2017年10月16日

決定戦最終日C

もうだいぶ時間が経ってしまいましたが、
決定戦の最終半荘に考えていたことを
書きます。
あと、少しわしの麻雀観について書かせて
下さいな。



どうも、ズムです。



最終戦を迎えてのポイントはこちら。

screenshotshare_20171014_121707.png

この日の朝には3%くらいはあると
思われた優勝確率ですが、もはや1%を
切りました。
が、まだ優勝を目指しますよ。
不屈のリアリズムだからね。



ところで。



よく「勝ち目がない時の正しい打ち方」
が議論されることがあります。
私の場合は、こういう議論は競技麻雀を
観る文化が成熟していくにつれて、
なくなっていく話題なんじゃないかと
思っています。


本人が正しいと思った打ち方をする。
相手はそれを読む。
観る人はそれを楽しむ。

麻雀と同じです。
ゆくゆくは、こうなっていくのではと
思っています。



ものの解釈はいろいろなので、自分の
考えに論理的な理由があるときに、
対立する他の意見は論拠のないデタラメ
だとは限らないのです。
法律の解釈もそうだし、神様の教えの解釈
が分かれて宗派がいくつもになったりと。
麻雀もいっしょだと思います。

こういうとき、自分の主張を言うことは
有意義なのですが、他の主張を貶したり、
弾圧しようとしたりするのは、微妙だと
思っています。
相手がどんな人間(どんな打ち手)で、
どんな思想を持つか(麻雀を打つか)は、
自分には決められないからですよ。


私が将来、強い有名プロになったら、
そんな考えを伝えたいと思っていました。



麻雀は人それぞれですが、ただ、予測を
立てて期待を込めることはできます。
急に話を戻しますが、なにせこの最終戦、
席の並びがいい\(^-^)/


(起家)柳→西嶋→大澤→大平(ラス親)
になりました。

西嶋さんと大澤さんの差は32p。
もし南場の西嶋さんの親が落ちたとき、
西嶋さんが2回のアガリで逆転するのが
難しい状況だったら、逆転手を作るのに
とても苦労することになり、柳さんも
アガっても勝てないならアガらない、と
考えるかもしれないので、私がラス親で
アガリ続けられる確率は結構あるな〜〜、
と思っていました。

実際はラス親とアガリトップとの競りには
ならなかったし、柳さんも普通に手を組む
タイプだと分かったので、そうそう自分の
都合のいいようにはいかないですけどね。



東1局北家 ドラ發
screenshotshare_20171014_122729.png

ピンフのイーシャンテンですが、大澤
さんからリーチ。
この手をアガっても勝てなそうだからと
オリたいけど安全牌がないから2枚ある
端っこの九を切ったのですが、まっすぐ
いった方がまだよかったかと思いました。

目指したいものを目指す、とは言っても、
それが難しいのが現実で、もはやリスクを
おかしてもリターンが全然足りないのです。
だから人は諦めるんだなぁとノッケから
思った始末でした。


東2局西家1本場供託1 ドラ5
screenshotshare_20171014_124728.png

大澤さんが西嶋さんの親を蹴ろうと、
2フーロ。
西嶋さんが大ブレイクしない方がわしも
可能性がありそうなので大澤さんに安く
打つならまぁいいかも、それよりこの手を
何とかしたいですなぁ。
AD待ちになったらいい単騎かドラ単騎に
備えてダマにしようかなと思ってました。


東3局南家 ドラ六
screenshotshare_20171014_125422.png

西嶋さんからリーチてますが、これは
がんばりたいねぇ。
すぐ掴んだけど安くて助かりました。


南1局北家 ドラ九
screenshotshare_20171014_130549.png

「チャンタやな」と思ってEを切ってもた
けど、すぐCを引いてムムム。
なんとなく224と出来ている風なだけなので、
ピンズホンイツも見て4から切ればよかった。
手が悪い時にちょっとあっさりしすぎている
なぁと反省。

この局は柳さんに大澤さんが9600放銃。
突然西嶋さんが優勝位置に。
大澤さんはめちゃくちゃ脳震盪を起こした
かもしれない(勝手な想像)けど、わしも
まぁまぁ衝撃を受けました。


南1局北家1本場 ドラC
screenshotshare_20171014_131311.png

7を切ったとこです。
5を切る(789の三色目)か悩みましたが、
西とドラ受けは残そうと思ったので三色は
345かなと。
西を切ろうかとも思いましたが……。

IMG_20171016_010246.JPG

この手が結局こうなります。
直前の@をチーしてテンパイが取れるのですが、
大澤さんの3フーロが、カン3からの3-6や、
カン3からのカン5はありそうかなと思っていた
のですが、じゃあDは絶対通るのかというと
自信がなくて鳴けず。
まったく駄目でした。勝つ気はあるのか!と
思いました。


南4局東家 ドラ八
screenshotshare_20171015_221001.png

千里の道も500オールから。
仕掛けてテンパイ入れていたら西嶋さんから
リーチ。
ツモアガリ条件の1300/2600に照準を合わせて
いるんだろうなと思っていたので、一発ならわし
からでもアガるだろうなと思ってました。
切りますが。
この時少しだけ「大澤さんすまぬ」と思いました。

私がアガる度に西嶋さんが時間をかけて条件を
確認する(結構複雑)という感じで、このまま
夜中までこれが続いて全員ストレスを貯めて
いってくれないかのう……。


南4局東家2本場 ドラ中
screenshotshare_20171015_223208.png

大澤さんがソーズ123をチーです。
役は白か三色か(一通はホンイツをもっと
見そうかなと思ってたので)などと思って
いましたが、Aポンで白がかなり怪しい。

リーチをしたのは、Hが2枚切れなのと、
1枚切れの5が恐らく山にはないと思い、
ツモり四暗刻変化が期待薄だと思ったから
です。

5は西嶋さんがソーズ6を中心にゴチャっと
持っているか、西嶋さんの6切りに結構長い
時間をかけて考えてからツモった大澤さんに
実は一通目があるのかも、とも思いました。
(大澤さんがツモ番に考える時は鳴こうか
考えてるわけじゃないことの方が多いので、
これはあまり判断材料にはならんけど)

わしが白を掴む前に大澤さんにこの局は
諦めてもらいたい、と思っていました。
が、西嶋さんがリーチ。そして一発ツモ。



アガリ形を見て、5はやっぱりなかった、
じゃあ、よかった………グフッ
という感じで負けました。



親番に頼りすぎて、子の局をあっさりと
普段のバランスに引っ張られて引きすぎた
かなぁと思いました。
麻雀も気持ちも全く駄目でしたね。

最初の麻雀観の話に少し戻りますが、
どんな人がどんな主張を持って打っても
いいけど、その主張に沿った打ち方を
しないといけない、と考えています。
しかし、それはとても難しいと思うし、
私はうまく打てませんでした。


不甲斐なくてすみません。
また強くなって取り返すよ!!



明日は珠玉戦です。


ラベル:放送対局
posted by ズム at 02:10| Comment(2) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

決定戦最終日B

遅くなっていますが、女流最高位
決定戦の7回戦についてです。
忙しくてブログが滞っています。



どうも、ズムです。



東3局南家 ドラ7
screenshotshare_20171007_123003.png

Aアンコらせて倍満ツモや〜。
なんて悠長に考えていたら……。

IMG_20171010_132837.JPG

ちゅどーーん!!!
24000放銃しました。
メンチンって結構余らないですよね。
字が出尽くしてるし当たればチンイツか、
と放銃してから思いました。


東4局東家 ドラ發
screenshotshare_20171007_123343.png

気を取り直して、カーン\(^-^)/
この状況でこの北は、いきなりカンする
図太さが必要だと思ってます。
1枚でも早くツモりたいし、カンドラ表示
に何がめくれるか一刻も早く見たいです。

screenshotshare_20171007_123547.png

ホンイツかトイトイが見えるけど。
テンパイにはどちらにしろ結構遠いので、
一刻も早くリーチ→みんなオリる(願望)→
→ツモ、と焦ってました。
ドラ發とかダブ東が重なったら痛恨だけども。

リャンカンって場所取りすぎですよね。
10枚しか持てないのに(>_<)

screenshotshare_20171007_124410.png

ようやくテンパイ。
サンアンコもイーペーコーも結局のところ
点数はそんなに変わらないです。
せっかくEツモ切って残したカンBの受け
ですが、ション牌じゃない方で待つことに
しました。


東4局2本場東家 ドラ8
screenshotshare_20171007_130006.png

かろうじて親番で粘っていますが、
もはやテンパイも怪しいです。
前巡カン八をチーして一通か形テンの
イーシャンテン(ほぼ形テン狙い)に
したところに、ツモ五。

大澤さんがマンズのホンイツなので
マンズはくっつきにくいです。
しかも一があるのでマンズ引いても
まぁまぁテンパイできるのですが……。

マンズマンズと引いて使いきれず放銃
で親が流れる方が恐くなり、7切り。
その後一が通り、残したソーズに再び
くっついてなんとかテンパイしますが、
先程、五を切るのがよかったと思いました。

結局、使いきれないマンズで放銃して
親が終わってしまったので恐れた通り
ですが、テンパイMAXにする方が、
つじつまは合う気がします。


南4局3本場東家 ドラ8
screenshotshare_20171007_225440.png

ハコ寸前だった大平ですが、いつの
間にか2着目に。
でもまだまだまだ加点が必要です。
再び親で粘っていますが西嶋さんから
リーチ。

宣言牌のBをポンして、イーシャンテン
を広げてみたのはいいですが、この後も
どうもまっすぐいけず、一番のくっつき
候補の三をリーチの筋!と言って切って
しまいました。
(くっつきというか、リーチに通っている
牌を鳴けるようにしておきたい)

これもなんとかタンヤオでテンパりますが
微妙でした。
西嶋さんツモで終局。



と、腹を括った仕掛けを、仕掛け倒れに
してしまう場面が多々あった7回戦でした。


いつも通さない牌を通し自分にいいように
転ぶ……。そんな幸運が来なければもはや
勝てないことは分かっているのに、普段の
バランスに引っ張られチグハグな行動を
する……。
そういうことを、こういう対局ではよく
やってしまいます。


あと1半荘。
ミラクルで奇跡みたいなミラクルで
奇跡みたいなトップを取れば優勝ですよ。


ラベル:放送対局
posted by ズム at 23:59| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

決定戦最終日A

決定戦の6回戦目についてです。



どうも、ズムです。



5回戦、大澤さんトップわしラス。
勝ち目はさらに薄くなってしまいました。
が、可能性がわずかでもある限りは優勝を
目指すのが自分にとっての、あるべき姿勢
なので、まだ諦めませぬ。



東1局西家 ドラ北
screenshotshare_20171005_104458.png

この局はここでチンイツ移行すべきでしたな。
これは結構ダメでした。
せめて一通を、と9を切ってテンパイ外して
みたところ、次巡5ツモ。
大澤さんがマンズのホンイツなので、ここで
1単騎リーチにしてもよかったかなと思います。


東2局南家 ドラ二
screenshotshare_20171005_105326.png

直撃を狙いたい大物手が入りましたが、
大澤さんはマンズが高いし安目の一も
3枚切れで待ち自体期待薄。
リーチ裏裏の三倍満をツモる!!という
つもりでリーチすることにしました。
この時点で空テンだったとは(>_<)


東1局1本場東家供託1 ドラ@
screenshotshare_20171005_110207.png

親ですぐリーチをかけられそうな手がきた
と思ったら、いつのまにか出遅れ感が凄い。
この時点で私以外みんなテンパイ。
リーチさえかけられれば、親は維持して
ここでアガリ続けなきゃと焦っていました。
あっさり柳さんに1300放銃。
この時は安いけど結構無念だったのですが、
でももう無茶するより仕方ないかな、とも
思いました。


東4局北家 ドラD
screenshotshare_20171005_110945.png

柳さんリーチですが、大澤さんがダブ東
を鳴いて結構押してます。
リーチの現物は切りづらいので大澤さん
のスジで三を選んだのですが(愚形待ちで
そんなにがんばらなそうなので)この時に
悩んでいたもうひとつの候補は9です。
柳さんに打てるなら打った方がいいかも、
と思っていました。
今思うと9の方がスッキリする気がします。

柳さんの待ちは大澤さんと同じ5-8なので
結果は打ちようがないんですけどね。
しかもこの後、大澤さんがまわったのに
直前に張り返し、ガックリ。


東4局1本場北家供託1 ドラ1
screenshotshare_20171005_111454.png

ホンイツに行きたいのですが、悩んで
いたのはピンズが安くなるのかな?と
思って。
もしかしたらピンズのホンイツ??
と思ったのでした……。
が、さすがにマンズのホンイツへ。

screenshotshare_20171006_020526.png

で。
イーシャンテンになったところで大澤さん
からリーチ。一発で7を引くのですがすぐ
これに6がくっつくんですよ……。
ソーズは全く通っていないのですが5-8は
フリテン。

これも押さないといけないのかなと思い
つつも一二を払うことに。結局七を自力で
ツモりフリテンの5-8テンパイ。
メンホンテンパイしてたなぁ……(>_<)
次巡6と東のシャンポンに振り換わリーチ。

で、一発目のツモがドラの1なんですが、
プリ押してる西嶋さんがドラドラなんじゃ
ないかと思っていたのです。
わー!単騎ならラス牌かも!でもAトイツ
落とししてたからどーだろなー!と思って
たら案の定1単騎で、わー6も7も切れてた!
でもやっぱり放銃や!と、ひとりで大騒ぎ
していました。
チーン(>_<)


南1局4本場北家 ドラ1
screenshotshare_20171005_134100.png

一通メインとはいえ、とっとと4切って
くっつき牌を持ちたいと思いつつも、
マゴついていた局です。
この局も微妙でしたが、なんと3ツモ。
アガれませんでしたが(>_<)


南2局西家 ドラ八
screenshotshare_20171005_135032.png

ここからG切り。
これは解説の新井プロが言っていた通りで
Hはいらない、裏目のEが来たら三色目を、
ソーズのイーペーコもみたいのでした。
結局ただのメンタンに。


南3局1本場東家供託1 ドラ北
screenshotshare_20171005_140202.png

神配牌に神ツモきたー\(^-^)/!
2巡目にして三をツモ、ピンフ三色ドラドラの
イーシャンテンです。
8を切ったのですが、解説で園田プロが言った
とおり、あまりにも宣言牌の裏スジが通りやすい
話をよく聞くので、可能なら裏スジは残したいと
思っているのです。(実際は安全度とかの方が
選ぶ基準の優先順位は高くなりますが)

でも新井プロの言う「7引きでチャンタ移行」は
完全に見落としていました。目から鱗!


南3局2本場東家 ドラ七
screenshotshare_20171005_141047.png

続く2本場。この三をツモ切ったとこです。
せっかくイーシャンテンに取れますが、三は
今大澤さんが1枚切ったので、コーツで使える
可能性は少ないし何より大澤さんにチーテンを
入れさせたくないのです。
三は1枚浮かせ気分で他が伸びればトイツ落とし
でいいかな、と思いました。


南4局北家 ドラ中
screenshotshare_20171006_002419.png

白をポンしてます。
さっき柳さんが切った八はポンがいいようです。
七が2枚切れだからですね。
この時の私は、七はないけど五や九があるし
(柳さん上家だから)次ツモ番やしな……と思って
スルーしてしまいました。

結局!画像のように七ツモ。
大澤さんから直撃かツモ狙いですが八切ってる
柳さんから出ないかなと思っていました。
見逃し→ロンならまだ可能性があるかも……と。
無理かもなぁ。


南4局1本場北家 ドラ二
screenshotshare_20171006_003726.png

メンホンテンパイ。リーチか考えましたが、
大澤さんが發を抱えていないか少し様子見
したくなって中を縦に置きました。
この中を大澤さんがポン。ポン出しに期待
してみるも、ダメでした。
すぐに一通目の8も3枚切れになり、もう
リーチや!(うっかりツモって満貫しかない
のが寒すぎるので)と思ったら横移動。


南4局2本場北家 ドラ8
screenshotshare_20171006_004726.png

柳さん、西嶋さんとリーチですが大澤さんが
尋常じゃない気配を出して押してます。
これはドラがアンコでもおかしくないわ、
やばいわ、と怯えていました。

いいのか悪いのか分からないけど、柳さんに
満貫打てるなら打ってしまおうかと考えて
いましたが、待ちがわかりまてん。

結局、大澤さんが4000オールをツモ。
これ以降、並びを意識するのはやめようと
思いました。
もはや順位点は後回しで、7回戦8回戦は
自分が超特大トップ目に立てたら並びを
考えよう、と考えていました。


5回戦に続き、またもラス(>_<)
弱い、弱すぎる。


ラベル:放送対局
posted by ズム at 03:06| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする