2016年08月24日

ドーナツの魔性

大平亜季の勝手にシンクタンク。
今日のテーマはドーナツです。



こんな記事があった。


コンビニがコーヒーで成功して、ドーナツで失敗したシンプルな理由


コンビニのコーヒーが流行り始めた頃
自分は会社員で周囲は皆、通勤や移動、
残業のお供にと、よく利用していた。

私はというと、

@抽出に時間がかかる
A余った時フタが閉まらず持ち帰れない

の理由から自販機のフタ付き缶コーヒー
を愛飲していた。
そして「アタリが出たらもう1本」を
年間5回当て、最高位戦に入るなら今だと
確信し、会社を去った。(誇張あり)


それはともかくドーナツの失敗については
想像していた未来が思ったより早く来たに
すぎない。
自分のライフスタイルを中心に考えるわけ
ではないが(コンビニコーヒー片手に自宅で
ホッと一息、なんてケースもあるだろう)、
仕事の合間に利用するには、胃がもたれて
手が汚れる食べ物など、全くコンビニエント
ではない。


すなわち、コンビニで買わない。


私は上記@Aの理由から、コンビニコーヒー
もあまりコンビニエントだと思っていなくて
紙カップのコーヒーを買うとしたら、いつも
スタバなどのカフェチェーンで買う。
コンビニではコンビニエントな買いものしか
しない。



個人的な考えだが、日本でドーナツと言えば
ギフト需要バンバンだと思っている。
お土産、御礼、差し入れ……
自分では買わないが贈るには外観も華やかで
シェアしやすいドーナツは、重宝されている。
そうなると、ギフトボックスに入れてくれる
専門店で買うに決まっている。


コンビニでドーナツが始まり、コーヒーと
ドーナツを手に人々が街を行き交うような
アメリカングラフィティな光景が見られる
ようになったら楽しげだなとも思っていたが
そうはならなかった。

悲しい。
しかしドーナツは甘すぎるし、油っこすぎた。
手も汚れる。



という話は上のネット記事とはズレまくりで、
そんなドーナツをみんなでこぞって売っても
小さなパイの争いである、という話だ。
私は先程からドーナツのパイの小ささを勝手に
主張しているにすぎない。

だがなぜパイの大きさは見誤られてしまうのか。
それにはドーナツのポップでキャッチーなあの
ルックスが災いしているとしか思えない。

お茶の席にドーナツがあるだけで、ほっこりと
幸せな絵になってしまう。
実際食べると甘すぎるし胃がもたれる。
自分では買わないが人に贈りたくなってしまう
のも頷ける。


本当の魔物は、市場規模などではなくドーナツ
のルックスなのではないだろうか。
あれは魔性のスイーツである。


これを見てほしい。

IMG_20150125_203010.JPG

かわいい動物さんとのコンボである。
さらに贈りつけ欲を掻き立てるキュートさ。
こうなると「いいね」量産機能をも搭載しつつ
我々の胃をもたれさせ、手を汚すのである。


ドーナツよ、どこへいく。


posted by ズム at 11:45| Comment(0) | 勝手にシンクタンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

Twitter考察

みなさんこんばんは。
勝手にシンクタンクのコーナーが
誰も待ってない中、帰ってきました。


どうも、ズムです。
今回のテーマはTwitter。


以前「りんりんのお悩み相談室」で
自分のTwitter観、Twitterとの付き合い方は
人それぞれで、共有はあまりなされていない、
ということを喋ったのをご覧いただいた方は
いるだろうか。


これの33:45からの質問にて。



私のこれまでのTwitter観はこうだ。

@個々が思い思いの言葉を空中に発信する。
 (これがツイ〜ト)
A興味がありそうな発信者をピックアップする。
 (これがフォロ〜)
Bピックアップしたものをたまに眺め、無作為
 抽出的に情報を得る。
 (タイムライン)
Cたまに会話もできる。
 (リプライ)

そこにはソ〜シャルもネットワ〜キングも、
あまり見当たらない。
個を宙に浮かべて楽しみ、別の個を眺めて
楽しむ。実に私向けのサービスだと思って
いたのである。

が、
実際は人と人とをつなぐ支えとなるのが
SNSなので、人との繋がりを重視する
使い方をするのも個人の自由であり、
好きに楽しめばいいのである。


困るのは押し付けだ。
たまにフォローして下さいと言われると、
あなたの家の壁紙を一部私に選ばせて下さい
と言われているようで、とても動揺した。
タイムラインは毎日眺めるからである。

せっかくランダムに眺めて楽しむための
タイムラインが自分とは関係ない情報で
溢れ返るのは悲しい上に、興味のある
ツイートが目に入る機会が減る。



そう思っていたが、しかし。



実は私はこれまで【twicca】というTwitter
クライアントを使用していた。

最近、大平亜季(ズム)のアカウントとは別に、
ズムリーグのアカウントを作り、こちらは
別のクライアントを使うことでアカウントの
切り替えの煩わしさや誤爆を防ぐことに。

そこで選んだ別クライアントこそが【公式】
なのである。


twiccaと公式。
ふたつのタイムラインの違いを御覧頂きたい。

【twicca】
screenshotshare_20160730_004742.png

【公式】
screenshotshare_20160730_012853.png

一番の違いは画像のプレビューである。
twiccaではURLを開かないと画像の閲覧が
できないのだが、タイムラインがスッキリ
する。見たい画像だけ見ればいいのである。
画像がないので面白い言葉に出会う確率が
高そう。全体的に殺風景。

こちらに慣れていたため、公式を開いても
一見華やかで楽しいが、内容まで追える
ツイートは限られてくる。
元々、すべてを熟読するものではないのだ。
しかも実際に目に入りやすいのは、やたら
多い「プロモーション」。
さすが、見せることのプロの仕事である。



と、こんなことを考えていたのだが、
その後、TwitterのSNSたる部分を、この
【公式】で垣間見ることになった。


私がフォローをした人が、私のアカウント
をフォローすると、

『フォローを返されました』

公式は、かく語るのである。
フォローを返すだと…?
なんだその必殺技のような名前は…?


秘技!!フォロー返しィイィ!!!


なんだかコミュニカティブな気分になる。


ソーシャルでネットワーキングである。


フォローを返してくれると。


うれしいヽ(・∀・)ノ


知らなかった。



でも、何万人もフォローしてると
やっぱり何も読めないよね。

人とのコミュニケーションの大切さを
再確認しつつも、やっぱり暇潰しに
言葉を楽しむ、という使い方が自分に
合っていそうな、Twitterの話でした。



そんなわけで、明日はもうすぐクアトロ
になる新宿スリーファイブに行きます。


posted by ズム at 02:12| Comment(0) | 勝手にシンクタンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

スナックとバー

大平亜季の勝手にシンクタンク。
第2回のテーマは酒の飲食店についてです。


スナックとバーの違いは、よくわからない。
が、
それぞれの頭に「チョコ」を付けることで
解決の糸口が見えてくる…。


すなわちこうだ。

チョコスナックと言えばチョコ味のスナック菓子
のことである。
そしてチョコバーはチョコスナックが「棒」と
呼ぶのに充分な縦横比をもった形状である状態だ。
チョコスナックもチョコバーも味は同じだが、
前者は小さくてつまんで食べる感じ。
チョコバーは端からかじる感じである。


つまり、スナックで酒を飲んでもバーで飲んでも
味は同じで、違うのは形状なのである。


バーは細長い。
細長い店内にカウンター席があるのが、バー。
バーテンがいて、あちらのお客様にドリンクを
振る舞ったりするのが、バーだ。

対して、スナックは小さい。
大きなスナックなんて逆に嫌である。
小さいママがいて、カラオケとかをやる。


大きなスナックは、パブだ。
チョコパブなんてものはないのでうろたえるが、
似たところでチョコパフというのが、やはりある。

ポン菓子をチョコで寄せ集めたやつだ。
食べた感じはだいたいスナックと同じ。
てか胃に入ればかなり同じ。
ただ、こちらの方がギッシリしている。

そう。
パブはギッシリしている。
大きくて席がたくさんあり、人が集まる
酒場という印象だ。
ならず者や屈強な戦士と意気投合して
冒険の旅に出掛けたりするのが、パブ。


という区別なのだが実際のところ違いは
なんですか(@_@)?


posted by ズム at 02:45| Comment(2) | 勝手にシンクタンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする