2017年05月11日

チャレンジマッチ

久々の振り返りブログです。
最強戦なども、何度も見ましたが
書く時間が取れず。



どうも、ズムです。



書いていなかったもうひとつの理由として
多くの人に、
「ズムさんは麻雀のこと書いてるから
 他のプロと違って偉い!」
と言われたからです。

私は日々の練習だの反省だの、水面下で
行う類いのものはブログに書く必要がない
と思っていて、放送対局に出た時だけ
自分の意思を伝えるために書いているだけ
なんですよ。
あとは麻雀について自由な思想を書いたり。


麻雀プロに限らず、他人のブログってのは
普段見られない主張やらプライベートの
小ネタを垣間見られたりするものであって、
母子手帳じゃないのよ(笑)

モチベーションアップや頭の整理のために、
またはファンサービスのために、ブログ上で
麻雀を省みるプロもいるけど、絶対内緒
というプロもいます。
戦術とか記録とか、テーマを絞っている
ブログを書く人もいます。
人それぞれです。
それをどちらが偉いとか偉くないとか、
少しうんざりして、しばらく麻雀について
書くのをやめてました。


自分自身が気に入ったブログを、文句を
言わずに読むだけよ。
私はね。


IMG_20170508_193415.jpg


さて、前置き最高位の大平。
モンドチャレンジマッチに今年も出場。
もはや私の場合「モンドに出たい」とか
言っている場合ではありません。
これ以上チャンスを棒に振るわけにはいかん!


【1回戦】
東1局1本場 ドラG

screenshotshare_20170509_011238.png

前局も1500でしたがこれもポンテンの
1500テンパイは取ろうと思ってました。
マンズが高くなりそうで、↑もペンBを
残すか迷いました。
前巡に九が六になりタンヤオついたので
@を切りましたが。
七をツモってリーチを打てたのはラッキー。


東1局2本場 ドラ南

screenshotshare_20170509_012448.png

345の三色丸見えだったのですが仲田プロの
仕掛け(多分1000点)に打ちたくないので
三切りました。

しかしこの後すぐ。
茅森プロからリーチが入り、一発目のツモ南。
ここでさっき切られたばかりの南をツモ切るか、
西トイツ落としでテンパイを目指すか、
仲田プロに差せる可能性のある現物4を抜くか、
結構迷いましたが、西切り。
つまりこの瞬間南は行かないけど、この局は
点棒が増える可能性ありそう!と思ってます。
どうなのか?
ちなみに仲田プロの待ちはカン2。

IMG_20170511_162722.JPG

同じ局、あと1巡というとこ。
ツモ1。
テンパイしたら四プッシュ!と思っていた
のですが、ここまでテンパイせず。
1はシャンポンにしか当たりませんが……、
シャンポンは片割れ候補に南がいるしなぁ、
あと1巡しかないしなぁ、と、オリを選択。

最後のツモが南でした。
ギャー。

最近よく思うのは、タイトル戦の予戦の
最終半荘、よく「デカデカトップ条件」に
なるんですよ。
で、結構な確率でデカデカトップは取れる
ものなのです。(他の人の条件も分かるので)
でも、あと数100点足りなかったー!!、と
言いながら帰るのです……。

つまり、最初から最終半荘に挑む時の気持ちで
打てば勝率が上がるのでは??と思っているの
ですが……。
この時はそれが出来なかったのかもしれません?
ちなみに茅森プロの待ちはペン七でしたが、
押すなら四なのでセーフでした。


東2局3本場供託1 ドラ八

screenshotshare_20170509_013211.png

第1打にFは不満ですが、うっすら三色
が見えるのでペンBは据え置き。
Aを引いて、今度は7とマンズにくっついた
アンカンリーチの方がよさそうと思って、
3切りました。

screenshotshare_20170509_013657.png

すぐ8がくっつき、3がカムバック。
イーシャンテンなので残します。
その次が問題なのですが……↓↓

screenshotshare_20170509_014113.png

4ツモで、1アンカン。
するとリンシャン牌が、リャンメンリャンメン
イーシャンテン界では一番持ってきたくない
と言われている、関係ないドラ、八(・〜・)!

「ツモ切るか」とも思ったのですが、浮いてる
牌も二五なので……。二を切って今すぐアン牌に
変われ〜と思っていたら仲田プロからリーチ。
この時の大平↓
「まじか、最悪だ(・□・)!」

すぐリャンメン埋まり、ドラ切りリーチ。
一発ウラウラウラウラの24000でした。
まぁかなさんからはさっき12000アガってる
のでなんとかなりそうですが、痛てぇー!


東2局4本場 ドラ八

screenshotshare_20170509_223117.png

茅森プロからリーチ。
受けながらイーシャンテンでしたが、
リャンメン待ちなら可能性がまぁまぁ高く
なった8をツモってきました。
2のトイツ落としで回ることもできます。

が、首尾よく9が今通ったので(これで5-8の
スジが益々危険になったのですが)9切り。
テンパったら8勝負の形にしてしまいました。
普通な手順ですが、楽(ラク)をしすぎている
かなぁ、とも思っていたんですよね。
薄い三の方をツモってリーチ!
裏3の8000点を放銃してしまいました。

朝倉プロの仕掛けがドラ固めているのかなと
思っていたのと、早いリーチで手役の可能性は
低めかなと思っていたので、メンタンピンドラ
なら行く価値は十分だと思っていたんですよ。
残りスジがまぁまぁ限られてきてたのだけ、
気になりました。
ちなみに朝倉プロの仕掛けはドラではなく、
大三元含みでしたね。


東3局 ドラD

screenshotshare_20170509_231652.png

親の茅森プロからリーチ。
タンピン高目ドラ、で追い付きました。

が。
Aは2枚切れ、朝倉プロが今度こそ教科書に
書いてあるようなドラドラの仕掛けなので
(中1枚目ポンして打C)、このADは薄い!
けどリ〜チするんですけどね〜。
と思いながら牌を曲げました。なんとツモ。


東4局 ドラ四

screenshotshare_20170509_232106.png

河に六七八と1メンツ並べないことに
変にこだわってション牌の西をツモ切り。
本当は残したかったのでこれは失敗でした。
解説でも言っているように、メンツ手も
もう少し見る方が普通だったと思ってました。


南1局 2本場 ドラ一

screenshotshare_20170509_233035.png

先制リーチに大きな意味がある局ですが
コーツ手を見たいので字の重なりを残し
七切り。
役牌じゃないので西はいらなかったか。


南1局3本場供託1 ドラ1

screenshotshare_20170509_234010.png

東ポンテン56678の4-7待ちですが、
最後の6をツモ。69Cに変えるか、
結構迷いました。
こういうのはノータイムで切ってますが
モー牌しながら意外と悩んでるのです。

6はもうなくて47と9はよくわからん。
結局、Cが優秀じゃない(Cのリャンメン
変化も微妙)ということで4-7のまま続行
しました。
どっちがいいのか?

結局9をツモり6と入れ替えてます。


南4局4本場供託1 ドラ5

screenshotshare_20170509_235358.png

この局はテンパイ競争になるんじゃないかと
思っていて、アン牌の東を持ってたのです。
先制したらペン3でもリーチ、と思ってました。
Bを切るところが渋々ですが、Gも切ってるし
東にこだわってしまいました。
ペン3を絶対払わないというつもりでもなく、
例えば早めにドラの5がきたら12がなくなる
可能性もあります。


南1局5本場 ドラ二

screenshotshare_20170510_121234.png

どやー!!
ハコ寸前からトップ目に躍り出てやったぜ!
今度は喰いタンもアリなドラドラの手牌が
きました。

が!仲田プロ先制リーチ。
一発ツモ裏3であっけなくジリ貧に逆戻り。

打ってる時は何も気付かなかったのですが
後から放送でみなさんのコメント見てたら、
大平は裏ドラが1個も乗らなかったそうです。
そして裏ドラで失点しまくっていたそうで。
たしかに面白いけど、たまらんよ(@_@)!


南3局 ドラD

screenshotshare_20170510_122910.png

ショーースーーシーーだーー(・□・)!!
と一瞬思いましたが五を引いてリャンメン
みっつできましたが全部違う色に。
ホンイツ見たかったですが、うっすら345も
見えます。東切り。
南ポンの1000点は今のところ考えないです。
リーチツモ裏とか南アンコが現実的かなと
思っているところです。

screenshotshare_20170510_123846.png

3がアンコり、A切りました。
@が3枚切れているのとホンイツに渡れそう、
ドラのDはBがあれば345含みで使えますだ。

screenshotshare_20170510_124658.png

南が出たのでポンしてホンイツへ。
↑は一をツモ切っているところですが、
四と五をなるべく離して切りたい気持ちより、
同じく仕掛け始めている仲田プロにチーテン
が入らない一の方から切った、という感じ
です。
結局4と北待ちのホンイツテンパイしますが
リーチの茅森プロが4000オールツモ。


南4局 ドラH

screenshotshare_20170510_130012.png

着アップにはハネマンツモか、茅森プロ
仲田プロからのマンガン直撃。
ラスも近いですが、メンタンピンでリーチ
を目指して着順が変わらなくてもアガって
素点回復できたらいいな、という感じです。

が、仲田プロの捨て牌を見てください。
4巡目にしてまだ南しか切っていません。
これは私より早いメンタンピンでしょう。
すぐリーチが来ました。

screenshotshare_20170510_130150.png

リーチを受けて、やっとイーシャンテン。
でも追い付いてリーチへのやる気はアップ
しました。
直撃できるかもしれませんからね( ・∇・)
結果は追い付くまもなく茅森プロが放銃し、
仲田プロのトップに。
大平は3着で終了。


1回戦のポイントは、

仲田:+49.3
茅森:+6.2
わし:△20.7
朝倉:△34.8

と、なりました。
過去2回はもっと大差だったのですが
詰めることができたので、今回こそは
いける気がしていましたよ。


2回戦についてはのちほど。


posted by ズム at 18:34| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: