2017年01月27日

日本シリーズ第2節

女流プロ麻雀日本シリーズ2017、
一昨日の1/25に第2節がありました。



どうも、ズムです。
7、9、10回戦を打ちました。



今節は3回打つことになっていたので、
成績次第で今後の戦い方も変わるだろう
と、かなり意気込んでいました。
大事な節です(いつも大事ですが)



気になった局について書きます。

【7回戦】
南3局南家 ドラ六
screenshotshare_20170127_014537.png

七はなぜあるのか、と。
愚形残りのリャンシャンテンの時に、
ドラ受けのために持っていた牌です。
が、親の和泉プロが中ポン、打八。
この時、テンパイのことも結構あるかなと
思いました。(印象込みで)

その後、和泉プロが四をツモ切るのに
少考したのもあり、カン七を恐れすぎた、
ということです……。

実際は五六七八からの八切りで、まだ
イーシャンテン。全然違いますな。


同じ局、その後
screenshotshare_20170127_014918.png

宮内プロからリーチが入り、オリ中。
最終巡目、上家から出るEでハイテイを
ズラせますが、切る牌を見つけるのと
早くツモらねばとの焦りから、スルー。

Cが4枚見えている、2枚切れのAを切れば
いいのです。
とても初歩的なミスをしてしまいました。


南4局1本場東家 ドラ九 供託1
screenshotshare_20170127_020141.png

こんな配牌が……

screenshotshare_20170127_020801.png

6巡でこれだぜ〜い\(^-^)/ついとる!
六をツモったけどテンパイ取らずや。

結局、三をツモって@Cでリーチ。
これは亜樹プロに追いかけられて放銃するも
ギリギリ2着維持でした。

アガリ逃しではありますが、一も切っているし
取らずの選択に後悔はないですよ。


【9回戦】
南1局1本場南家 ドラ4
screenshotshare_20170127_025004.png

萬子の形も微妙、チンイツに行きたい……。

が、親リーチが今にも来そうだと思っています。
そして、高宮プロが役牌ポンしたところです。
イーシャンテン以上、ホンイツじゃなさそう
だけど1000点のことはあまりない。
実際のドラドラ3900は、いかにもありそう。

3巡以上消費して萬子を全部切ってるうちに
誰かにロンと言われることが多そうなので、
@はツモ切りました。
弱腰かもしれませんけども……。

リャンメンを引く直前に三が通り、安全に
一応取れたカン六テンパイを、なんとツモ。
ラッキーくんです。



長くなったので2回に分けます。
続きはのちほど。


posted by ズム at 15:57| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

日本シリーズ第1節

女流プロ麻雀日本シリーズ2017
が開幕しました。



どうも、ズムです。



screenshotshare_20170112_031315.png

計8回、4節を打ってプレーオフ進出の
8名が決まります。
第1節は初戦の1回だけ打ちました。
対戦相手は、
高宮プロ(前年チャンピオン)
朝倉プロ(女流雀王)
仲田プロ(女流桜花)



東1局東家 ドラ中
screenshotshare_20170112_023330.png

リャンシャンテンに戻したところです。
マンズか中にくっつけ!
2を引いても痛くも痒くもないし、逆に
一通や三色も狙えそうです。

何も引かないうちに仲田プロからリーチ。
ドラ中が浮いたリャンシャンテンなので、
回りまくっていたらイーシャンテンに↓

screenshotshare_20170112_022830.png

テンパイしたら中を切るつもりでしたが、
16巡目にションパイの南を引いて、34を
泣く泣くはらうことに……。

そもそも、朝倉プロ高宮プロの対応から、
二人はドラがないか1枚浮いている可能性が
高そうなので、仲田プロにドラがあるかも、
と思っていたのです(実際は、ない……)。

そんな訳で無理はしませんでしたが、
最後も、1のポンテン取れたら南を勝負や!
と思っていました。


東2局1本場北家 ドラB供託1
screenshotshare_20170112_024744.png

一通のイーシャンテンでしたが、@を
ツモってドラ受けができました。
二五が鳴けそうだと思っていたのですが……、
五が2枚切れになり、一通を諦めてドラ受けを
残すことに。

チャンタのイーシャンテンでもあるのですが、
Bを運よくツモってもリャンメンにするし、
アガれそうなのは東を鳴いた二五と六九だと
思っていたので、一を切りました。
1枚切れの東を、ホンイツ気配の仲田さんと
朝倉さんが余らせることに期待。

screenshotshare_20170112_025858.png

六が先に重なって予定通りペンチャンを
はらうぜ→Bくる(>_<)
下家の親、仲田プロはソーズ模様で3も
切りづらいですが、白の加カンもしてないし
まだテンパイじゃないかも。
鳴かれたらまた考えよう+東が出てくるかも
という楽観的思考で3を切りました。
ドラはテンパったら切る!

運よく東は鳴けてテンパイ、その後終盤に
2も押したら、これにはチーの声。
で、打G。
このGがトイツ落としで、ハイテイが自分。
どのくらいテンパイなのかわからないと
思ったのですが、ハイテイがソーズなら
渋々オリようと思っていました。


東2局2本場北家 ドラD供託1
screenshotshare_20170112_030611.png

この局は個人的に微妙でした。
ドラドラで北ポンしたところまでは
よかったのですが。
カン2をチーしたなら六は踏ん張って
もう少し残せばよかった。
(どうせ苦しいので)

よくオリられました。


東3局西家 ドラ3
screenshotshare_20170112_031201.png

運よくテンパイしてチートイ。
待ちはとりあえず四か六です。

四は朝倉プロの現物。
六は親の高宮プロの現物。
一旦どちらの現物を残すかですが
さすがに親か。しかも早そう。

しかし次の瞬間、朝倉プロから
七切りリーチが(@_@)!
全然違った上に六が危ない!

焦った瞬間、六をツモりました。
運がいい。


東4局南家 ドラ中
screenshotshare_20170112_040955.png

親の朝倉プロからリーチを受け、
アンコの九を1枚外しますが、
チートイのイーシャンテンになり、
スジの二は押して頑張ってます。
中単騎になったらリーチ予定!

高宮プロのアンカンがなければ
ここもスジのAは切っていたと
思います。
これも運よく止まりました。


南3局1本場西家 ドラ白供託1
screenshotshare_20170112_041602.png

仲田プロが早くもドラ切り。
安易に合わせてリーチを受け、
東でベタオリになると嫌だなと
思いつつも、形でドラ切り。

これが瞬間テンパイ一発ツモ。
なんだかずっとツイています。


南4局南家 ドラ5
screenshotshare_20170112_041340.png

アガリトップでアガれそうな配牌。
發もすぐポンできました。

Eを先に切ったのは安全牌候補を
持ちたいからですが……。最終的に
待ちががドラスジにならない方が
嬉しいのでピンズのポンチャンス
の方がいらないかなと思いました。

これもリーチ宣言牌をとらえて
運よく悩み無用のアガリに。



内容は薄いのに終始ツイていて、
小さなトップを取れました。
先は長いので有利という訳では
ありませんが。


次節は1/25です!


posted by ズム at 04:49| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

さかえ杯

先日1/9に放送された、
さかえ杯新春特別企画KINGvsQUEENS
についてです。
どう考えて打っていたのか、口下手なので
後からblogで説明するシリーズです。



どうも、ズムです。



東1局西家 ドラH
screenshotshare_20170110_100744.png

3巡目、上家から出るE。
これは普段、結構チーをするんですよ。

普段は現在の半荘が絶対トップでないと
いけないという訳ではなく、トータルで
なるべく勝っていればいいので、
使える赤はなるべく使って得点にしたい、
という考えなんです。

今回は着順もトップでないと結構厳しいと
思っていたので、素点を重視しました。
リーチは掛けられそうな手なので。

残りツモ1回でリーチしたのも、今回の
システムだからです。
うっかり脇が切るような牌ではないし、
この先こんな二役リャンメンの勝負手が
入るとは限らんので、イチかバチです。


東3局東家 ドラ8
screenshotshare_20170110_102048.png

この手をダマテンにしたのも、普段の
バランスと違っていて、これは間違いかも
しれないなと後で思いました。

この局は、流局がbadだと思っていたのです。
ダマならこの瞬間はアガれそうな5800、
または運よく18000。ツモでもよし。
既に打点はあるので、アガれない可能性を
高めたくなかった、という選択でした。

普段はリーチします。
極端な話、フリー麻雀はエンドレスなので
1局が空振ったくらい痛恨ではないし、
他家もみんなそのつもりで勝負をしてきます。
この手を2600オールでツモる方が痛いかも。

今回のルールでもリーチの方がよかったかなと
今は思っています。


東3局1本場 ドラ@
screenshotshare_20170110_102317.png

カンAをチーしてHを切るシーンです。
愚形残りでも7300+1LPのイーシャンテンは
私は素直に取りたいのですが……。
世論は違いました。

マンズやソーズの真ん中の牌がきたら、
發を切ってギリギリまで好形変化や
赤ツモに備えたい派(・〜・)


南1局西家 ドラH
screenshotshare_20170110_103639.png

3も五も優秀なくっつき部隊なので、7を
切るか考えたのですが……結局3切り。
三色もあるしHはまだ残したいです。
下家の中里プロが役牌ポンでG切りなので
ドラポンもいつもより警戒したくなります。
(この後ドラポンしたのは高宮プロでしたが)


南2局南家 ドラ北
screenshotshare_20170110_115322.png

トップを逆転されました。
前巡、ドラの北を離して目一杯に
構えたら、北家の高宮プロにポン
されたところです。

Hをツモって4を切りました。
リーチを目指してゆったりなら
A切りとかもあると思うのですが、
4引き以外はロスにならないし、
(Hのアンコりはロス感がない)
カンチャンはチーする予定です。

すぐに運よくBをツモ。
6を切りました。

screenshotshare_20170111_020047.png

七をツモ。
高宮さんに危ないので、これを
先切りして現物の8を残すかは、
結構迷いました。
が、2-5待ちが第一希望なので、
Hのポンテンチャンスを優先。

完全イーシャンテンですが、
高宮さんの手出しがザワザワして
いるし、チーテンも取ります。
元々はトップに届くアガリにしたかった
ですが、ここは1000点になりました。


南3局東家 ドラ中
screenshotshare_20170110_120812.png

画像は勝又プロの配牌です。
親の私は手なりのタンヤオリーチ
三六待ちがすぐに掛かるのですが、
なかなかツモれず。
勝又プロが四暗刻(@_@)!

この親被りでオーラスの条件は、
ハネマンツモ+3LP
なかなか厳しくなりました。


南4局北家 ドラD
screenshotshare_20170110_175619.png

条件を満たすイーシャンテン
(一応)になりました!
頭の中はこうです。

@形は是非とも維持したい!
A5切りからテンパイしていそうな
勝又プロに放銃できない、しかし
待ちがわからない。
B終盤は親にアシストもあり。

こんな優先順位です。
6やAは勝又プロに切りやすい牌
なので親にアシスト含みですが、
まだ自分がチートイでリーチする
つもりでいます。

そしてツモ番を1回残して、
テンパイを入れられませんでした。
(序盤に123三色も見ていたので、
牌の残し方も微妙でした……)

親に安く差し込めないかを考えます。
切るならFかなと思っていたのですが
CFなら2900(たぶん)を放銃しても
条件が変わらないことを考えてました。
Fを切って親に1500。
シャンポンだった!


南4局1本場北家 ドラ四
screenshotshare_20170110_180658.png

1本場は4巡目に親リーチが。
現物だけ切りながら、ようやく
前巡イーシャンテンに。
今9を引いてイーシャンテンが
広くなりました。

が、Bは危険牌。ツモはあと2回。
これは見合わないという理由で
切れず。
一を切ってイーシャンテンは維持。
次にテンパイしたら一発裏裏狙いで
リーチします。

が、テンパイしませんでした。



流局し、勝ち上がりは勝又プロ。
他家のアガリで開かれた手牌を
分析している様子が印象的でした。

負けは悔しいですが、同卓できて
嬉しかったなぁ……。



私が打つ回は有料放送なのですが、
タイムシフトがまだ見られます。

1481435422692.gif

今日からいよいよ!
女流プロ麻雀日本シリーズ!
今年こそ勝ってきます!!


posted by ズム at 11:43| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする