2017年05月30日

顔文字

よく喜び、よく哀れみ。



どうも、ズムです。



大平といえば、非常に感情豊かな
人物でありながら……、

IMG_20170528_110210.JPG

このように、表情に出ないのが難点。


私は嬉しい時には「うれしい」と言います。
が、世の中には疑り深い人が多いので、
あまり伝わらないのが面倒です。

言葉を言葉の通りに解釈してほしいです。
たいして嬉しくない時に「うれしい」と
言う人がいるせいだと私は思っていますが、
多勢に無勢のようす。

話がそれますが、行く気がないのに
「行けたら行く」と言う人も、伝達が
不正確になるのでやめてほしいです。
私は「行けたら行く」と言った時は、
行けると分かったら絶対行く気なのです。
言葉の通りが一番です。
が、これも多勢に無勢。



話がそれましたが、嬉しい時の表現。
便利なのが、顔文字です。


「うれしい( ・∇・)」


とても嬉しそうになります。
普段の会話でも便利な顔文字を出せれば
いいのに、と思います。


笑顔の顔文字は多々あれど、私は上記の
「( ・∇・)」をよく使います。
たまに「ヽ(・∀・)ノ」も使います。
それぞれ自分の中で使い分けがあるのです。


( ・∇・)を使う時

楽しい。
心からの喜びや祝福。
あたたかな愛情。
ほのぼのとした気持ち。
穏やかな期待感に胸膨らむ、など。

ヽ(・∀・)ノを使う時
大はしゃぎ。
爆発的に面白い、すばらしい。
大発見の高揚。
または上記の感動を世界中に広めたい
という大興奮、など。



ですので私は、( ・∇・)を多用する
人に悪い人はいない。
という錯覚に陥っています。

みんなが同じ意味で顔文字を使うわけ
ではないのは分かっているのですが、
どうしても( ・∇・)のような朗らかな
気持ちを頻繁に現す人は良い人のはず、
と見えてしまうのです。
困ったものです。

が。
実際、( ・∇・)ユーザーには優しい
人が多いです。



その他によく使う顔文字は( ✧Д✧)。
これはなんだか面白い顔ということで
たいそうお気に入り。
気合いが入ってる時や、おいしそうな
食べ物をみつけた時に使ってます。


posted by ズム at 02:17| Comment(4) | 大平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

最近のガレナー

ここ最近、いろんなことがありました。


どうも、ズムです。


・classicは本戦に進めず。
・リーグ戦昇級し。
・はじめて仙台のさかえに行き。
・ズムリーグの準備も進み。
・体力作りのためスポッチャデビュー
・私設リーグの第2節があり…。


いろいろな出来事がありすぎて、
逆にblogを書いていませんでした。


逆に。


C3に戻ったくらいじゃ全くめでたくないという
評価ばかり頂いたので割愛しますが、とにかく
昇級しました。



そしてもうひとつ。
特筆すべきは【キャッチコピー】が
決まったことです。


ある日「今日までにキャッチコピー下さい」
と連絡がきて、事務局に相談。
最高位戦事務局はいつだって選手の味方です。

IMG_20160617_000952.JPG

味方……



結局。
【不屈のリアリズム】というコピーに。
「ズム」も付いて完璧ですな。
最強戦予戦のpvも公開されました。

あとは勝つだけ。



太っています(笑)
昔は痩せてたんだけどなぁ…


posted by ズム at 00:36| Comment(0) | 大平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

ズムの由来(ファイナルアンサー)

みなさん、この写真を見て下さい。


IMG_20160325_003814.JPG


どうも、ズムです。
これは【電車の時刻表】ですね。


最近見かけませんが、携帯でネットを頻繁に
見るのが生活の一部ではなかった時代には、
(時期を同じくしてSuicaが普及する前は)
きっぷ券売機のあたりにだいたいこれが
置いてあったのです。

なぜか学生時代に集めていました。
理由は説明するほどのものではないのです。
なんとなく魅力を感じて集めるのが、収集
というもんです。


同様に、たいした理由は大抵ないものが、
この世には存在します。


それが【あだ名の由来】です。


たいした理由がないものほど「なんで??」を
人は言います。
考えても分からんから+世間話の取っ掛かり
として聞くわけです。

しかし元々たいした理由がないことを聞くのは、
結果的に釈然ともしないし会話も弾まないので、
お奨めしません。

実際、私は華村パイセンがなんでコフなのか
知りません。
知らんけど聞いていません。
ノリで「ミヨコフ→コフ」とかに決まっとる!


つまり、私は「ズムの由来」を答えることに
辟易してきました。
聞かれたから答えたのにスベった感じに
なるのが、ミソです。
これを見て下さい↓

screenshotshare_20160325_004438.png

私はこれまで、ブログの最近の記事名一覧の
部分が綺麗に見えるように、改行されてしまう
長いタイトルの日記は一度も書いていません。
神経質の類いです。

しかし今日だけは、どうしても末尾に
「(ファイナルアンサー)」を付ける決意を
しました。
改行をも恐れずです!!




……つべこべ言わんと早く答えんかい(・□・)!




【ズムの由来】
昔、メンバーをしていた雀荘で(10年くらい前)、
「アキズム」というあだ名が付いたんですよ。
それはなんでと言われるとまた面倒なのですが
名付け親は別のメンバーの大橋を「ファシズム」
と呼んでいたので(ハシ→ファシ→ファシズム)
その派生みたいですよ。

いつの間にか肝心のアキが取れて「ズム」と
呼ばれるようになり、麻雀業界の知り合いの
中で定着していった…、というわけです。


「たかぴょん」とかの「ぴょん」に意味が
ないのと同じで愛称につける接尾語みたいな
感じですよ…、ズムってのは。



ファイナルアンサー!!!!



もう答えんぞー。



ちなみに2年前に最高位戦に入った時、
どうせこうなるから登録名を「大平ズム」
にさせてくれと頼んだけど却下されました(笑)
ATARIMAEだけど。ダサイし。

今思えば、名前を変えてもどうせ聞かれる
だろうから、ダサイ名前にしなくてよかった。
まじで。

特に優勝した時に思いました。
自分の名前はとても気に入ってるのです。


posted by ズム at 01:47| Comment(3) | 大平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする