2017年02月17日

日本シリーズ第3節A

女流プロ麻雀日本シリーズ第3節
14回戦についてです。



どうも、ズムです。
負けたから書き渋っていたわけでは
ありません(笑)
忙しかったのです……。


東3局東家 ドラH
screenshotshare_20170214_224449.png

高宮プロのリーチ一発目に
Dを切って追いかけた局。

リーチがなければBEのつもり
でした。
この日、親では強くいこうと
思っていたので、一発目に現物を
切れて使いにくい9待ちならいいかと
思ってシャンポンにしました。
正直、良いのかどうかわかりません。


東3局1本場東家 ドラH
screenshotshare_20170214_225432.png

続く1本場は配牌イーシャンテンでしたが
Fも早々と1枚切れて苦しい形。
安全牌をそろそろ持ちたい頃に脇から
リーチ。
4巡目の南を持てるか、微妙。

第1打をBと迷ったのですが、チートイ
にはあまりならなそうなので、マンズの
伸びも残してBの方がよかったやも。
柔軟だし、安牌も持ちやすくなります。

screenshotshare_20170214_225724.png

そして手詰まりつつイーシャンテン。
一応イーシャンテンのF切りはドラが
Hなのでやめました。
七も切りづらいんですけどね。


東4局2本場北家 ドラ五供託1
screenshotshare_20170214_230122.png

ここから四をチーしたはいいのですが
二を切ったつもりが北を切りまして。
こういうウッカリは本当に良くないです。

この後、大崎プロからリーチ。
白バックドラドラのテンパイから、
ノーチャンスの8を切って放銃でしたが
これは特に後悔はないです。


南1局西家 ドラF
screenshotshare_20170217_020654.png

国士に向かう途中で方向転換。
親の高宮プロからのリーチの同巡に
メンホンチートイテンパイが入りました。

リーチの高宮プロはもちろん、大崎プロが
ション牌の南も切ってきていたので、
ちょっとアガれそうかなと思っていました。

が。
危険牌を引いた瞬間撤退でよかったです。
親のリーチに勝負する必要はありません
でした。
迷った末、1枚だけ、と押した五で放銃。
手に溺れて現状が見えてなかったですな。

ちなみにション牌の白を切って五単騎に
するのは見会わないので、やめるなら
テンパイを崩すつもりでした。


南2局南家 ドラ二
screenshotshare_20170217_021830.png

親の大崎プロのリーチ。
ベタオリしてますが安全牌がなくなり
ました。
カン4を払ったリーチなので好形に
目が行き、スジの@かAで迷っていた
のです。Aは1枚切れ。

役牌は残っているので、シャンポンで
より待ちやすそうな@はやめて、A、
と思いましたが、2がよかったと思い
ます。



その後は手にならず、結局またラス!



解説に近藤最高位が来ていたので、
いいところを見せたかったのですが。

(>_<)

情けなし!!



と、散々な成績でプレーオフも怪しく
なってきましたが、まだ微差で首位!
必ず決勝に残ります!!!


posted by ズム at 03:06| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: