2015年06月24日

おやじギャグとは

大平亜季の勝手にシンクタンク。
今日のテーマは4大成人病のひとつ、
【おやじギャグ】です。


おやじがギャグを言う。
→【おやじギャグ】として痛烈に批判される。
おやじ以外がつまらんギャグを言う。
→【おやじギャグ】として痛烈に批判される。

この文化。
私はおやじが可哀想でならなかった。

ところがどうやら、おやじギャグの定義は
「つまらないギャグ」ではないようだ。
おやじギャグの真実に迫りたい。


ギャグは麻雀に似ている。

同じことを考えて同じ言葉(牌)選択をしても
普段からサムい印象を与えている人の言葉は
しらけて聞こえ、強い印象を与えている人の
打牌は趣深く見えるからだ。

また。
同じ言葉がしらけるかしらけないかの境界は、
場況次第でもある。
場違いなシーンでドヤ顔で放たれるギャグの
破壊力には、底知れぬものがある。
低俗な豆知識を「飲みの席で役立つ小話」と
考えている人は予備軍である。

考えれば考えるほど、これをやってしまうのは、
おやじが多いように見えてしまう。
それにしてもやはり不憫である。


おやじギャグとは、ネーミングがよくない。
そもそも、悪口に特定の集団を意味する言葉が
含まれるのは、差別問題に繋がるのである。
これをやってしまうと単なる憎まれ口になり、
問題解決に繋がらない。
そもそも、おやじの定義自体が曖昧である。

実際、私はここにおやじが不憫だと書いているが、
これはおやじという集団への差別に対する感情で
あって、おやじギャグと命名されてしまった病の
深刻さへの思いは、別問題である。

別問題ではあるが、この命名によって飛び火を
被ってしまった彼らへの配慮が世に蔓延し、
おやじギャグとよばれるものの悪性がぼやけて
いるのが現状ではないだろうか。
これはおやじギャグを駆逐しようと批判を始めた
命名者にとっても、予期せぬ障害ではなかろうか。

実際、「だっておやじだも〜〜ん」と、検診を
受けるのを放棄し、普段からサムいと思われない
ための鍛練を怠っている人は、多いはずである。


成人病は生活習慣病という言葉に置き換わった。
おやじギャグにも新たな命名を期待したい。


posted by ズム at 12:49| Comment(0) | 勝手にシンクタンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

通勤時の待ち取り4

ズムです。


こりずに電車での座席獲得術に迫ります。


これまで3回に渡り、電車に乗る際のホーム、
また車内でどう動くべきかについて考えて
きました。

我々は電車に乗る前から、電車に乗る未来を
想定して行動できるのではないでしょうか。
今回は序盤の手組み、座るための暮らし方に
ついて考えてみましょう。


座席獲得のためのライフスタイル

古典的な手法があります。
「時間差通勤」です。

他家が使いづらい牌で待つことによって和了の
確率はグンと上昇。
早く軽く、和了を続けるスタイルは他の追随を
決して許さない
でしょう。

ただこのスタイルには、早起きというリスクが
あり、打点力に欠けるのが、難なのです。
このリスクを補うために、新聞や本を読んだり
して時間を有効に使うなど、手役を絡めないと
大きな勝利には結びつかない
でしょう。

都市部のオフィス街などでは、裏ドラとして
「朝活」なども開催されているようです。

41.jpg


「打点=快適かどうか」

電車での手役というのは、個々によって打点が
異なります。
つまり本来の通勤に掛かる時間以上の早起きと、
その時間の活用に充足感を得られない人々には、
速攻は不向き
なのです。

そこで。
私が推奨したい座席のためのライフスタイルは、
場に安い色を見極めた序盤の手組み、そして
有利に対局に挑むための戦術
です。


場に安い色は存在する

住まいと勤務地の最寄駅と、出勤すべき時間。
もっとも空いている交通機関を考えたことは
あるでしょうか。
人はなんとなくJRに乗ったりしがちです。
私鉄や都バスなど、和了への道筋は決して
ひとつではない
はずなのです。


座るためのマイホーム選択。

これは座席獲得のための、究極の生き方です。
場に安い路線の沿線に住む、さらには場に安い
職場を選択する――。

吉祥寺に住みたいだの恵比寿に住みたいだの、
ちゃんちゃらおかしい話なのです。
中央線と山手線は、場に高いからです。

しかし、場に高い路線にも始発駅というドラ
が存在します。
例えば丸の内線の“盲腸”の先端、方南町。
座席獲得のために暮らすならば、絶好の待ち、
もとい、町だと言えます。

42.jpg


長らくお付き合い頂いた「通勤時の待ち取り」
も最終回となりました。
読者の皆様が今後ともスポーツマンシップに
則り、存分に座席に座って頂ける事を、心より
お祈りしております。

次回連載は「恋する女子の一向聴戻し」です。


バックナンバー:
通勤時の待ち取り
通勤時の待ち取り2
通勤時の待ち取り3


posted by ズム at 17:11| Comment(0) | 勝手にシンクタンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

通勤時の待ち取り3

どうも、ズムです。

さて。
通勤時の待ち取り第3回は「読み」についてですが、その前に。
前回「テンパイ取らず」を推奨した例を覚えているでしょうか。

この図です。

6.jpg

これを見てすぐに違和感を感じた方は、さすがです。
なぜ聴牌しても有利にならない受け入れを残すのか。
どうせ待つなら1歩となり、大柄な人の前です。
例えば単純に、体格で言うなら女性の前で待つより男性の前で待つほうが多くの場合待ちは広いのです。
(形重視でもっと言うと、1.5歩となりの大柄な人と中背の人の中間が望ましいですが)

ですが、これは目に見えている枚数の話。


座席獲得術の【読み】には大きく分けて
@打点読み:快適かどうか
A速度読み:早く座れるかどうか

の2種類があります。

@について麻雀との違いは、見えている打点(手役)と実際に快適かは必ずしも一致しないことです。
このため【裏ドラ読み】とも言われています。

例えば上記の例。
1.5歩となりの大柄な人と中背の人の中間で待つのがベストです。
・・・これは牌効率の話です。

大柄な人が非常に汗っかきだったと仮定します。
座席はしっとりと湿っていることでしょう。
・・・これが@の打点(裏ドラ)読みです。

しかし大柄ゆえに占有面積は広く、彼(彼女)がオリれば広大な土地が広がります。
・・・これは手役を追うかどうかの話です。

今日は武道館でアイドルのコンサートがあり、彼(彼女)は応援グッズで身を固めています。
九段下でオリるでしょう(または九段下まではオリないでしょう)
・・・これがAの速度読みの話になります。

これらの情報を考慮して自分の状況に応じた合理的な判断をすることが必要ですね。


次は実際の読みのテクニックです。
これにも大きく分けてふたつ要素があります。
A.ライフスタイル読み
B.場況読み

です。

例えば上記の例なら、アイドルグッズで身を固めていることによる読みが「A」、今日武道館でコンサートがあるという情報による読みが「B」になります。
Aのライフスタイル読みで簡単なのは「ファッションによるライフスタイルと嗜好の考察」です。
時にはファッション誌を読んで腕を磨き、スーツの人なら社章にまで注目してみましょう。

Bの場況読みは、電車と人を取り巻く情報の分析です。
例えば新宿から山手線外回り(死語?)に乗る人が渋谷に向かっている可能性は相当低いです。
ならばどこへ行くか、Aとの組み合わせで考察します。
第1回で書いた乗り換え階段位置の把握も場況読みです。

時には「人の情報」を記憶することも有利になります。
多くの人が毎日同じ電車で通勤通学することを鑑みれば「必ずここでオリる人」をみつけられることも珍しくはないからです。


長くなりましたが次が最終回です。
次回は通勤時の待ち取り(座席獲得術)をよりマクロな視点から考えてみたいと思います。

バックナンバー:
通勤時の待ち取り
通勤時の待ち取り2


posted by ズム at 16:34| Comment(2) | 勝手にシンクタンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする