2019年09月19日

プリーグ準決勝B

忙しくて時間が空いてしまいましたが、
3回戦について書きます。



どうも、ズムです。



【3回戦】

東3局南家 ドラG

CE1F1347-5C85-40A6-99EF-E9E9F4C4D034.png

チートイの一向聴。
親が西ポンして赤D、789チーしてカン五と
落としてます。
ノーテンであれ、と思っているのですが
浮いてる3枚が切りづらくなってます。

ここで一向聴キープで字を押すとしたら、
(字が高くなるので)数字待ちのチートイに
したくてまた字を押すことになりそうだし、
次巡ますます切りづらくなる可能性のある
ダブ東から切りました。

赤が先なことについてとかも色々考えて
ましたが書ききれないので省略・・・・・

4DDD366A-7A40-44A2-A803-F485CDE04CC0.jpeg

そんでこう。親に3が余ってます。
南も4も押すのはしんどいです。

テンパイだとして、長考があったのですが
直前の5とか6(一応3も)鳴いてないし、
微妙な待ちの選択とかならパターンがなかなか
思いつかず・・・・・なんなら南の方が危ないのかと
思ってたのですが、何も思いつかなくて、字。
と、南を押しました・・・・・。

結局この局はCF待ちでテンパってリーチを
するのですが、ポイント的にも押しすぎだった
かと思ってます。


南1局1本場北家 ドラ西

55CAC8EE-3C10-4C6E-8F14-48D6511AF344.png

タンヤオみて七九九の九を第1打に切ったのですが
ペンFはまぁいいか、とペンF残りの一向聴に
したとこでリーチ。
上田さんにトータルで捲られてるので、捲り返し
たいとこなのですが・・・・・

5と7が両方通せそうってことでピンズの2度受け
残して57を切るのですが、いったんGと悩みました。



南3局南家 ドラ九

0014BC41-1811-4827-83BA-7C1FC33608EC.jpeg

一応4対子ですが両天秤チートイは微妙だし
この時は勇気を出して1枚切れてる西を切って
くっつきを多く持とうか悩んでました。
が、今すぐドラと西シャンポンの魅力でC切り。

すぐツモ3。
一を切るか西を切るかでまた選択ですが、
三にくっつき直して復活の未来と、西シャンポン
リーチがまだ打てる、ってことで一切り。

2枚目の西が切られてすぐテンパイ・・・・・
悲しく西を外すことになるのですが、一を
切ったところ、西を打った方がよかった経験て
結構あるんですよね・・・・・


南4局東家 ドラB

EED60E98-D6BA-462D-A436-7E6ADE43AD36.jpeg

このまま終わると小宮さんと瑞原さんが△で
同じくらいで最終戦トップに立てればまあまあ
無理なく大平を逆転も出来そう、2人のどちらかに
捲られても上田さんを捲るチャンスはあり、
みたいなイメージです。

いまリーチ棒を出して小宮さんに満直されると
ラスるのですが、可能性としてはそんなになので
アガりまくる可能性の方を優先させたいと思ってました。

打点もほしいので赤五のくっつき残してD先切り
も考えましたが萬子が一番多く持たれてるのかなと
思って捨てちゃいました。
結局カン4でリーチするのですが、Hのカンを
最後まで悩んでました。



そんなこんなで3回戦はハイテイで瑞原さんに
倍満放銃でラス(ㆆ_ㆆ)
最終戦のポイントが3人並びになりました。
トップを取った人は通過、上田さんラスなら
2着に通過がありそう、という感じです。

ラベル:放送対局
posted by ズム at 14:03| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: