2018年05月10日

キメラリュクス

昔、渋谷にキメラリュクスっていう服や靴の
セレクトショップがあったんですよ。



どうも、ズムです。



今はないんですけどね。
ファッションとかはテイストで好みが分かれる
ところなんですが、私は何といってもこの店名が
かっこいいなと思っていたのです。
キメラでリュクスだからね(・〜・)b


看板にはchimera luxe。
カタカナにした時の強烈なインパクトが、英語で
書くとなんだか入ってこない気がしてました。
当時はネット(特に携帯端末で)がそこまで身近では
なかったけど、ユーザーがカタカナ語で読んだ時に
複数候補が出そうな名前って、損をするんですよね。

リュクスなのか、ルックスなのか、みたいな。
下手したら、
「こないだたまたま見つけたお店……、
シネマラックスだっけ……?」
とかになって、もう検索してもらえないのです。


かといってありきたりな名付けをすると、同じ名前の
別の店やサービスが既にあってりして。



麻雀のタイトル戦の名前も同じで。
他のスポーツと名称がかぶっていたりすると、検索
してもらいにくいんですよね……。
歴史ある名前にあやかったり、格式を高めようと
するのも大事だけど、ファンが検索しやすいってのも
今の時代は大事そうだなと思います。


あと「変換しやすい」も。
麻雀駅伝とかは単純明快だけど、いいなと思います。


(われらが最高位戦の主催するタイトル「發王戦」とか、
本当に洒落た名前なんですが、みなさまは変換するのに
「もう〜!」って思うでしょ?)



みなさんも自分で大会や麻雀の企画を考えるときは、
名付けの候補を実際に検索してみて、検索候補に
何が挙がるか確認してみて下さいな。
もしかしたらその企画にとってマイナスイメージの
候補が挙がってしまう、なんてこともあります!
ネーミングというのは本当に難しいですね。




なんでこんな話をしているかと言うと。
くだんの店で買ったブレスレットがたまたま出てきて。

IMG_20180510_223407.JPG

麻雀が打てない故にたんすの肥やしとなった物が、
我が家にはたくさんあります(笑)


posted by ズム at 23:18| Comment(2) | 麻雀以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

リーグ戦の前日の話。



どうも、ズムです。



家に悪魔がやってきてこう言った。
といいつつ、どう言ったかよく覚えていないが
要約するとこんな具合だ。


「お前を世界一の麻雀強者にしてやる、かわりに
 5200点をアガった時には、何があっても
 『ゴンツー』と申告しなくてはならない」


どういうわけだか悪魔の契約にしてはずいぶんと
引き換えるものがショボい。
だが「ゴンツー」とはなんともダサい。
地味に効いてくる毒のような話が突然我が身に
持ちかかる。
が、答えは当然「yes」だ。

麻雀が世界一強かったらダサかろうが何だろうが
だいたいOKだろう。
迷わず悪魔(悪魔だったのかもよくわからない)
と契約を交わし、その日は眠りについた。
明日はリーグ戦だ。



リーグ戦の朝。
いつもだいたい早めに会場に行くが、この日は
さらに早めに着いた。
立会人が一人で準備をしていた。


「すみません」


かれこれかれの事情で5200点をアガった時に
「ゴンツー」と申告していいかと許可を取ろうと
するも、


「駄目です」


当たり前だった。
こうなったら5200点をアガらないより術はない。
対局開始となった。



困るのは、メンゼンで手を進めるとだいたい
40符になるということである。
当たり前だった。

さっそく、役なしドラ1のリャンメンテンパイだ。
これも裏ドラ1枚で退場になりかねないので
出アガりはできない。一発もだ。
ところがそんなハンデをものともしないほど、
私の麻雀は最強になっていた……


特に強いのは親番である。
親にはゴンツーがないのである。
1回戦東場の親番で、私はのびのびとアガりに
アガって、ついに12本場に突入した。


9巡目、リーチをかけた。
六九待ちのピンフドラドラである。
高目の六がタンヤオで、ツモると6000オールだ。


6000は7200オールか。


安目は……


5200オールではないか!!!



これはいいのだろうか。
いや、いいはずだ。
なぜなら。

「5200点をアガった時は」という条件だから、
4000オールをアガった結果、積み棒を加えて
申告点が5200になった場合というのはこれと
無関係の話だからである。
アガるのは12000点なのだから……


しかし。
ここまでうまいこと5200を避けてきたから
分からなかったが、今の自分は「5200」と
声に出すことができない状態なのだろうか。
それとも「5200」と言ってしまった時点で
なにか制裁があるのだろうか。
いまいち曖昧な契約を結んでしまった……


冷や汗をかきながらさらに山に手を伸ばし続ける
と、そこには……




普通、九萬をツモった所で目が覚めるものだと
思うのですが、平和に六をツモってその後も
普通に麻雀を打つ……、という夢を見ました。



そして夢ではなく現実のリーグ戦では、
2224と、最後の4着で1日の苦労が台無しに。
あまり力まず、できることを積み重ねていこう
と思っています。

あと3節あるので、コツコツ頑張ります!


posted by ズム at 04:30| Comment(0) | 麻雀以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

手帳

わしの手帳は小さい。


どうも、ズムです。


DSC_1553.JPG

iQOSよりひとまわり大きいくらい。
だが、これがいいヽ(・∀・)ノ!!

IMG_20171119_153123.JPG

この辺は職種や使い方によるところですが、
私は月間スケジュールのみの手帳が好きです。
週間や日記欄、ましてや電車の路線図など、
ちゃんちゃらいらないのです。
びた一文たりともいらないのです。


写真のは、ついにみつけた理想形の手帳。
デザインも無駄がなく、素晴らしい!



当然、来年もこの手帳を買う予定でしたが、
ここにきて何度も挫折している(というより
何度かいろんな種類を試すも、使い勝手を
手書きより上回らせられず仕舞いでいる)
手帳アプリに、懲りずにトライ。



今更ですが……。まだ試していなかった、
Lifebear。
これがなかなか使いやすい!

screenshotshare_20171119_153812.png

これは12月の予定ですが、見やすさはまだ
いじれそう。
予定を上からだけでなく欄の一番下にも
入力できる機能があれば、なおフィットした
のだけど、まぁそれは私の使い勝手なので。



手書きより良いところは、修正がきれいに
できるので、消えた候補日とかを空き日と把握
しやすいところなどですかね。
電話をかけながら、lineなど他のアプリを参照
しながら、の入力には当然手間取るのが難点。
日々の麻雀成績もスマホで管理しているので、
一本化できるのは魅力。


手書きはなんだかんだ入力が早いです。
実際、自分で書いて自分で把握するだけなので
修正があってもまぁ気にならないです。
が、家に置き忘れることがたまにあるので……。



来年の抱負のひとつは、手帳のダブル体制を
しばらく敷いて、スケジュール管理の最終形を
作ることに決めました。
2018年、私は誰よりも便利にそして楽に暮らす!
とりあえずこの黒い手帳が今年もロフトに売って
いることを願います。



小さな手帳が好きなもうひとつの理由は、
小さなかばんで出歩きたいからです。
余計なものを何も持ちたくないのです。
去年は、コートの季節は手ぶらでした(笑)


個人的に私を知っている人は知っていること
なのですが、わし、スマホだけは馬鹿デカい
んですけどね……
スマホがデカいせいでタンスの肥やしになって
しまった小さなかばんが、いくつかあります。


posted by ズム at 16:18| Comment(0) | 麻雀以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする