2016年10月20日

決定戦5回戦

決定戦最終日。
5回戦の気になる局について書きます。



どうも、ズムです。



初日のトータルポイントは、これ。

IMG_20161020_000552.jpg

初日を終えて、上位3人のポイントはほぼ
並びなので、最終日の序盤(主に5回戦)は
トータルポイントをあまり意識せずに
打つのがいいだろうと思っていました。


【5回戦】

東1局0本場 ドラ7
screenshotshare_20161019_003300.png

いわまさんのリーチを受けて、こんな手。
現物は四、2、3。
14も@Cも悪くなさそうな受けのですが、
A、Bとリーチ後に引いてきた牌で、
実は@がフリテンなんです。

石井さんもヨーコさんも押してきていて、
ここは2、3落としました。
ヨーコさんが追いかけ500/1000をツモ。


南1局1本場 供託1 ドラE
screenshotshare_20161019_005635.png

親の石井さんがタンヤオで2フーロ。
ヨーコさんがオタの西ポン、GをEFG
でチーしてホンイツ模様。
いわまさんはかなりオリ気味。

白もダブ南も切れなくて、面子手の
イーシャンテンは諦め、チートイで
もじもじ粘ってたのですが。

ヨーコさんが上家から出るピンズに
長考してスルー、3をそっと手出しで
ノーテンムードに。
テンパイしたら意地でもリーチしよう
と思っていたら、白が重なりました。

石井さんのタンヤオがマンズの真ん中
っぽいので五単騎に。
山にないとも限らんと思ってましたが、
南ならツモっていましたけどね。


南1局2本場 供託2 ドラ二
screenshotshare_20161019_005104.png

2本場供託2と、是が非でもアガりたい
とこなのですが、三が3枚切れ。
ヨーコさんがダブ南をポンしてソーズの
ホンイツ模様です。

5を切るのですが、これは前巡の東から
やめとけばよかったなと思っています。
2着以上は死守したいので、石井さんにも
テンパイを入れさせたくないのです。

Dが鳴かれてないのでGでも切りながら
仕切り直すか、ペン三を諦め一切り、
ドラが重なったら考え直すか。などなど。

この局は微妙でした。


南4局1本場 供託1 ドラ@
screenshotshare_20161019_013646.png

流局でやってきた最後の親。
ヨーコさんが役牌ポン、リャンメンを
チーして打四。
いわまさんが直後に三を通しました。
ソーズのホンイツです。

そこへ大平、チートイドラドラ(一応)
のイーシャンテン。
アガりにいくならソーズを切ろうか。

いわまさんのホンイツにはドラがない
し、進行具合も分からず。
リーチ棒を出してもマンガンツモでは
捲られません。
でも、ひとあがりではトップはまだまだ。

二を切りました。
ヨーコさんに当たるなら2着のまま。
そうでなくてもイーシャンテン維持。

結果はヨーコさんに1000点放銃で、
2着のまま5回戦終了でした。



と、ここで思い出すのは決定戦初日。
1回戦のオーラスです。

screenshotshare_20161006_003905.png

この点数状況でいわまさんリーチ。
ヨーコさん、石井さんはかなりノーテン。
自分は安全にテンパイが取れて流局。

伏せるか、開くか。
開けるのはかなり攻撃に寄った打ち方、
伏せるのは現実的な打ち方だと思います。

流局が近づく間、かなり考えましたが、
私はテンパイを宣言しました。


いろんな人に意見を聞きましたが、
答えは真っ二つでした。
ただ、大平らしい打ち方ではなかった
という意見もありました。



あの時に開く考えなら、このチートイも
もう少し頑張った方が良かったかな、
とも思いました。



この後の解説室トークにあった、休憩中に
村上さんに質問した、というのは本当で、
そういう裏話的な部分も含めて、観戦を
楽しんでもらえたらいいな、とも思います。

タイムシフトは今週日曜まで見られます。


posted by ズム at 01:32| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: