2017年09月22日

出てこいや・第4節A

珠玉戦・第4節の振り返りの続きです。
ニコニコ生放送はコチラ
FRESHはコチラ



どうも、ズムです。



【3回戦】

東1局1本場 ドラ一
screenshotshare_20170921_110349.png

ドラ受けの二と、親の現物で安牌
候補の中どちらを持ってる方が
いいかというと、今思えば中かも。

その前の7切った所で二を切る手も
ありましたが、Aのトイツが、
アンコる以外に変化が乏しいので
7を浮かせ気味にしました。


東2局東家 ドラ發
screenshotshare_20170921_111424.png

二五が入ったらカン3ヤミテンにしよう
と思っていたら3ツモってリーチ。

この局は終盤に朝倉さんがポンテンを
入れるのですが、危険牌を掴んだら
朝倉さんはテンパイ料のためには
打たないだろう、と思っていたので、
今まで持っていたイメージと違った。


東2局東家1本場 ドラ九
screenshotshare_20170921_112210.png

ピンフのターツが足りているので、
次にFでも引かん限りEはいらない
と思ってEを切ったら、次巡Fで
ちょっとアウチ。

ピンズかなと思っていた朝倉さんが
ドラの九を固めていそうなのが
リーチ後に発覚して、がっかり。


東2局3本場東家供託1 ドラ西
screenshotshare_20170921_114012.png

東、白、中とあるのでどれか重なれ!
と思ってG、八から切りました。
Cや西はこの時点で鳴く予定ですが、
すぐ東が重なってカン4が入るので、
こうなると解説で言っているように
西スルーがいいのかもしれません。


東3局北家 ドラ5
screenshotshare_20170921_115156.png

3をツモ切っているところ。
Cが親の現物なのと、場に高く
なりそうなソーズの形をよい形で
決められる、ドラを重ねた場合に
選択肢が複数ある、という悠長な
理由です。


東4局西家 ドラ東
screenshotshare_20170921_121110.png

なんだかホンイツに渡れそうなA。
でも現状チートイのイーシャンテン、
ホンイツは鳴いてイーシャンテンに
ならないので、東ポン以外声が出な
そうなんですよ。

それよりチートイに決めて孤立牌を
のびのび選べる方がよかったです。
東なんかどうせ鳴けん!
やってもた。


南1局南家 ドラ八
screenshotshare_20170921_121934.png

カン六はぜひチーして4-7テンパイを
取りたいと思っていましたが、
こうなると4-7はチーしてもいいけど
EHはスルーしてできればリーチを
したいなと思う不思議。

リーチがかけられれば親の安達さんも
よほどの手じゃないとオリそうかなと。
9のトイツ落としが速いかどうかは、
よくわからないです。
役をつけにいってそうではありますが。
役牌はいらなそうなのでタンピン系。


南4局西家 ドラ六
screenshotshare_20170921_124500.png

残りツモ1回、水瀬さんがリーチ。
親の朝倉さんがテンパイなのかは
よく分からないです。
安達さんも最後に言っているように、
普通はテンパイならリーチだろうけど……

三が朝倉さんの現物で、テンパイ維持
できるのですが、水瀬さんのリーチに
一発で打てば8000はありそう。
親とテンパイノーテンで続行したと
しても、点差はまだまだあるしなぁ。

考えた末、三切りました。
宣言牌の九はどう考えるべきなのかね。
テンパイ入れたい朝倉さんにいったん
止めた牌でしょうか。
タンヤオに降り替わったリーチだと
ラッキーだけど。
最後の巡は朝倉さんがいよいよノーテン
ぽかったのでやめました。



裏裏ばかりアガって、とにかくツイて
ました\(^-^)/

珠玉戦は勉強会でもあるので、公式戦
の時に裏ドラがたくさん乗ってほしい
んですけどね(・ε・` )


ラベル:放送対局
posted by ズム at 02:45| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

出てこいや・第4節@

昨日は珠玉戦の第4節でした。
ニコニコ生放送はコチラ
FRESHはコチラ



どうも、ズムです。



奇しくも誕生日でした!
37歳は素数の年なので気持ちがすっきり
します。いいことがありそう( ・∇・)

IMG_20170921_173230.JPG

今回は1回戦と3回戦の2回打ちました。



【1回戦】

東1局南家 ドラ3
screenshotshare_20170920_122740.png

この局の9は、あまり要らないのですが
一応イーシャンテン+二人の現物なので
手元に置き続けてしまいました。
5巡目のG切ったところで9切る選択肢が
あったのですが、もたついちゃいました。


東2局東家 ドラ東
screenshotshare_20170920_123221.png

ピンフが見えるくっつきのイーシャンテン。
4がくっつき候補として微妙という理由で、
東を残して4を切った場面です。
東を重ねてもシャンポンの片割れの九が
枯れてるのも、東切りたくなるとこですが。

screenshotshare_20170920_123527.png

その後に一をツモ。
マンズの下はよさそうなので東切りました。
誰も鳴かないので親だしペン三のリーチも
打とうかと思っていました。
結局三ツモでピンフに。極薄なのでダマ。


東4局1本場西家 ドラ東
screenshotshare_20170920_130648.png

@が入ってDを切ったとこです。
1を引いてもDを切ってBとFのくっつきに
しようかなと考えてました。
(チャンタになってないから微妙かも)

screenshotshare_20170920_131013.png

こうなって。
その後E、Fとツモってきたのはちょっと
具合悪いですが(河が派手になる意味で)
頭は後の安全度とチャンタ手変わりのため
F<中だと思いました。

1のチーは考えてなかったです。
待ちの良さも打点も、門前ならの話なので。
浮いてるのもドラの東だしなぁ……。


南1局南家 ドラB
screenshotshare_20170920_131839.png

できればドラのまわりで2メンツ作りたいけど
カンDリーチでもいいと思って七切り。
普通に二を切った方がいいのでは、という
結論になりました。


南4局西家 ドラ七
screenshotshare_20170920_224051.png


水瀬さんが@切りの所でテンパイか?と
思っています。
満貫なければ2着のままで、たまたまの
七アンコくらいしか満貫はないかなと
思いテンパイ維持して放銃し、ひと安心
の2着でした。



3回戦のことも、後で書きます。


ラベル:放送対局
posted by ズム at 23:04| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

RMUクラウン準決勝

RMUクラウンのベスト16、ベスト8
トーナメントの放送卓で思ったことを
書きます。
(トーナメントはすべて3回戦)



どうも、ズムです。



ちなみに前日のベスト28トーナメントは
いつも勉強会で私が負け慣れている、
多井プロ・松ヶ瀬プロと同卓でした。
(もうひとりははじめて対戦する小田さん)

最終戦のオーラス、1000点放銃で敗退、
1000点アガれば勝ち上がりというとこで
運よく通過となり、嬉しくてのう……。


そんな前日の対局もあり、意気込みまくり
でスタジオへ。

放送ページは↓
第11期RMUクラウン準決勝
ニコニコはコチラ。
FRESHはコチラ。



【ベスト16】
岡澤プロ、高岡プロ、谷井プロと。
トップ→でかいラスで追う立場となった
最終戦が放送になりました。


東1局南家ドラ南
screenshotshare_20170904_221647.png

親の高岡さんのリーチ宣言牌の南を
ポンしたところ。
鳴かなくてもイーシャンテンなので
迷いましたが9が3枚切れなので、
ポンして78を切ることに。

ドラも見えてるし結構押すつもり
でしたが、いろいろ通った後の終盤は、
七か八持ってきたらどっちを切ったら
いいか分からんなぁと思ってました。

結局、最終巡目に八が通った後に七を
ツモるという幸運。


東2局親 ドラ8
screenshotshare_20170904_223514.png

Aが3枚Dが1枚切れてショッキング
なイーシャンテンなのですが、Dを
ツモってリーチ( ・∇・)
この後しばらく「メンピンおばさん」
として君臨します!

この半荘は安牌なくしてギリギリまで
くっつき候補の浮き牌を持つ選択が
多かったです。


南1局南家 ドラ一
screenshotshare_20170904_232557.png

配牌からこのまんまよ。
直前の中とかを温存してチートイ
一本にしようか少し考えました。
親の高岡さんからリーチが入り、
ベタオリ。

トータル2位の岡澤さんとの間は、
2着順以上or1着順+12500点以上の
差が必要なんですね。
テンパイノーテンにできると結構
嬉しいのです。

高岡さんのリーチはドラアンコの
西と4のシャンポンなのですが、
うむ、テンパってたら4選ぶことも
あったかも、いや、ないか……。


南1局1本場南家供託1 ドラ8
screenshotshare_20170904_233921.png

親のチーにつられたわけではないですが
終盤にテンパイとってみたものの、
岡澤さんからも、リーチ。

ふたりに通っていない四がきました。
234のメンツが全部切りやすいかなと
思ったのですが、残り巡目も少ないし
ほとんどベタオリるとして、今すぐ
ドラが通ってテンパイ取れるかもしれぬ
6を切りました。

高岡さんは片アガリの6-9とか、6888
はあまりなさそうかなと思ったのですが
駄目なのかねぇ。


南1局2本場南家 ドラD
screenshotshare_20170904_234723.png

谷井さんがドラ切りで、テンパイ入った
んだろうな〜A@切ろうかなと思いつつ
ここで@を消費すると地獄を見そうなので
7切りました。1000は1600放銃。

その前の段階ですがE切りはドラ引いても
ツモ切ろうと思っていて、ペンBはリーチ
するつもりでした。
まぁまぁ悪くなさそうで三色もつくかも。


岡澤さんとの点差が微妙ですが、このあと
アガりきってベスト8に進出しました。



【ベスト8】
阿部プロ、伊澤さん、齊藤プロ

1回戦ラス前までハコ寸前だったのですが
2局連続でアガって3着浮上。
さっぱりアガれなかったのもありますが
序盤にイージーな放銃しすぎました。
で、2回戦が放送になりました。


東3局親 ドラ3
screenshotshare_20170905_224119.png

開局早々、トータルトップの伊澤さんが
4000オールをツモってもたので、ここは
私と齊藤さんにとってターゲットとなった
阿部さんより上に、なんとかいたいところ。

で、齊藤さんからリーチ。わし親。
現物の三を並べてノーチャンスの二も
切りやすいですが、1プッシュか考え中。
5切りリーチですがソーズ2ブロック
を予想してるのと単純にドラまたぎで
放銃したくないです。
147ならワンチャンスだけど……

正解はわかりませんが通ったら強いので
1切り。その後5を引くのですが、これも
その後に五ツモでテンパイの時、5を切るか
8切るかすごく微妙だなぁと思ってました。
結局八ツモでリーチでした。


南2局1本場南家 ドラ七
screenshotshare_20170906_092143.png

場に高いピンズをしょ〜もない形で
たくさん持っています。
親のイーシャンテン感もあります。
出遅れていると思ってました。

6を切ったのは今すぐ親からリーチが
来ても単独で浮いてる4が現物だから
過ごしやすくなるかなと思ったのです。
微妙でした。

ソーズとマンズが伸ばせそうだと思って
いるから、Hでも切っておけばよかった。
オリるのはできそうですしね……。


南3局親 ドラ4
screenshotshare_20170907_000929.png

阿部さんに捲られました(>_<)
伊澤さんも早々と仕掛けています。
この手はリーチに持ち込みたいです。

北を切ったのは、1のトイツ落としの
途中で動きがあったりアンコかぶって
リカバリー出来なくなるのを恐れました……
ドラは2枚とも使えるといいなぁ。
すると、1がアンコりイーシャンテン。

screenshotshare_20170907_001142.png

マンズくっつけと思っていたら、お前か!
しぶしぶドラ切りリーチ。
すく横移動でしょんぼりですが、阿部さん
の点数が減り再び3着目に。


南4局西家 ドラ四
screenshotshare_20170907_001709.png

阿部さんより2000点上です。
2着浮上はできなくてもいいからなんとか
このままの関係をキープしたいですが、
またも出遅れてます。まわりは早そう。

結局こんなしょ〜もない形から齊藤さんの
ダマテンに2000点を献上し、同点の3着に。
ちょっと、9を切るしかしょうがないと
思っているのですが、これで最終戦の条件を
厳しくする結果に。
ベスト16の時と条件は同じような感じです。


結局、3回戦で阿部さんを捲れず、かわりに
齊藤さんは阿部さんを捲り、決勝進出は
伊澤さんと齊藤プロになりました。


アガれば勝ち上がりの手も何度か来たけど
なぁ(>_<)
時間打ち切り5分前でジリ貧の状態から
ツモスーをテンパイした時は、もしや!と
期待して念じまくりました。

ベスト8はほとんどアガリがなかったのですが
トーナメントなので、それでもすり抜ける
道はあったように思います(>_<)



ここまできて負けるのはくやしいですが、
決勝の行方を見守ることにします。


ラベル:放送対局
posted by ズム at 03:07| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする