2016年11月21日

ツモる瞬間に柄が決まる話

いつものことですが、ブログをさぼって
おります。
ブログに書くほど、読んでおもしろいような
ことを、なかなか思いつかないのです。



どうも、ズムです。



最近何も起きていないわけではないのですが
(夕刊フジ杯や王位戦など、対局も多いです)
結果報告は主にTwitterを使っています。



ですが、ふと思いつきました。
放送対局の解説で村上プロが、

「ツモる瞬間に柄が決まるから(何をツモるかは
 わからない)ね」

と言うことがよくあるのですが、これに対して
ふざけた表現かなと思う方もいるそうなので、
これを是非読んでみてほしいのです。

シュレディンガーの猫 〜Wikipedia引用〜

つまり猫の生死と同じように、裏返しの牌の柄も
観測してはじめて決定する、という話なんです。

ツモられる前の牌の表面
→いろんな柄が確率的に存在している。
(いろんな柄が重なり合った状態)
ツモられる瞬間
→波動関数が収縮して柄が決まる。



ダーツは刺さった後なのにルーレットが止まるまで
「たわし」か「パジェロ」かドキドキしますしね!
なんだかこじつけのような、やっぱりふざけた話
じゃないか、と思いますが・・・(笑)

実は子供の頃はこういう哲学的な話がとても腹立た
しかった(というか理解できなかった)のですが、
大人になると心も多少豊かになって、なんだよ実は
勉強っておもしろそうだなと思うものですね。


麻雀も、学問に近い部分があるなぁと思います。
こうして考えると、ますます麻雀が奥深いものに
見えてこないでしょうか。



もちろん、捨て牌は人の意図で切られているので、
山にある牌の表面は、見えている牌以外の柄が同じ
確率で重なり合っているとは言えないと思いますよ。



明日は平塚【さかえ】に行ってまいります!!


posted by ズム at 01:34| Comment(2) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
柄も数字も、実は打ち手やその他の状況が、量子テレポートで牌に伝わって決まっている可能性があると思います。

というわけで、普段の行いを大切にしています(^-^)

ネット麻雀は特に顕著かもしれません。ぐひひ。
Posted by シマ at 2016年11月21日 01:40
行いは関係ないんじゃないですかね。
少なくとも裏返しの牌にはですが。
麻雀に挑む精神状態には大きく影響する
と思います!
Posted by ズム at 2016年11月21日 01:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: