2017年10月10日

決定戦最終日B

遅くなっていますが、女流最高位
決定戦の7回戦についてです。
忙しくてブログが滞っています。



どうも、ズムです。



東3局南家 ドラ7
screenshotshare_20171007_123003.png

Aアンコらせて倍満ツモや〜。
なんて悠長に考えていたら……。

IMG_20171010_132837.JPG

ちゅどーーん!!!
24000放銃しました。
メンチンって結構余らないですよね。
字が出尽くしてるし当たればチンイツか、
と放銃してから思いました。


東4局東家 ドラ發
screenshotshare_20171007_123343.png

気を取り直して、カーン\(^-^)/
この状況でこの北は、いきなりカンする
図太さが必要だと思ってます。
1枚でも早くツモりたいし、カンドラ表示
に何がめくれるか一刻も早く見たいです。

screenshotshare_20171007_123547.png

ホンイツかトイトイが見えるけど。
テンパイにはどちらにしろ結構遠いので、
一刻も早くリーチ→みんなオリる(願望)→
→ツモ、と焦ってました。
ドラ發とかダブ東が重なったら痛恨だけども。

リャンカンって場所取りすぎですよね。
10枚しか持てないのに(>_<)

screenshotshare_20171007_124410.png

ようやくテンパイ。
サンアンコもイーペーコーも結局のところ
点数はそんなに変わらないです。
せっかくEツモ切って残したカンBの受け
ですが、ション牌じゃない方で待つことに
しました。


東4局2本場東家 ドラ8
screenshotshare_20171007_130006.png

かろうじて親番で粘っていますが、
もはやテンパイも怪しいです。
前巡カン八をチーして一通か形テンの
イーシャンテン(ほぼ形テン狙い)に
したところに、ツモ五。

大澤さんがマンズのホンイツなので
マンズはくっつきにくいです。
しかも一があるのでマンズ引いても
まぁまぁテンパイできるのですが……。

マンズマンズと引いて使いきれず放銃
で親が流れる方が恐くなり、7切り。
その後一が通り、残したソーズに再び
くっついてなんとかテンパイしますが、
先程、五を切るのがよかったと思いました。

結局、使いきれないマンズで放銃して
親が終わってしまったので恐れた通り
ですが、テンパイMAXにする方が、
つじつまは合う気がします。


南4局3本場東家 ドラ8
screenshotshare_20171007_225440.png

ハコ寸前だった大平ですが、いつの
間にか2着目に。
でもまだまだまだ加点が必要です。
再び親で粘っていますが西嶋さんから
リーチ。

宣言牌のBをポンして、イーシャンテン
を広げてみたのはいいですが、この後も
どうもまっすぐいけず、一番のくっつき
候補の三をリーチの筋!と言って切って
しまいました。
(くっつきというか、リーチに通っている
牌を鳴けるようにしておきたい)

これもなんとかタンヤオでテンパりますが
微妙でした。
西嶋さんツモで終局。



と、腹を括った仕掛けを、仕掛け倒れに
してしまう場面が多々あった7回戦でした。


いつも通さない牌を通し自分にいいように
転ぶ……。そんな幸運が来なければもはや
勝てないことは分かっているのに、普段の
バランスに引っ張られチグハグな行動を
する……。
そういうことを、こういう対局ではよく
やってしまいます。


あと1半荘。
ミラクルで奇跡みたいなミラクルで
奇跡みたいなトップを取れば優勝ですよ。


ラベル:放送対局
posted by ズム at 23:59| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

決定戦最終日A

決定戦の6回戦目についてです。



どうも、ズムです。



5回戦、大澤さんトップわしラス。
勝ち目はさらに薄くなってしまいました。
が、可能性がわずかでもある限りは優勝を
目指すのが自分にとっての、あるべき姿勢
なので、まだ諦めませぬ。



東1局西家 ドラ北
screenshotshare_20171005_104458.png

この局はここでチンイツ移行すべきでしたな。
これは結構ダメでした。
せめて一通を、と9を切ってテンパイ外して
みたところ、次巡5ツモ。
大澤さんがマンズのホンイツなので、ここで
1単騎リーチにしてもよかったかなと思います。


東2局南家 ドラ二
screenshotshare_20171005_105326.png

直撃を狙いたい大物手が入りましたが、
大澤さんはマンズが高いし安目の一も
3枚切れで待ち自体期待薄。
リーチ裏裏の三倍満をツモる!!という
つもりでリーチすることにしました。
この時点で空テンだったとは(>_<)


東1局1本場東家供託1 ドラ@
screenshotshare_20171005_110207.png

親ですぐリーチをかけられそうな手がきた
と思ったら、いつのまにか出遅れ感が凄い。
この時点で私以外みんなテンパイ。
リーチさえかけられれば、親は維持して
ここでアガリ続けなきゃと焦っていました。
あっさり柳さんに1300放銃。
この時は安いけど結構無念だったのですが、
でももう無茶するより仕方ないかな、とも
思いました。


東4局北家 ドラD
screenshotshare_20171005_110945.png

柳さんリーチですが、大澤さんがダブ東
を鳴いて結構押してます。
リーチの現物は切りづらいので大澤さん
のスジで三を選んだのですが(愚形待ちで
そんなにがんばらなそうなので)この時に
悩んでいたもうひとつの候補は9です。
柳さんに打てるなら打った方がいいかも、
と思っていました。
今思うと9の方がスッキリする気がします。

柳さんの待ちは大澤さんと同じ5-8なので
結果は打ちようがないんですけどね。
しかもこの後、大澤さんがまわったのに
直前に張り返し、ガックリ。


東4局1本場北家供託1 ドラ1
screenshotshare_20171005_111454.png

ホンイツに行きたいのですが、悩んで
いたのはピンズが安くなるのかな?と
思って。
もしかしたらピンズのホンイツ??
と思ったのでした……。
が、さすがにマンズのホンイツへ。

screenshotshare_20171006_020526.png

で。
イーシャンテンになったところで大澤さん
からリーチ。一発で7を引くのですがすぐ
これに6がくっつくんですよ……。
ソーズは全く通っていないのですが5-8は
フリテン。

これも押さないといけないのかなと思い
つつも一二を払うことに。結局七を自力で
ツモりフリテンの5-8テンパイ。
メンホンテンパイしてたなぁ……(>_<)
次巡6と東のシャンポンに振り換わリーチ。

で、一発目のツモがドラの1なんですが、
プリ押してる西嶋さんがドラドラなんじゃ
ないかと思っていたのです。
わー!単騎ならラス牌かも!でもAトイツ
落とししてたからどーだろなー!と思って
たら案の定1単騎で、わー6も7も切れてた!
でもやっぱり放銃や!と、ひとりで大騒ぎ
していました。
チーン(>_<)


南1局4本場北家 ドラ1
screenshotshare_20171005_134100.png

一通メインとはいえ、とっとと4切って
くっつき牌を持ちたいと思いつつも、
マゴついていた局です。
この局も微妙でしたが、なんと3ツモ。
アガれませんでしたが(>_<)


南2局西家 ドラ八
screenshotshare_20171005_135032.png

ここからG切り。
これは解説の新井プロが言っていた通りで
Hはいらない、裏目のEが来たら三色目を、
ソーズのイーペーコもみたいのでした。
結局ただのメンタンに。


南3局1本場東家供託1 ドラ北
screenshotshare_20171005_140202.png

神配牌に神ツモきたー\(^-^)/!
2巡目にして三をツモ、ピンフ三色ドラドラの
イーシャンテンです。
8を切ったのですが、解説で園田プロが言った
とおり、あまりにも宣言牌の裏スジが通りやすい
話をよく聞くので、可能なら裏スジは残したいと
思っているのです。(実際は安全度とかの方が
選ぶ基準の優先順位は高くなりますが)

でも新井プロの言う「7引きでチャンタ移行」は
完全に見落としていました。目から鱗!


南3局2本場東家 ドラ七
screenshotshare_20171005_141047.png

続く2本場。この三をツモ切ったとこです。
せっかくイーシャンテンに取れますが、三は
今大澤さんが1枚切ったので、コーツで使える
可能性は少ないし何より大澤さんにチーテンを
入れさせたくないのです。
三は1枚浮かせ気分で他が伸びればトイツ落とし
でいいかな、と思いました。


南4局北家 ドラ中
screenshotshare_20171006_002419.png

白をポンしてます。
さっき柳さんが切った八はポンがいいようです。
七が2枚切れだからですね。
この時の私は、七はないけど五や九があるし
(柳さん上家だから)次ツモ番やしな……と思って
スルーしてしまいました。

結局!画像のように七ツモ。
大澤さんから直撃かツモ狙いですが八切ってる
柳さんから出ないかなと思っていました。
見逃し→ロンならまだ可能性があるかも……と。
無理かもなぁ。


南4局1本場北家 ドラ二
screenshotshare_20171006_003726.png

メンホンテンパイ。リーチか考えましたが、
大澤さんが發を抱えていないか少し様子見
したくなって中を縦に置きました。
この中を大澤さんがポン。ポン出しに期待
してみるも、ダメでした。
すぐに一通目の8も3枚切れになり、もう
リーチや!(うっかりツモって満貫しかない
のが寒すぎるので)と思ったら横移動。


南4局2本場北家 ドラ8
screenshotshare_20171006_004726.png

柳さん、西嶋さんとリーチですが大澤さんが
尋常じゃない気配を出して押してます。
これはドラがアンコでもおかしくないわ、
やばいわ、と怯えていました。

いいのか悪いのか分からないけど、柳さんに
満貫打てるなら打ってしまおうかと考えて
いましたが、待ちがわかりまてん。

結局、大澤さんが4000オールをツモ。
これ以降、並びを意識するのはやめようと
思いました。
もはや順位点は後回しで、7回戦8回戦は
自分が超特大トップ目に立てたら並びを
考えよう、と考えていました。


5回戦に続き、またもラス(>_<)
弱い、弱すぎる。


ラベル:放送対局
posted by ズム at 03:06| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

決定戦最終日@

第17期女流最高位決定戦の最終日に
考えていたことを書きます。



どうも、ズムです。



初日を終えてのポイントはこう。

大澤:+112.0
西嶋:+74.3
柳:△75.1
わし:△113.2

初日は2434でした。
2と3はオーラスに超絶ラッキーで4から
浮上したので、4ラスでもおかしくない
一日でした(゜―゜)が!
2回戦の4は3を維持で終わらせなければ
ならなかったところを、瞬間的に判断を
ミスって逆転の機会を与えてしまった
のです。

そんな、後のない5回戦についてです。



東1局東家 ドラ二
screenshotshare_20171004_112346.png

柳さんのリーチを受けて親でこんな
イーシャンテン。七と九が通りました。
まっすぐGとしてドラアンコに放銃。

私以外は必然ベタオリになるし柳さんが
ツモってもそんなに悪くないと思えば、
九くらい抜いてよかったかもしれません。
でも、もはや親を駆使しまくらないと
勝てないのでGもアリだとは思います。


東2局北家 ドラ中
screenshotshare_20171004_112959.png

今度は親の大澤さんからリーチ。
チーテンで捌くのも考えましたが
今のところイマイチよい待ちに
ならないし追い付いてリーチを
したい!と思ってました。

写真は456が見えたところですが、
三ツモ切りにしました。
三色はズレズレになることも多いので、
FやGが期待できるかなと少し思って
いることもありテンパイしやすさで
選びました。

追い付いたけど1回もツモ来ず。
裏裏の4000オールをツモられ(@_@)
Bチーで4-7すぐツモってるみたいで。

てのは結果を見ての話ですが、私が
ポイント持ってたら潰すことに徹して
チーテンでしばらくゴリ押ししてそう
なんですよね。
それも良いか悪いかわからんけど、
これも良かったか悪かったかわからん。


東2局1本場北家 ドラ南
screenshotshare_20171004_113642.png

東を切ればいいのです。
ソーズは2度受けでマンズは高いです。
大澤さんがマンズのホンイツ模様です。
東か白か中は鳴かれそうかも。

と、そんなことより何より、6か7を重ねた
タンピン三色を逃すわけにはいかないので
四や4は切れん!

いろいろ思いすぎて考えと選択がチグハグ
してしまいました。あまりにもブクブクで
柳さんがやや早そうでもあるので、スリム
にと思ったのですが、選んだ三は柳さんの
現物なのにねぇ。

狙い通り6を重ねたけど三色は崩れました。
リーチするもまた1回もツモれず横移動(>_<)
でも、柳さんが大澤さんを捲れそうに!
でも、さらにそれを捲らないと勝てませんよ。


東3局西家 ドラG
screenshotshare_20171004_114854.png

リーチツモで満貫のテンパイですが、待ちも
微妙なのでゴニョゴニョ黙っていた局です。
Cを切ってる大澤さんがもう一度切ったら
アガって他はスルー。
最終的に自分がトップになる前提で柳さんに
4000オールくらいツモって欲しいという
自分勝手な希望です。

ここで、柳さんがチー(テン?)、流局時に
ノーテンはなさそうだと思ったのと、Cが
ノーチャンスになってイチかバチかリーチ。
柳さんからは見逃します。

西嶋さんからはアガるつもりでした。
大澤さんは親満ツモで抜けてしまったので、
この回は西嶋さんと大きなトップラスなら
次以降をみんなで大澤さんだけに厳しく
打つ感じになり、その方がまだ可能性ある
のかなと思っていました。

結果は、柳さんをオリさせてしまうは
次巡リャンメンに変わってるわで、散々。
5巡目の3切りテンパイなんだけど、やっぱ
外せばよかったかのう……。


南1局東家 ドラG
screenshotshare_20171004_120623.png

南場の親でラス目。オリられませんが、
西嶋さんからリーチ。
EHや7のまたぎは、嫌だなぁ、自分で
何筋も通してしまったからというのが
一番ですが。

まわって、ギリギリテンパイ取れましたが、
こういう所が、普段のバランスに引っ張ら
れてこの日打つべき麻雀を打てていないと
思いました。


南1局1本場東家供託1 ドラ8
screenshotshare_20171004_121122.png

何切る?
一通はうっすら、123の三色の方が濃く
見えていました。
Bは切らないとして、五を浮かせるのも
考えましたが、待ちになりそうな一四と
六九が必要以上にケアされると嫌なので、
5のトイツ落としにしてみました。

狙い通り234のイーシャンテンになった
けど、あっさり放銃。
あとは大澤さんを柳さんの下へ、自分は
西嶋さんの上へ行きたいとこですな。


南3局西家 ドラ八
screenshotshare_20171004_122829.png

柳さんに大澤さんを捲ってほしいので
のんびりやってたらチャンタ三色が
見えてきました。
ラスにはなりたくないですが字ポンの
2000点とかは微妙かなと思ってます。

が、大澤さんが中をポンしました。
こういう時、次長課長の言葉が頭の中で
よみがえります……。
「お前に食わせる、リャンメンはねぇ!」
と……。でもテンパイだけでも取りたいな。

screenshotshare_20171004_123448.png

言うてる間に大澤さんは自力でテンパイを
入れていて、私は6を掴んでます。
イーシャンテンになりDを切ってみましたが
安全に9がよかったかなと思います。
三色でテンパイしても、9を切ろうかなと
思っていたくらいなのです。巡目も深いので、
アガリどころかテンパイの可能性も薄いです。


南4局南家 ドラ二
screenshotshare_20171004_124726.png

西嶋さんが満貫のツモでまたラス目に。
しかし、大澤さんを2着or自分が2着まで
みえる、チンイツの手がきました。

すぐ出る7チーで安易に三を切ったけど、
三を鳴かれるAも鳴かれるだと大失態なので
Aから切るべきでした……。
すぐ12000テンパイしましたが、この局は
みんな鳴きあってすぐテンパイ。
アガったのは大澤さんでした。



むーん。
大澤さんとトップラスに、思っていたら、
願いが通じたのかトップラスになってしまい
ました。
次からは「自分がトップのトップラス」と
具体的に願おうと思います……(?)



この調子で書いてたら滅茶苦茶時間かかりそう。


ラベル:放送対局
posted by ズム at 16:21| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする