポイントの
ズレというのは、だいたいが慣習的な錯誤に
よって起こるのです。



箱下になって凹むのも同様です。
競技麻雀には「飛び」がありません。
つまり、30000点という持ち点に特に意味が
ないのです。

1億点持ち1億点返しでもいいし、わかりやすい
のは0点持ち0点返しではないかとすら思うのです。
(クビのあるルールだと更に判りやすいです)

前の話に戻ります。
黒棒を出すことに意気消沈するのは無駄な凹み
だと書きました。

確かに持ち点が△30ともなれば凹むのも無理がない
ですが、△29.9でも大分痛いですよね。
でも、100点持ちの4着で終わった時は、なんだか
「耐えた〜」という気分になることも。
これは無駄な凹みならぬ、無駄な安堵です。


つまり、大量失点に凹むのは凹むポイントが
合っていて、黒棒が出たことに凹むのが、
無駄な凹み、ということになります。


放送対局でも黒棒が出ると笑いが起こったり
和んだりしますね。
そこは楽しい点かな、と思いますよ。

でも。
フリー麻雀でも、黒棒を「恥ずかしい」
って言う人が結構いるんですよ。
飛ぶこともあるよ。
気にせんと打ってもらいたいのです。


posted by ズム at 14:53| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

帰省します〜しいたけ

来月、2年ぶり?に実家のある鹿児島に
帰省することに致しました。



どうも、ズムです。



お土産を要求する方は餞別を下さい。
晴天を誉める方は夕暮れをお待ち下さい。



家族のlineグループで、
「来月かごしま行くよー」
と言ったところ、弟の反応が、

screenshotshare_20161108_143721.png

かわいいです。
ほっこり家族ですね。



明日は松戸の【さかえ】に行ってきます!

明後日はいよいよズムリーグ最終節!
明々後日は渋谷【かめきたざわ】です!


うれしいたけ!


posted by ズム at 01:45| Comment(0) | 麻雀以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

ズムリーグ9節まで

白オールマイティーのズムリーグ。
予選リーグも佳境の中の佳境へ……。



どうも、ズムです。



第9節までの成績はコチラ。
5-9.jpg

1位:決勝シード
2位:準決勝アドバンテージ+50
3位:準決勝アドバンテージ+30
最多賞:準決勝進出(上記除く最多)
その他成績順に5名が準決勝進出

です。
大平は決勝生放送の進行役をするので
今回は黒子です。


暫定の準決勝進出ボーダーは橋本さん。
ですが、接戦なので次の最終節まで
わかりません!!

ズムリーグでは、成績のよい12回戦分の
ポイントを総合成績としていますので、
例えばポイント+332のいっつーさんは
まだ10回しか打ってませんが、あと4回
打って全部プラスなら、△150近く負けた
回のポイントが帳消しになって、一気に
400〜500スコアが伸びることも。


準決勝は来年1/2の12:00〜です。
同日の夕方から決勝(生放送)となります。

マイティーサンマの放送は初だと思うので
楽しめる内容になるよう、張り切ってます。


ゲスト解説もお呼びしますよヽ(・∀・)ノ


posted by ズム at 22:20| Comment(0) | ズムリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

11月のズム

11月の予定を書きます。



どうも、ズムです。



リーグ戦もシーズンオフとなり……。
今月の対局予定は夕刊フジ杯と王位戦。
がんばろう!



青色の日は対局予定、
緑色は対局以外の参加・出演予定、
ピンクの日は雀荘ゲストです。


1日(火)
池袋・まっすー 11:00〜22:00
4日(金)
秋葉原・マーチャオカプリコン 17:00〜24:00
6日(日)
松戸・さかえ 12:00〜20:00
7日(月)
町田・555 14:00〜22:00
8日(火)
池袋・まっすー 11:00〜22:00
10日(木)
松戸・さかえ 14:00〜22:00
11日(金)
ズムリーグ・最終節 19:00〜
場所:大塚・スリアロスタジオ
ついに決勝シード・準決勝進出が決定(・∀・)

12日(金)
渋谷・かめきたざわ 12:00〜22:00
優勝記念にイベントやってくれるそうです。

14日(月)
町田・555 14:00〜22:00
15日(火)
池袋・まっすー 11:00〜22:00
17日(木)
夕刊フジ杯第3節
18日(金)
下北沢・まーちゃお 17:00〜23:00
東風の日に行くのは1年ぶりくらい

19日(土)
王位戦
21日(月)
平塚・さかえ 13:00〜21:00
22日(火)
池袋・まっすー 11:00〜22:00
24日(木)
松戸・さかえ 14:00〜22:00
25日(金)
新宿・クアトロ 16:00〜22:00
28日(月)
町田・555 14:00〜22:00
29日(火)
池袋・まっすー 11:00〜22:00
30日(水)
下北沢・まーちゃお 17:00〜23:00


こんな具合です。
今後追加があるかもしれません。

ズムリーグが最終節を迎えます。
決勝の放送は来年1/2です。
おたのしみに。


posted by ズム at 20:36| Comment(0) | 予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

決定戦最終戦

決定戦の最終8回戦を打ちながら
考えていたことを書きます。



どうも、ズムです。



7回戦までのトータルポイント。
IMG_20161021_184545.jpg

いわまさんとは66.6差。
トップラスで6600点か2順位差で26600点。
ヨーコさんとは着順勝負です。

まぁまぁ厳しい条件ですが現実的です。
7回戦をトップで終えられなかったのが
痛恨なのですが、まぁその報いよ(笑)
私の優勝は10%くらいかな。


東1局0本場 ドラH
screenshotshare_20161021_132652.png

序盤から、いわまさん、ヨーコさんと
2軒リーチに。
9が2軒目ヨーコさんの宣言牌のスジ、
九はいわまさんの現物。

いわまさんには絶対に打てないことと
一応手牌の都合で九を切りましたが、
親のヨーコさんに12000点。

自分の手はよくないので、この時は
少し最終戦の戦い方を勘違いしたかな
と思ったのですが、まだ東パツなので
ここから修正できるでしょう。

そして、逆に今からツモりまくって
ヨーコさんを捲れば私の優勝なのです。
そんなことを考えていました。


東2局1本場供託1 ドラ東
screenshotshare_20161021_140148.png

14巡目に、三をポンして形テンの
イーシャンテンを取った所です。

形テンのイーシャンテンを取る人
はあまりいないかもしれませんが、
私はアガリがなさそうな手や安い
手は、15巡目には形式テンパイに
取りたいのです。
ですので、それまでにイーシャン
テンにしないといけません。

切るBをいわまさんがポンして、
ション牌のドラ、東切り。
だいたいポンテンでしょう。

IMG_20161021_190708.JPG

これが運よくテンパイし最終手番。
上家が切る七をチーして@を切ると
安全にテンパイ維持できるのです。

ハイテイは石井さんに流れます。
ドラがアンコだとしたら、123を
チーしてる石井さんが怪しいので、
少し悩みました。


東4局0本場 ドラ3
screenshotshare_20161021_142810.png

ドラ頭でリャンメンリャンメン
のイーシャンテンですが、親の
石井さんからリーチ。
三、5と立て続けに危険牌をツモ。

この時は、安全にテンパイしたら
リーチ勝負に、と思っていましたが
ノーテンからは何も切らないつもり
でした。

IMG_20161021_191629.JPG

こんな感じでイーシャンテン復活。
最後の巡目にいわまさんが切った
ドラをポンできて、テンパイ取り
できました。

いわまさんはテンパイを入れていて
もうツモ番がなかったのですが、
このポンでまわったツモで危険牌
を掴み、オリることに。
私にとっては幸運な結果に。


東4局1本場 ドラF
screenshotshare_20161021_144444.png

チートイイーシャンテンですが、
下家のいわまさんがソーズ仕掛け
をしているので、Dを切りました。

安いので、テンパイしてもリーチ
しないかもしれません。
終盤、石井さんがテンパイなら
ピンフのみとかアガらないかもな
と思っていました。
大きく加点しないと後がないです。


南2局0本場 ドラH
screenshotshare_20161021_145852.png

子供だったら、純チャンに決め打ちたい
なーと思った手です。
親なので手なりに字切り。
でも、字牌から切った方が純チャンに
なった時アガりやすかったりもします。

ドラがHなのが、とてもチャンタ系に
いきやすいんですよね……。
東場の親でも、こういうチャンタ系に
寄せたいような手がきたのですが、
その時はドラ五で少し微妙でした。


南3局0本場 ドラB
screenshotshare_20161021_152155.png

東パツの失点が回復しただけで、ついに
ラス前まできてしまいました。
この局は、できれば跳満をツモりたい所
ですが、満貫ツモでもオーラスには満貫
直撃条件が残るのです。

が、石井さんからリーチ。
石井さんには打てませぬ……。

この手牌。
南が1枚切れで完全安牌なのです。
が、親に絞る必要がない(連荘してくれた
方がチャンスがある)のと、もしかしての
テンパイ料獲得のために8を切りました。

親にテンパイを入れさせたと解説されて
いましたが私は、実際は、
「親はテンパイ取ってくれないだろうな」
と思っていました。

私目線だとそうですが、私に逆転される
可能性は低いので、ヨーコさんの条件を
厳しくする意味ではテンパイ取りもあり
なんですね。

この8は結局鳴かれず私もテンパイは入り
ませんでしたが、最後の手番で、絶対に
鳴けない南ではなく、もう一度8を切って
よかったと思いました。
いわまさんチーしてテンパイ、1本場へ。

他に選べる数牌はなかったので、局が
増えて、僅かですが望みが繋がりました。


南3局1本場 供託1 ドラ六
screenshotshare_20161021_154449.png

局が増えたものの先程のいわまさんとの
テンパイノーテンで、今度はこの局に
満貫ツモっても、オーラスは跳満直撃
するしかなくなってしまいました。

この局は跳満ツモりたいと思っていたら、
跳満の救世主、チートイツのテンパイに。

テンパイしたら即リーチか、ずっと考えて
いたのですが……。
巡目も早いのでドラ単騎変化を待つことに。
こんなイーペーコみたいなチートイに裏裏
なんて期待できん!

screenshotshare_20161021_154830.png

Hを引いて純チャンリャンペーコの
イーシャンテンに。
7を切ってテンパイを外しました。
いわまさんからリーチ。

screenshotshare_20161021_155128.png

7を引き戻しました。
こうなったら悠長にしている場合では
ないので、H単騎でリーチ。
直撃があるかもしれません。

タンピンドラドラのイーシャンテンに
なったヨーコさんからH出アガリ。
裏は7でした。


南4局0本場 ドラ三
screenshotshare_20161021_163058.png

オーラス。私の優勝条件は、
・役満ツモ
・いわまさんからの12000

これはだいたい無理なので石井さんの
連荘に期待。
特に、流局時のテンパイノーテンで、
満貫直撃や跳満ツモ条件になることが
結構ある状況なのです。

ちなみに、解説でラス前のチートイに
裏が乗っていなかったら条件が軽く
なっていたとありましたが、実際は
3200は3500でいわまさんと2着順差を
つけても、全然素点が足りません。
倍満ツモでも届きません。

ただ、その場合も石井さんの連荘に
望みをかけることになり、石井さんが
ツモアガリでいわまさんを捲った時に
条件が軽くなるんですね。


で、この手。
石井さんからリーチ。終盤ですが、
次巡出る中をポンすればよかったと
思いました。ポンしてE。

イーシャンテンに取り運よくHか
東が通って、かつテンパイの可能性。
無理でも安全牌の枚数は足りている。
とっさに声が出せず、後悔。

だいたいテンパイしませんが、他に
できることも、もうないのです。
この手はもう少し早くメンホンを
諦め、安全に組めそうなテンパイに
向かうべきだったと思います。


南4切ったら1本場 供託1 ドラ北
screenshotshare_20161021_163705.png

ワンチャンのスーアンコが見えますが
下家のいわまさんがマンズの一二三を
チーで、無理はできなくなりました。

また石井さんからリーチ。
続いてリーチ棒で満貫ツモ条件になった
ヨーコさんもリーチで、完全撤退。
現バリのいわまさんが親に12000。


南4局2本場 ドラ2
screenshotshare_20161021_164547.png

アガリトップになりました。
Hをツモって少し考えています。
七にくっつきく牌が少なく、役あり
テンパイにしたいからです。

が、八や六引きが良すぎるのと、
ヨーコさんがピンズのホンイツ、
さすがにピンフベースにしよう……。
二や五を引いたらリーチします。

結局、八をツモ。六で出アガリ。



最終スコア

IMG_20161022_001441.jpg


優勝できました。
改めて、応援してくれたみなさま、
ありがとうございます。


さて。
明日はリーグ戦の最終節。
昇級がかかっています!!!
がんばろう!!!


posted by ズム at 20:16| Comment(4) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決定戦7回戦

決定戦7回戦の気になる局について。



どうも、ズムです。



5回戦、6回戦と書いてきましたが、
なんだか納得いかない局の話ばかりに
なってしまいました。
うまくいった局ってのは自然とうまく
いった局もあるので、意外と印象に
残らないものです。



6回戦終了時のトータルポイント

IMG_20161021_003910.jpg

7回戦では、ヨーコさん、いわまさんより
上の着順を取る、という明確な目標が
できました。
ふたりともと着順が上回れば、最終戦は
着順勝負以上の戦いやすい条件になります。

逆にふたりともと着順が下回れば、優勝は
かなり厳しいものになってしまいます。



東3局0本場 ドラ八
screenshotshare_20161019_211911.png

七が3枚見えています。
普段なら「ペンチャンなのにピンフがつく」
とか言ってだいたいリーチをするのですが、
この時はリーチ気分で押して、親の石井さん
からリーチがきたらやめようと思っていました。


南1局0本場 ドラ六
screenshotshare_20161019_223230.png

カン3をチーしてカン五テンパイを取った局。
7回戦はいわまさんに先にアガられないように
クイタンでがんばっていた局が多かったです。
すぐに五をツモ。ラッキー。


南2局0本場 ドラC
screenshotshare_20161019_223802.png

ドラ表のBが出たのでポンした局。
これでドラのくっつきもなくなってしまう
のですが、この手を門前で進めても中盤までに
高い手やリャンメンリーチが打てるような感じ
もしないので、しかし加点はしたいので鳴いた
感じです。

9を切ってタンヤオか役牌バックにでもなれと
思っていたら二、發と引いて發で700オールの
ツモアガリに。これもラッキー。


南2局2本場 ドラ白
screenshotshare_20161019_225839.png

1本場も終盤、運よくテンパイが取れ流局、
2本場。
石井さんのリーチに押すのは恐いですが、
ホンイツテンパイでがんばっている所です。

この局、気になったのは、いわまさんが
最終巡目にリーチの石井さんにハイテイを
送ったことです。

この時の勝手な推測ですが、いわまさんは
私を捲るつもり満々だと思いました。
石井さんがマンガンツモなら、いわまさんの
着順は落ちてしまいますが、点差はそれほど
大きくはないし、大平との差も縮まる。

何より直対相手のヨーコさんが石井さんと
まぁまぁ離されたラス目になるので、自分が
トップに立った時に並びがよくなるな〜。

こんなことを考えていたのですが、解説で
言っていたように役+ホンイツが見えている
私のハイテイを消したのかもしれません。

いわまさんとは今日、夕刊フジ杯の会場で
会って決定戦の話もしたのですが、この時の
ことは聞き忘れました。


南3局0本場 ドラ北
screenshotshare_20161019_231639.png

石井さんの親番で無理をしたくないですが
手牌が無意味に広がりつつあります。
何かに寄せなければ……タンヤオかチートイ
と、前巡Hを切りましたが、6がアンコに。
まだ決めかねて字牌を切った所に、親リーチ。

これはやってもうたな、と思いました。
さっきまで親で好き勝手していましたが、
今回はもう巡目も2段目なので、ゆとりすぎ
てしまいました。

とりあえず中を切り、安牌なしに。
石井さんが4をツモ切り、ヨーコさんがチー
して打7。
ヨーコさんは既にオタ風をポンしています。
ホンイツで、北がまぁまぁありそう。

石井さんには打てないので、次何も安全牌を
引かなかったら4を切ろうと思っていました。

7が余っているヨーコさんは、テンパイかも
しれないのですが、4が当たるかどうかは
分からないので、今切るしかない。


これは何が間違っているかというと、ここに
追い込まれた自分の不注意だと思いますね。
ヨーコさんにホンイツドラドラの放銃に。

この日一番失敗したと思いますよ。


南4局0本場 ドラA
screenshotshare_20161019_233043.png

こつこつ積み上げたトップを土壇場で
失う、私。
そしてもはやオーラス。
そんな私は……。

性懲りもなく手牌を広げていました。
見てよ!今日はじめてタンピン丸見えの
手がきました。
これは配牌1等賞間違いなしや。
でもさすがに次に安全そうな牌を引いたら
手に留めようと思っていました。

しかし、すぐにいわまさんからリーチ。
トップ目なので、待ちはよさそうです。
親のヨーコさんからもリーチ。
3等賞でした。

いわまさんが掴み、ヨーコさん2000点
で、続行に。


南4局1本場 ドラ五
screenshotshare_20161019_233648.png

メンピンをアガればトップの私。
3巡目にはメンピンのイーシャンテンに。
これはもろた!

そして4巡目にくる、3。
ここはとても考えました。
単純に枚数の多いCFか、待ちになった
時に強そうな25の選択です。

ピンズを払いました。
どうせ間もなくテンパイするだろうと
思っているので、最終形が強そうな方、
のちに浮き牌が安牌に入れ替わっても
一瞬で3面張に変わるソーズの方が、
残しやすいかなと思いました。

なかなかテンパイせず、しないかなと
思っていた完全イーシャンテンの形を
経て、終盤ようやく六九でリーチ。

同巡で追いかけた石井さんが12000点
出アガリで、3着で終了でした。


CFだったかー!とか言ってみましたが
この半荘はラス前の過ごし方に尽きます。
あの手、攻める立場なら違いますが、
親も終えたトップ目なので、安全に手を
組むべきだったのです。


posted by ズム at 02:20| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

決定戦6回戦

決定戦6回戦の気になる局です。



どうも、ズムです。



東1局0本場 ドラ南
screenshotshare_20161019_103528.png

まず、画像下の方にあるトータルですが、
ヨーコさんに約70離されています。
この半荘は最低でもヨーコさんより1つは
上の着順を取りたいとこです。

トップで石井さん2着とかなら最高ですが
高望みはしませぬ。
無理せずできる範囲で操作する方がいいと
思うんですよ着順は。

で、こんな感じのうまくいった三色リーチ、
待ちも悪くなさそうでしたが親の石井さん
に7700放銃からスタート。痛い。


東2局0本場 ドラ東
screenshotshare_20161019_104259.png

この5を残すのですが、2を切っているし
Hは無いしで、テンパイから丸っきり
遠退いてしまいました。

こういう、安全もアガリもなさそうな
打ち方は、全くダメだと思います。
チートイテンパイで流局できていたかも
しれません。


東2局1本場 供託1 ドラ1
screenshotshare_20161019_105612.png

次局もテンコシャンコ。
Fを切りましたが、7切りがいいのでは
ないかと思いました。
2局連続で、切ってから後悔、です。
ちゃんと打て。


こうしてツモられとノーテンでじりじり
点数を減らすのは「仕方ない」とは違う
んですね。
その後、手なりホンイツの1600/3200を
アガることができ、少し復活します。
3着目のヨーコさんに届きそう。


東4局0本場 ドラ9
screenshotshare_20161019_111215.png

石井さんが第1打に切ったダブ東をポン、
次巡に加カンしているところです。
まだ4シャンテンですが……。

これは、東をツモ切るのも弱々しいし、
手の内に残してくっつく枚数を減らすのも
弱く、もじもじ考えるのも弱く見えそう
なので、カンでよかったかなと思います。

強引に攻めるつもりじゃない時はカンより
まずポンをしなければいいのです。
リンシャンから南を重ねて頭も出来たぞー。

screenshotshare_20161020_144552.png

この後のこうなり、西を切るか少し迷って
しまいました。アガれなそうな仕掛けからの
少考は微妙な気がします。
新ドラのペン三ターツを払ったのですが、
リーチを受けた時に真っ直ぐいける可能性が
あった方がまだマシだと思った次第です。

ちなみにそもそも、他3人の手は最初から
タンピン系でまとまっていたので、
あまり威嚇にもなっていませんでした。


南4局0本場 ドラ4
screenshotshare_20161019_202748.png

6巡目、ちょうど字牌を放してペン三が
残るイーシャンテン+Dのくっつきに
期待、と構えたらヨーコさんからリーチ。
いわまさんも既に役牌、リャンメンと
2フーロ。

ヨーコさんに捲られると優勝がかなり
厳しくなってしまいますが、これは
ほとんど捲られそうです。

今すぐペン三でテンパイしたらリーチ
かなと思ってましたが、六九は通った
ので、ダマろうと思っていました。

いわまさんが安くアガるかもしれない
からやめてほしくないのと、リーチ棒を
出さなければいわまさんに3900までは
打てるのです。
3900以上じゃないとは限らないですが、
どうせピンフのみなので、黙ってたら
アガれてただけ避けようと思いました。

いわまさんがすぐに400/700ツモ。
他力で助かりました。



6回戦は自分の内容はさっぱりでしたが
運よく3着で済んだ、という印象です。
無駄な放銃こそありませんでしたが、
手筋が明確でないことが多すぎました。


posted by ズム at 16:09| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決定戦5回戦

決定戦最終日。
5回戦の気になる局について書きます。



どうも、ズムです。



初日のトータルポイントは、これ。

IMG_20161020_000552.jpg

初日を終えて、上位3人のポイントはほぼ
並びなので、最終日の序盤(主に5回戦)は
トータルポイントをあまり意識せずに
打つのがいいだろうと思っていました。


【5回戦】

東1局0本場 ドラ7
screenshotshare_20161019_003300.png

いわまさんのリーチを受けて、こんな手。
現物は四、2、3。
14も@Cも悪くなさそうな受けのですが、
A、Bとリーチ後に引いてきた牌で、
実は@がフリテンなんです。

石井さんもヨーコさんも押してきていて、
ここは2、3落としました。
ヨーコさんが追いかけ500/1000をツモ。


南1局1本場 供託1 ドラE
screenshotshare_20161019_005635.png

親の石井さんがタンヤオで2フーロ。
ヨーコさんがオタの西ポン、GをEFG
でチーしてホンイツ模様。
いわまさんはかなりオリ気味。

白もダブ南も切れなくて、面子手の
イーシャンテンは諦め、チートイで
もじもじ粘ってたのですが。

ヨーコさんが上家から出るピンズに
長考してスルー、3をそっと手出しで
ノーテンムードに。
テンパイしたら意地でもリーチしよう
と思っていたら、白が重なりました。

石井さんのタンヤオがマンズの真ん中
っぽいので五単騎に。
山にないとも限らんと思ってましたが、
南ならツモっていましたけどね。


南1局2本場 供託2 ドラ二
screenshotshare_20161019_005104.png

2本場供託2と、是が非でもアガりたい
とこなのですが、三が3枚切れ。
ヨーコさんがダブ南をポンしてソーズの
ホンイツ模様です。

5を切るのですが、これは前巡の東から
やめとけばよかったなと思っています。
2着以上は死守したいので、石井さんにも
テンパイを入れさせたくないのです。

Dが鳴かれてないのでGでも切りながら
仕切り直すか、ペン三を諦め一切り、
ドラが重なったら考え直すか。などなど。

この局は微妙でした。


南4局1本場 供託1 ドラ@
screenshotshare_20161019_013646.png

流局でやってきた最後の親。
ヨーコさんが役牌ポン、リャンメンを
チーして打四。
いわまさんが直後に三を通しました。
ソーズのホンイツです。

そこへ大平、チートイドラドラ(一応)
のイーシャンテン。
アガりにいくならソーズを切ろうか。

いわまさんのホンイツにはドラがない
し、進行具合も分からず。
リーチ棒を出してもマンガンツモでは
捲られません。
でも、ひとあがりではトップはまだまだ。

二を切りました。
ヨーコさんに当たるなら2着のまま。
そうでなくてもイーシャンテン維持。

結果はヨーコさんに1000点放銃で、
2着のまま5回戦終了でした。



と、ここで思い出すのは決定戦初日。
1回戦のオーラスです。

screenshotshare_20161006_003905.png

この点数状況でいわまさんリーチ。
ヨーコさん、石井さんはかなりノーテン。
自分は安全にテンパイが取れて流局。

伏せるか、開くか。
開けるのはかなり攻撃に寄った打ち方、
伏せるのは現実的な打ち方だと思います。

流局が近づく間、かなり考えましたが、
私はテンパイを宣言しました。


いろんな人に意見を聞きましたが、
答えは真っ二つでした。
ただ、大平らしい打ち方ではなかった
という意見もありました。



あの時に開く考えなら、このチートイも
もう少し頑張った方が良かったかな、
とも思いました。



この後の解説室トークにあった、休憩中に
村上さんに質問した、というのは本当で、
そういう裏話的な部分も含めて、観戦を
楽しんでもらえたらいいな、とも思います。

タイムシフトは今週日曜まで見られます。


posted by ズム at 01:32| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

第16期女流最高位

第16期女流最高位決定戦、昨日が
最終日でした。
大平、優勝しました。



どうも、ズムです。



いつも放送対局の後は、何を考えて
打っていたかをブログに書いている
のですが……。
(これの隠れファンも数名いるのです)
見直しとピックアップに時間が掛かる
ので、少々お待ちください。



ひとまず、応援してくれた方々に、
お礼を申し上げたいです。



私は、選手として魅力的な部分が
あまりない選手です。
華やかな手を多くアガることもなく、
強烈なキャラクターがあるわけでもなく。


そんな私のような選手も、応援してくれる
方がいることに感謝しています。

応援メッセージを送ってくれた方
御守りをくれた方
神社にお詣りに行ってくれた方
家族。

そして調整セットに付き合ってくれた方、
必勝の?握手をしてくれた平賀さんにも、
とても感謝をしています。



みなさま、ありがとうございますm(。_。)m



私は2年前優勝した時は新人だったので、
おかしい、ずるい、他の人を応援してたのに、
と、わざわざ文句を言いにくる人が、大勢
いました。

今はどうでしょう、新人新人というイメージ
の自分に、同じ新人の選手がちょっと遠慮
してたりします。実にかたじけないです。


まぁまぁの孤独です。


この素晴らしい孤独を、限られた選手人生
で感じる機会があったことが、誇らしいです。
そして今年もまた、素晴らしい孤独の中で、
競技に励むことができることが、何よりも
うれしいです。



ですので、応援してくれる方がいること、
頼れる先輩方がいること。
とても心強く思っております。
実際は孤独でも何でもないということです。
気持ち次第です。



今後も、競技麻雀にますます真剣に取り組み
またよい結果を報告できるように……。
私は間違いなく、今から強くなれる人材です。
頑張ります!!!


ですので、これからも応援して下さいませ。


IMG_20161017_213256.JPG

やったどー!


posted by ズム at 22:30| Comment(5) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

「徒然草」の読み方

好きな本は?と聞かれることがあり、
「徒然草」と「南国少年パプワくん」
を、シーンで使い分けています。



どうも、ズムです。



14762865413671043060845.jpg

他にも好きな本はあるのですが、
徒然草は、何度読んでもおもしろく、
どこから読んでもおもしろい、という
金太郎アメのような所があります。


適当な所を開いて、読める。
読み終えたい時、いつでもキリがいい。
1000年も昔の本なのに共感が止まない。
美しい話、バカな話、ためになる話……。


忘れた頃に読むと、本当に忘れていて
新たな発見があったりするのです(笑)




そんな【徒然草】について思うこと。


@兼好は、品とセンスに溢れたミーハー親父
A仁和寺にはロクな奴がいない
B盛親僧都という人物へのシンパシーと憧れ


まぁ、気軽に読める本だということです。



そして。
作中に出てくる、盛親僧都(じょうしんそうず)
という人物が、私に似ていましてね……。
(でも、私より優れて徳のある人物なのですが)

そいつのファンなのです。
変わり者で、自由な人物です。
彼の好物は「いもがしら」です。


どんな人物かまた今度書きますが、それより
なぜ今、急に徒然草のことを思い出したかと
いうと……。

screenshotshare_20161013_004146.png

協会の命プロのツイートです。

きぬかづきって、最初に食べたのが
中学生の頃、夕飯の食卓に並んだ時。
私には珍しい食べ物だったのです。

それがウマすぎて。
家族の分を全部ひとりで食べる勢い
だったんですよ。


その時。
これが「いもがしら」かもしれぬ!!
と、なんとなく思ったわけです。
多分違うんですけどね。



それ以来「きぬかづき」を見ると、
「いもがしら」を思い出し、また
読みたくなる……すべてを忘れている
ので1から楽しめる……。


徒然なる永久機関なのですヽ(・∀・)ノ


posted by ズム at 01:03| Comment(0) | 麻雀以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする