2017年02月24日

日本シリーズ第4節

日本シリーズ第4節ありました!



どうも、ズムです。


今節で下位2名は敗退。
残る8名でプレーオフが1日。

プレーオフにはほぼ残ると思って
いましたが、やはりみんな決勝を
狙っています。
上位4名を狙える位置につけたい
ところです。


【16回戦】

東1局北家 ドラ白
screenshotshare_20170224_002314.png

親の仲田プロがダブ東ポン。
速度的に厳しすぎて受け気味に
打ってましたが、ペンBの
一通テンパイになりました。

このGはDが通ってはいますが
Fを切るときに少考があったので
少し嫌だったんだけどなあ。
2900放銃。


東1局2本場北家 ドラ5
screenshotshare_20170224_190347.png

魚谷プロから、リーチ。
六が通せそうなので、ツモ切った
八は残して形テンも視野に残せば
よかったです。
全員の現物だし、次巡五をチーで
一応テンパイを取れました。


東2局3本場西家 ドラ2供託1
screenshotshare_20170224_190617.png

親の魚谷プロからリーチの同巡、
メンホンテンパイ。
攻めるなら西単騎か、とも思い
ましたが東単騎に。

リーチは考えませんでした。
6400あるし、手変わりの方が
うれしいかなと思います。

大平、ツモられまくってジリ貧に。


南2局1本場西家 ドラ4供託2
screenshotshare_20170224_191343.png

Bを切りました。
カン8引きのピンフドラ1や、
トイツがアンコってのリーチなど
失うものは多く、七を引いてもドラは
切らない、供託も欲しい……。
といったところですが。

47をもう一度引いた大物手を逃したく
ないと思いました。
この後、リーチ棒を出しては500/1000
をツモられる現象が続き、ジリ貧に拍車。


南4局東家 ドラ北
screenshotshare_20170224_191830.png

六を切ってリーチするところです。

この前巡、カン五をチーしてリャンメン
リャンメンのイーシャンテンに取れる
ところをスルーしたのです。
どうみても1500の1500などいらぬわ!
と思ったのですが。

どうしても加点したい親番で8巡目に
愚形解消のイーシャンテンは、
渋々取ってもいいかも。

スルーしたらCをツモって、リャン
カンリャンメンのイーシャンテンに。
そこに仲田プロ→大崎プロと同巡リーチ。
ンガガ。

大平もなぜか同巡に追い付き、画像の形。
運よく3着浮上しました。



【18回戦】

東3局2本場東家 ドラC供託1
screenshotshare_20170224_192507.png

あわよくばホンイツと思っていましたが
宮内プロからリーチ。
二と三の切り順を速そうな宮内さんの
現物に合わせておいて助かりました。


南3局東家 ドラ六
screenshotshare_20170224_193314.png

オリてばかりいたらまたもジリ貧に。
なんとか3着浮上して、親番。

親で、リーチと言いたい。
3枚見え47待ちのピンフのみ。
リーチすれば宮内プロ和泉プロは引いて
染め手の仲田プロは結構押してきそう。

結局リーチしました。
仲田プロに押し返され8000放銃で再び
ラス目に。


南4局北家 ドラD
screenshotshare_20170224_193655.png

ドラアンコのチャンス到来。
素直にEを切ればいいのですが、
この時は1が3枚切れで4も持たれて
いるかと思い込み、23を外しました。

カン三でリーチ、一人テンパイで終局。



最終節は3→4でまたもポイントを
減らしてしまいました。

先日のSリーグで多井さんに、
苦しい手や展開でもできることが
あるだろ!と言われたのを思い出し
ながら打っていましたが。

結局、何も出来ていなかったな……。
決勝争いは大混戦に(@_@)!

IMG_20170222_235121.jpg

あと2戦!
絶対決勝に残って、優勝狙いたいです。
がんばります!!!!



あと。
明日は四神降臨2017女流王座決定戦
こちらも返り咲けるように、
必死に打ちますι(`ロ´)ノ


posted by ズム at 20:34| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

駄文散文、いい気分

先日、Sリーグ決勝の放送がありました。



どうも、ズムです。



Sリーグというのは、リーグ戦形式の
勉強会です。
最高位戦ルールでリーグ戦を行い、
写真を撮って、半荘終了後に各局を検証。
とても勉強になります。

が、私の場合は口数が少ないので、
自分はよくても会にとって有益になって
いないのがまずい点です。
家に帰ってから考えがまとまります。
このままではクビになるので、考え方を
変えようと努力をしています。


自分を擁護するわけではないですが、
私の好きな言葉に、

理解するとは、注意深く直面し抵抗すること

というものがありまして。
疑う余地がなくなるまで抵抗しないと
受け入れられない癖があります……。
疑り深いわけではないですよ。

でも、当たり前のことが実は当たり前
じゃないことって、よくあるんです。
当たり前は、突然手のひらを返したり
するしね。
そういう波にうまく乗れません。

10年くらいしか麻雀をやっていませんが
実際にその間に、麻雀の当たり前も
何度も変わるのを見た気がします。



とはいえ。
来期もSリーグで勉強することに
なったので、自分だけ学んでいても
迷惑なので意見を言う練習をしよう。

私にとっては自分の考えを伝える
練習でもあります……。



今期の優勝は友添さんでした!!!

1487349761688.jpg

友添さんは、私より半期前に
最高位戦に入っているのですが、
この貫禄よ。


決勝の放送を、やっと見終わった
ところです。
よく考えるのはこれからです。
時間のかかる人間なんです。


毎日、麻雀の放送がある時代になる
なんて夢にも思いませんでしたが、
おかげで麻雀以外のものを見聞きする
時間は、ほとんどなくなりました。

可能なら、麻雀以外にも美しいものや
素晴らしいものを見聞きする時間を
とる方がいいと思います本当は。

なぜかというと、インスピレーション
というのは日々の鍛練で高めるもの
だからです。

要約しすぎて不思議になりましたが、
これは本当のことですよ。



あとは、麻雀以外にやるべきことは
体力作りですな。
これも本当のことです。
身体が痛いともともとない集中力が
下がる一方なのです。


4月に麻雀プロの運動会があるので、
結構楽しみにしています。


posted by ズム at 04:06| Comment(0) | 麻雀以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

日本シリーズ第3節A

女流プロ麻雀日本シリーズ第3節
14回戦についてです。



どうも、ズムです。
負けたから書き渋っていたわけでは
ありません(笑)
忙しかったのです……。


東3局東家 ドラH
screenshotshare_20170214_224449.png

高宮プロのリーチ一発目に
Dを切って追いかけた局。

リーチがなければBEのつもり
でした。
この日、親では強くいこうと
思っていたので、一発目に現物を
切れて使いにくい9待ちならいいかと
思ってシャンポンにしました。
正直、良いのかどうかわかりません。


東3局1本場東家 ドラH
screenshotshare_20170214_225432.png

続く1本場は配牌イーシャンテンでしたが
Fも早々と1枚切れて苦しい形。
安全牌をそろそろ持ちたい頃に脇から
リーチ。
4巡目の南を持てるか、微妙。

第1打をBと迷ったのですが、チートイ
にはあまりならなそうなので、マンズの
伸びも残してBの方がよかったやも。
柔軟だし、安牌も持ちやすくなります。

screenshotshare_20170214_225724.png

そして手詰まりつつイーシャンテン。
一応イーシャンテンのF切りはドラが
Hなのでやめました。
七も切りづらいんですけどね。


東4局2本場北家 ドラ五供託1
screenshotshare_20170214_230122.png

ここから四をチーしたはいいのですが
二を切ったつもりが北を切りまして。
こういうウッカリは本当に良くないです。

この後、大崎プロからリーチ。
白バックドラドラのテンパイから、
ノーチャンスの8を切って放銃でしたが
これは特に後悔はないです。


南1局西家 ドラF
screenshotshare_20170217_020654.png

国士に向かう途中で方向転換。
親の高宮プロからのリーチの同巡に
メンホンチートイテンパイが入りました。

リーチの高宮プロはもちろん、大崎プロが
ション牌の南も切ってきていたので、
ちょっとアガれそうかなと思っていました。

が。
危険牌を引いた瞬間撤退でよかったです。
親のリーチに勝負する必要はありません
でした。
迷った末、1枚だけ、と押した五で放銃。
手に溺れて現状が見えてなかったですな。

ちなみにション牌の白を切って五単騎に
するのは見会わないので、やめるなら
テンパイを崩すつもりでした。


南2局南家 ドラ二
screenshotshare_20170217_021830.png

親の大崎プロのリーチ。
ベタオリしてますが安全牌がなくなり
ました。
カン4を払ったリーチなので好形に
目が行き、スジの@かAで迷っていた
のです。Aは1枚切れ。

役牌は残っているので、シャンポンで
より待ちやすそうな@はやめて、A、
と思いましたが、2がよかったと思い
ます。



その後は手にならず、結局またラス!



解説に近藤最高位が来ていたので、
いいところを見せたかったのですが。

(>_<)

情けなし!!



と、散々な成績でプレーオフも怪しく
なってきましたが、まだ微差で首位!
必ず決勝に残ります!!!


posted by ズム at 03:06| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

日本シリーズ第3節

先日、女流プロ麻雀日本シリーズの
第3節がありました。
12回戦と14回戦で打ちました。
(この日の2回戦目と4回戦目です)



どうも、ズムです。



今回はなんとヽ(・∀・)ノ
ゲスト解説に近藤誠一最高位戦!!
誠一さんにいいとこ見せたいですね!

それはさておき、2節終了時点で私は
2位と100ポイントほど差のある
トータル首位だったのです。
あまり無理せず戦って、ポイントを
伸ばしたいと考えていました。


【12回戦】

東1局北家 ドラ四
screenshotshare_20170214_103417.png

前巡、安全牌の北を切り、5と六の
くっつきのイーシャンテンにした
ところに、もう一枚の5。

1巡、5を浮かせた形にしたものの、
今度はマンズのくっつきに絞って
5を頭固定の1切り。
3面張はリーチのつもりでした。

5のまわりがとてもよさそうなら、
5をツモ切っていたと思います。
この後、安全牌を持ちました。


東4局東家 ドラ七
screenshotshare_20170214_104355.png

四、六と切れば三色のイーシャンテン
なのですが、安全策でソーズを切った
場面。
いいのか悪いのかわかりませんが、
うまくいった時だけアガリもあります。

ドラ七なので四を切るのも考えました。
マンズが高く、こうするとアガリは
実際厳しくなりそう。
あと、下家の亜樹さんは第1打が
役牌ですが、マンズに寄せていても
おかしくないかなと思っていました。


南2局西家 ドラ南
screenshotshare_20170214_112543.png

親リーチがきそうなので發バックで
発進したところです。

ドラの南(親の和久津プロがすでに
1枚切っている)もツモ切りましたが、
この時は誰もテンパってないだろうと
思っているのと、最悪、子に鳴かれ
てもいい、と思っているくらい、
局流しを急いでいましたね……。

なんとかテンパイはできました。


南2局1本場西家 ドラE
screenshotshare_20170214_113712.png

カンF役なしテンパイから、ドラと
中のシャンポンに変わって、リーチ。

したものの、仲田プロがピンズの
ホンイツで2フーロ。
ドラでの出アガリは元々期待できない
上に抑止力もあまりないので、リーチ
はしたものの、かなり窮地だと思って
いました。

結果は亜樹プロに追い掛けられ、
一発で8000の放銃。

ダマならアガれていたかも、と、
解説でもありましたが、
ダマも考えました。
その場合の、その後の身の振り方が
難しくなりそうなので逃げただけの
リーチのような感じも、しました。


南3局南家 ドラH
screenshotshare_20170214_223616.png

和久津プロからリーチを受けて、
ノーチャンス8を前巡切りました。

この8が全員の現物で、他には
安全牌なし。
後の安全牌にと、今通ったCの
スジで@を先に通そうとして、
シャンポンに放銃。

B切りリーチだからね〜。

この後、安牌が増えなければ
切っていた@かもしれないですが、
目の前の安全を確保していたら
安牌が増えていたかもしれません。

後の安全を考える手は、前節は
うまくいったので結果だけ見て
反省するのも良くないでしょうけど。



12回戦は結局ラス!
ラスさえ引かなければ安泰に近い
状況なのに、無理せず戦うつもりが
少しずつ無理をしていたようです。



長くなったので14回戦については
次回に書きます!!


posted by ズム at 00:36| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

ズムリーグ第1節

第3期ズムリーグ開幕しました!



どうも、ズムです!



今期の詳細はこちらの記事
ご覧ください。

DSC_1219.JPG

今期の初アガリは門前カラス(@_@)
別卓では初アガリが白アンコでした。
波乱の幕開け……。

DSC_1221.JPG

チューレンも出ましたよ。
Twitterでダマかリーチかオープンか
話題になっていた手です。


成績はこちら!

IMG_20170213_000914.jpg

始まったばかりなので、なんともですが、
+318のトップを取ったヨーテルさんは
まずは最高得点賞候補ですね( ・∇・)



今回は【初心者のための説明会+練習会】
を事前に開催しました。
最初は慣れが必要な部分もあるので
やってよかったなと思います。
次回の開催は未定なのですが、希望が
複数あればまたやりたいところです。



---------------------------------
【次回のズムリーグ】

第2節:3/17(金)
18:30受付開始、19:00startです。
場所は大塚スリアロスタジオ。

平日夜の部です。4回戦行います。
---------------------------------


ズムリーグ公式line@やTwitterで
参加を受け付けています。


line@がとても便利です。
馴染みのない方もいるかもしれませんが、
lineの「グループ」に似ているけど、

ズムリーグ公式→登録者みんなへの連絡
ズムリーグ公式→各登録者への連絡
各登録者→ズムリーグ公式への連絡

ができるもので、登録者同士のやりとりや
IDの公開はできません。
公式からの通知は、開催告知と成績表など、
月に2、3回なので、そんなにわずらわしく
ないと思います。
後は個別にきた質問や参加の連絡に応えて
おります。

IMG_20160725_092239.jpg

現在、登録しているのは40人ほどです。
興味がなくなればブロックできますので、
ズムリーグに参加してみようかなという
方は、ぜひ登録してみてくださいませ。


posted by ズム at 01:30| Comment(0) | ズムリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

DVDが出ました

第16期女流最高位決定戦の
DVDが発売開始になりました。



どうも、ズムです。



それに伴い1日目1〜4回戦の観戦記
高倉プロが書いてくれました。
ぜひ御一読くださいませ。

1e007e220c2b271c4922933a3d934915-1.jpg

ところで、多くの人は、競技ルールで
打つのが競技麻雀だと思っていると
思うのですが……。
私個人の意見としては、作法やシステム
込みで競技規定だと思っているので、
例えば最高位戦ルールで、特に勝利条件も
決めず適当に何回か打ってみましょう、
というのは競技麻雀ではないんです。
それは「最高位戦ルールでやる麻雀」です。

逆にたった1半荘でも、
「この半荘トップだった人が勝ちね」
と決めて、決められたルールと作法で
行うなら、競技麻雀だと思うんです。

我々が普段、競技麻雀の練習をするときは、
このように最初に勝利条件の設定します。



ところで私は、ルール、マナー、システム
と、同じ競技規定なのに別物のように
言われている現状について意見がありまして。

これはプロ試験を受ける前から考えていたこと
なのですが、訳あって自分が女流最高位じゃなく
なってから書こうと思っていました。
でもなかなか女流最高位じゃなくならないので
今書きます(笑)



最高位戦の競技規定には(上記の分類を
するとしたら)ルールとマナーについて
の取り決めが書いてあるんですよ。
競技規定をわざわざルールとマナーに
読み分ける意味は、巷の通例だからという
だけなのではないかなと予想してます。


こうして、崇高なる競技規定を、内容に
よって別物のように扱うことのデメリット
があって、
「ルールは遵守しなくてはならないけど、
マナーは可能な限り守るればいいかな」
そんな雰囲気が生まれると思うんですよ。


なんでそう言い切れるのか、と思うかも
しれませんが、巷の麻雀店に入れば
一目瞭然なわけです。

私はなんなら、巷の雀荘でも、@ルール、
Aマナー、と書き分けている内容を、
全部ルールとしてその店で遊ぶ際の決まり
とすればいいんじゃないかと思います。

守ってほしいと思っているならですが。
(個人的にはフリー店で他人がどう打とうが
あまり気になりません)


で、システムについては競技規定には
書いていないのですが、これは重要では
ないから書いていないわけでは当然なくて、
種目によって違うから、共通項の部分しか
競技規定に載っていない、ということです。

このシステムというのも、競技規定とは
別物のように扱うことで、敗けの言い訳に
する人が現れたり、他人の勝利にケチをつける
材料にしようとする人が現れたりするのです……。
嘆かわしいことです。



要するに。
女流最高位決定戦は8回戦しか打たないので
お前はたまたま運よく勝っただけだと、
何度も言われてきたんですが、(実は確かに
運よく勝ったのですが……)そう思う人は、
ただ競技麻雀を理解していないだけなのです。


(↑訳あって云々、と書いたのは、手前味噌の
材料にしているように見えると思ったからですが
ことの意味はまったく違います)



競技麻雀は、マイナー競技です。
麻雀をたしなむ人の多くは、仲間内での
セット麻雀か、フリー麻雀、ネット麻雀
を打つ人が多いと思います。
これが、日々の普通の麻雀です。


これらの麻雀と競技麻雀の一番の違いは
赤牌や裏ドラの有無ではありません。


競技麻雀は打つ回数が決まっているのです。


限られた半荘の中で、優勝か敗退か。
昇級か残留か、はたまた降級か。
を決めているのです。


日々の麻雀はエンドレスで打つことが
できるので、アベレージの高さが強さの
指標になります。

なので、競技麻雀を見て、
「5回10回打っただけじゃ、強さなんて
わからないだろう」
と思うのです。
この基準で考えると、100回打っても
一番を決めるには十分な数ではないと
私は思います。


先日、多井さんがこんなツイートを
していました。

screenshotshare_20170202_180650.png

ひとつ言いたいのは、多井さんのように
競技麻雀で多くの勝利をしている強い人は、
アベレージも高いということです。
金太郎飴のように強くないと、ココイチの
舞台で何度も一番にはなれません。

そしてココイチの舞台でも1度も手が入らず
惨敗することもある覚悟がないと、到底
やってられないはずだとも思うのです。



一般の人が訝しく思うのは仕方ないことです。
もう一度言いますが。
競技麻雀はマイナー競技なんです。
つまり、選手が価値を高めようと努力しないと
その価値は誰にも伝わらないということです。


ですので。
私は選手なので、競技麻雀やタイトル戦を
大事にし、価値を高めようと努力しないと
いけないと思っています。

そのひとつが麻雀を研磨することであり、
そのひとつが品行方正に振る舞う努力であり、
そのひとつが他の選手の勝利を讃えること
だと思っています。



人の勝利を讃えるというのは、選手に
とってみたら酷なことなんです。
「俺が負けて、あいつが勝った!」
そんな悔しい気持ちは年中溢れ返ってます。

競技麻雀は、なかなか勝てないけど、
毎回誰かは勝つからです。


選手だけでなく、ファンにとっても同じです。
特に女流選手には個別のファンがいたりします。
応援している選手が負けたら、勝った選手が
憎らしいのは当然のことです。


【羨望】という気持ちを、
「他人の幸福が我慢できない怒り」と
定義した昔の文化人がいるのですが、
まさにその通りだと思います。


ただ、選手ならばそんな利己的な感情を
持っている場合ではないのです。
負けた試合、負けた相手、負けたルール。
これらにも敬意を払うべきだからです。



私は、勝ったことも確かにありますが
負けることの方が圧倒的に多いのです。
負けは本当に悔しいです。
本当に悔しいのです。

が。
人に対する羨望は不思議と沸いてきません。
自分の強さに自信がないからかもしれませんが、
自分が麻雀で負けたのですから。
そしてその麻雀はとても大事なものだからです。



ただし、やっぱり落ち込みはします(>_<)
弱き心ですね。



心は、強く、豊かに!!!


posted by ズム at 02:49| Comment(4) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

ムカシズム「ねこ」

「ムカシズム」カテゴリの記事は
約一年ぶりの更新。
これは昨年末に実家に帰ったときに、
母から聞いた話。

大平家では、猫を飼ったことは
なかったのだが、奇妙に我が家と
縁のあった猫がいたらしい。
私はまったく知らなかったが……。



------------------------------
1992年頃?


8歳年の離れた弟がいる。
彼が3、4歳の頃の話。

隣の家にはその弟よりひとつ年上の
男の子、キョウちゃんがいた。
キョウちゃんはある日、どこからか
野良の子猫をみつけてきていた。
黒白の猫だ。

screenshotshare_20170131_005502.png
おそらくこのタイプの猫。


家で飼いたいが、家族に反対され、
友達である弟とふたり、子供だけで
猫を育てる計画を立てていた。


が、所詮は子供の企み。
今度はうちの母にみつかった。
こうして子猫は、大平家でちゃんと
飼おう、という話になったようだ。


とはいえ、我が家では猫を飼った
ことはなく、猫グッズもない。
家でひとり(1匹)留守番をさせる
わけにもいかないだろうと、
母は猫を車に乗せ、買い物に出た。

が、慣れない車移動のためか、
途中で猫は車から降りたがった。
世話をするため車をとめ、ドアを
開けたら、子猫は外へ逃げていって
しまったのだった。

猫はどこにも見当たらない。
元々野良猫なのだ。仕方ない、と
母はしょんぼり家に帰った。


  screenshotshare_20170131_005502.png


数日後。
母はひとりで家にいた。
すると、窓の外からあの子猫が
こっちを見ている。


猫が帰ってきた!


母は庭に出てみたが、猫はニャーと
どこかに走り去ってしまった。

車から猫が降りたのは家から歩いて
20分ほどの距離がある。
車中で道を覚えるられるのだろうか。
謎は残った。


  screenshotshare_20170131_005502.png


それから5年あまり。
庭にたびたび、黒と白の野良猫が現れ
「ふん」を残すようになったと、母は
困っていた。
近寄ると、猫は逃げていく。
ついにペットボトルを配置した。


母はあの猫のことを忘れていた。


しかしふと、思い出した。
そういえばあの黒白の毛並みは……。
気付いた頃には、猫はペットボトルに
恐れをなし、庭に現れなくなっていた。


  screenshotshare_20170131_005502.png


明くる年の秋、台風が迫っていた。

古い記憶だが、鹿児島の台風は
東京とは比べ物にならなかった。
家の戸締まりをしていた母。
わずかに開いている屋根裏の扉も
きれいに塞ぎ、大平家は台風に
備えていた。


台風が通りすぎ……。


静かになった家のどこからともなく
猫の声が聞こえてきていた。
ニャーニャーニャー。
だが、どこを探しても猫はいない。


天井から聞こえてくるのだ。


もしやと思った母は、屋根裏の
扉を開けた。
よくみると、猫が入った形跡が
ある。が、姿は見えない。

屋根裏と言っても、部屋ではない。
天井は低く、細い空間をぐるりと
まわると、階段の物置に繋がって
いる。
狭く広い空間……子供達にとっては
格好の遊び場だったが、大人の母が
入れるものでもない。
仕方がないので扉を少し開け、猫が
逃げ出せるようにしておいた。


おそらく、庭を追い出された猫は、
たびたびこの屋根裏を利用していた
のである。
天井から猫の声が聞こえなくなった。


  screenshotshare_20170131_005502.png


さらに5年ほどの月日が流れた。
母が買い物に行こうと駐車場に出ると、
そこには黒白の猫が待っていた。
毛は所々抜け、年老いた猫だ。


あの猫である。


猫は母の足元にすりより、ゴロゴロ
と甘え始めた。
今までになかったことである。

そこに一緒にいた弟(冒頭の弟)は、
猫が大好き。
お母さんばかり、いいな!
と、自分も猫を撫でようとするも、
見向きもしない。


猫は母だけになついていた。
ニャーニャーニャー。


あの猫が、お別れをしにきたんだ。
母はそう思ったという。



その日以来、大平家に猫が現れる
ことはなかった。


------------------------------

以上、不思議に何度も再会し、
不思議に何度もすれ違ってきた
猫と母の話。


posted by ズム at 02:05| Comment(3) | ムカシズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

2月のズム

2月の予定です。
対局が結構多いです。


どうも、ズムです。



青色の日は対局予定、
緑色は対局以外の参加・出演予定、
ピンクの日は雀荘ゲストです。


1日(水)
The All Star league・第3節 11:00〜
ニコ生はコチラ

4日(土)
新宿・クアトロ 16:00〜22:00
6日(月)
町田・555 14:00〜22:00
7日(火)
池袋・まっすー 11:00〜23:00
8日(水)
The All Star league・第4節 11:00〜
ニコ生はコチラ

9日(木)
松戸・さかえ 14:00〜22:00
10日(金)
女流プロ麻雀日本シリーズ第3節 16:00〜
ニコ生はコチラ

11日(土)
松戸・さかえ 14:00〜22:00
12日(日)
第3期ズムリーグ第1節 15:00
会場:池袋【まっすー】
受付開始:14:30
「初心者のための練習会」は13:00〜。
どちらもまだまだ募集中!!
詳しくはコチラも見てねヽ(・∀・)ノ

13日(月)
町田・555 14:00〜22:00
14日(火)
池袋・まっすー 11:00〜22:00
15日(水)
The All Star League・第5節 11:00〜
17日(金)
Sリーグ・決勝 11:00〜
勉強会の私設リーグです。
決勝を生放送します。
敗退したのでスタッフです……。

19日(日)
女流名人戦 ・三次本戦 11:00〜
20日(月)
町田・555 14:00〜22:00
22日(水)
女流プロ麻雀日本シリーズ第4節 16:00〜
23日(木)
夕刊フジ杯・第6節
25日(土)
四神降臨2017女流王座決定戦
去年負けたのがとても悔しいので、
今年は勝ちますι(`ロ´)ノ

26日(日)
松戸・さかえ 12:00〜20:00
27日(月)
町田・555 14:00〜22:00
28日(火)
池袋・まっすー 11:00〜22:00



ズムリーグ新シーズンが始まり……。
今年も四神の季節……。

名人戦、オールスター、夕刊フジ、
日本シリーズ……。

どれも勝てるなんてないのですが、
どれも勝たなければいけないつもりで
打っています。
あらゆるものを、しっかり整えること。


がんばろう!!!


posted by ズム at 13:24| Comment(0) | 予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

第3期ズムリーグ!!

第3期ズムリーグの詳細が決定しました!!



どうも、ズムです。



システムに少々の改善を加えました。
今期もお正月、2018年1/2に決勝を生放送します。

気軽に楽しく参加して、正月は放送でおおいに
盛り上がりましょう(・▽・)!!!

icon.jpg


【ズムリーグとは】
マイティーサンマ……白が常にオールマイティーの
三人麻雀(東天紅)ルール。
プロアマ問わずのリーグ戦、初心者も参加できます。

予戦は月1回の全10節。
奇数の節(土日の15:00〜)は全6回戦。
偶数の節は(平日の夜19:00〜)は4回戦。
何節参加してもOKです。
節中でも途中参加、途中退室もアリ。
仕事の都合で今節は2回戦目から参加!とかができます。
計12回戦以上の参加で準決勝進出の権利を得ます。

システム.png


【新システム「最高得点賞」】
1回戦単位のポイントがシーズン最高の選手は、
準決勝進出(規定打数12回戦はいっしょ)。
後からズムリーグを知った方でも楽しめるように、
第2期の「最多回戦勝」を廃止して新たに設けました。


【日程と参加費】
第1節:2/12(日)
第2節:3/17(金)
第3節:4/15(土)
第4節:5/18(木)
第5節:6/17(土)
第6節:7/6(木)
第7節:8/6(日)
第8節:9/21(木)
第9節:10/9(月・祝)
第10節:11/16(木)
準決勝・決勝:2018年1/2(火)

参加費:会場費1000円+1回戦につき500円。
15回戦以上参加で、以降の会場費は無料。
準決勝・決勝は参加費ナシ。

土日の節に全部打てば4000円、平日の部なら3000円
ということです。


---------------------------------------------------

第1節2/12(日)15:00〜、参加者大募集!!
14:30受付開始、15:00開始。
この日は13:00から「初心者向け説明会&練習会」
も行います(無料)。
会場:池袋「まっすー」
気になる方はブログやTwitterまでご連絡下さい。

---------------------------------------------------


【第3期ズムリーグのルールはこれだ!】
1.png

2.png

3.png

4.png

5.png

マイナーチェンジあり。
詳しくは2/12の開幕戦でも説明しますが、
質問はいつでもwelcomeですよ。


posted by ズム at 19:23| Comment(0) | ズムリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

日本シリーズ第2節A

第2節についての続きです。
10回戦の気になる局。



どうも、ズムです。



なんと、開始直前に水をこぼして
しまうというポカを犯す……。


【10回戦】
東2局南家 ドラ西
screenshotshare_20170127_033240.png

ドラドラのイーシャンテンですが、
亜樹プロからリーチが入っています。

5巡目ドラ切りリーチ。
リャンメンだけど安いことに期待して
がんばっていますが、1-4が薄くなり
つつあります。12巡目。
無スジのHをツモ。

まだ押すことに決め、四を切りました。
西2枚切れでシャンポン受けは不要、
一四とEHの比較だけです。
これはさっぱりわかりません。

二は2枚切れかつ、リーチ前の唯一の
数牌ですが、ドラ西が浮いてるので
先にリャンメン固定するのは普通。
そして、現物なのに誰も合わせてない。
でも、他に何も切ってなさ過ぎるので、
全然関係ない孤立牌のことも多い。
ピンズ上はGを亜樹さんがツモ切った
だけで、まったく切れていません。

ただ、四を切ったら今すぐテンパイした
時だけH勝負して、Hにくっついたら
形テンで頑張りやすい。
逆に形テンのためにHは切らなそうです。
どちらか通すなら都合のいい方に……、
といった理由です。

しかし、Hで放銃してなんぼのものか、
四はタンヤオがつくかもしれません。
そもそも、アガリ目はあるのか。

結果を見て視聴者は称賛してくれましたが
微妙な局だったように思います……。


東3局3本場東家 ドラ七 供託1
screenshotshare_20170127_035540.png

和久津プロから今にもリーチが来そう
だと思っていましたが、Eは通せそう
なのでブクブクにしました。
こういう予想が正解すると、モヤモヤが
薄れていきますね。


東4局1本場北家 ドラ北 供託1
screenshotshare_20170127_124849.png

宮内プロが終盤に九をポン。
私はラスト役牌の發が見えているし、
形テンの可能性も高いですが、他家は
そう思わないかもしれません。
4-7は薄いので、宮内プロの6に合わせて
現物の@狙いの方がいいかと思いました。

結果的にアガリ逃してますが、6手出しに
私が5を打ったら亜樹さんが4を切ったか
わかりません。


南1局西家 ドラ1
screenshotshare_20170127_125457.png

宮内プロの3巡目リーチ。
一応ピンフドラ1のイーシャンテンで
着落ちの心配はなく、子のリーチ。
しばらく頑張りたいです。

8を残してE→Cと打っていますが、
できれば親の亜樹さんからリーチが
来る前に危ない方から打ちたいのです。
待ちは何でもありそうなので、全く
わかりません。

画像の巡。
亜樹さんの現物南を残してスジの8
を切るか実際迷いました。
が、この頃まで、亜樹さんがリーチに
強い牌を切ってきていなかったので
一旦保留に……。

7をツモったら5切りリーチしようと
思っていました。
8が止まってまたみんなビックリですが
たまたまです。
でもこっちの方が理由がスッキリします。

まだあまり意識しなくていいかもですが
宮内プロ2着でトータル2位以下が混戦に
なる方が、自分が決勝にいく可能性が
少し上がるかなとも思います。


南2局南家 ドラ9
screenshotshare_20170127_130020.png

ダマ押しして、高目三色になったら
リーチと思っていました。
南はション牌なので「やべー」とは
思っています……。


南3局東家 ドラ四
screenshotshare_20170127_130911.png

場に高い萬子の七八を切りたいけど。
さっき宮内プロに満貫を放銃し、親もある。
2着がいいとか言いましたが、ドラ色の
ホンイツだけは御免こうむりたいです(>_<)
自分のトップも危うくなりかねません。

2度受けだし、と、6を切りましたが、
アガリ目は大分なくなったと思いました。



と。
10回戦が一番気になる局が多かったです。
トータルポイントはこうなりました。

IMG_20170125_222552.jpg

断トツヽ(・∀・)ノ
になるような器ではないので驚きです。
ともかく決勝が狙える感じになりました。

あと予戦2節4回戦、プレーオフ2回戦。
決勝目指して頑張ります。


posted by ズム at 17:51| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする