2016年10月21日

決定戦7回戦

決定戦7回戦の気になる局について。



どうも、ズムです。



5回戦、6回戦と書いてきましたが、
なんだか納得いかない局の話ばかりに
なってしまいました。
うまくいった局ってのは自然とうまく
いった局もあるので、意外と印象に
残らないものです。



6回戦終了時のトータルポイント

IMG_20161021_003910.jpg

7回戦では、ヨーコさん、いわまさんより
上の着順を取る、という明確な目標が
できました。
ふたりともと着順が上回れば、最終戦は
着順勝負以上の戦いやすい条件になります。

逆にふたりともと着順が下回れば、優勝は
かなり厳しいものになってしまいます。



東3局0本場 ドラ八
screenshotshare_20161019_211911.png

七が3枚見えています。
普段なら「ペンチャンなのにピンフがつく」
とか言ってだいたいリーチをするのですが、
この時はリーチ気分で押して、親の石井さん
からリーチがきたらやめようと思っていました。


南1局0本場 ドラ六
screenshotshare_20161019_223230.png

カン3をチーしてカン五テンパイを取った局。
7回戦はいわまさんに先にアガられないように
クイタンでがんばっていた局が多かったです。
すぐに五をツモ。ラッキー。


南2局0本場 ドラC
screenshotshare_20161019_223802.png

ドラ表のBが出たのでポンした局。
これでドラのくっつきもなくなってしまう
のですが、この手を門前で進めても中盤までに
高い手やリャンメンリーチが打てるような感じ
もしないので、しかし加点はしたいので鳴いた
感じです。

9を切ってタンヤオか役牌バックにでもなれと
思っていたら二、發と引いて發で700オールの
ツモアガリに。これもラッキー。


南2局2本場 ドラ白
screenshotshare_20161019_225839.png

1本場も終盤、運よくテンパイが取れ流局、
2本場。
石井さんのリーチに押すのは恐いですが、
ホンイツテンパイでがんばっている所です。

この局、気になったのは、いわまさんが
最終巡目にリーチの石井さんにハイテイを
送ったことです。

この時の勝手な推測ですが、いわまさんは
私を捲るつもり満々だと思いました。
石井さんがマンガンツモなら、いわまさんの
着順は落ちてしまいますが、点差はそれほど
大きくはないし、大平との差も縮まる。

何より直対相手のヨーコさんが石井さんと
まぁまぁ離されたラス目になるので、自分が
トップに立った時に並びがよくなるな〜。

こんなことを考えていたのですが、解説で
言っていたように役+ホンイツが見えている
私のハイテイを消したのかもしれません。

いわまさんとは今日、夕刊フジ杯の会場で
会って決定戦の話もしたのですが、この時の
ことは聞き忘れました。


南3局0本場 ドラ北
screenshotshare_20161019_231639.png

石井さんの親番で無理をしたくないですが
手牌が無意味に広がりつつあります。
何かに寄せなければ……タンヤオかチートイ
と、前巡Hを切りましたが、6がアンコに。
まだ決めかねて字牌を切った所に、親リーチ。

これはやってもうたな、と思いました。
さっきまで親で好き勝手していましたが、
今回はもう巡目も2段目なので、ゆとりすぎ
てしまいました。

とりあえず中を切り、安牌なしに。
石井さんが4をツモ切り、ヨーコさんがチー
して打7。
ヨーコさんは既にオタ風をポンしています。
ホンイツで、北がまぁまぁありそう。

石井さんには打てないので、次何も安全牌を
引かなかったら4を切ろうと思っていました。

7が余っているヨーコさんは、テンパイかも
しれないのですが、4が当たるかどうかは
分からないので、今切るしかない。


これは何が間違っているかというと、ここに
追い込まれた自分の不注意だと思いますね。
ヨーコさんにホンイツドラドラの放銃に。

この日一番失敗したと思いますよ。


南4局0本場 ドラA
screenshotshare_20161019_233043.png

こつこつ積み上げたトップを土壇場で
失う、私。
そしてもはやオーラス。
そんな私は……。

性懲りもなく手牌を広げていました。
見てよ!今日はじめてタンピン丸見えの
手がきました。
これは配牌1等賞間違いなしや。
でもさすがに次に安全そうな牌を引いたら
手に留めようと思っていました。

しかし、すぐにいわまさんからリーチ。
トップ目なので、待ちはよさそうです。
親のヨーコさんからもリーチ。
3等賞でした。

いわまさんが掴み、ヨーコさん2000点
で、続行に。


南4局1本場 ドラ五
screenshotshare_20161019_233648.png

メンピンをアガればトップの私。
3巡目にはメンピンのイーシャンテンに。
これはもろた!

そして4巡目にくる、3。
ここはとても考えました。
単純に枚数の多いCFか、待ちになった
時に強そうな25の選択です。

ピンズを払いました。
どうせ間もなくテンパイするだろうと
思っているので、最終形が強そうな方、
のちに浮き牌が安牌に入れ替わっても
一瞬で3面張に変わるソーズの方が、
残しやすいかなと思いました。

なかなかテンパイせず、しないかなと
思っていた完全イーシャンテンの形を
経て、終盤ようやく六九でリーチ。

同巡で追いかけた石井さんが12000点
出アガリで、3着で終了でした。


CFだったかー!とか言ってみましたが
この半荘はラス前の過ごし方に尽きます。
あの手、攻める立場なら違いますが、
親も終えたトップ目なので、安全に手を
組むべきだったのです。


posted by ズム at 02:20| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: