2016年06月29日

最強戦2

前回の記事の続きです。
決勝について書きます。


決勝はこの4名です。
o0480028113682931913.jpg


東3局北家 ドラH
screenshotshare_20160627_222601.png

東1東2と後手に回って結局オリでしたが
この局も手が悪く、消極的に打っていたら
ション牌の中も重なり、形テンくらいは
取れそうになってきました。

この瞬間は茅森プロ、佐月プロはテンパイして
いるかもしれないなーと思っていました。
茅森プロはともかく、佐月プロはこの状況で
ダマテンがあまりなさそうなのですが、自分の
手が悪いので安手でも打ちたくないです。

手に持っているのはE。
この巡、打つ牌を悩んでしまったのですが
Eは茅森プロ、佐月プロの現物です。
が、4枚見えている牌でもあり、和泉プロに
チーされたくないのです。

他に安全策を見出だせなかったのもありますが
少し選択を焦り、このEを親の和泉プロが
フリテンBEでチー。
テンパイを入れさせてしまいました。


南1局南家 ドラ4
screenshotshare_20160627_223332.png

茅森プロのリーチを受けている場面です。
チートイツの可能性が高いと考えていたので
一発目に中を引いた所で、ドラが出ていかない
ように現物の7を切ったところです。

上家の佐月プロから5(これも現物)が出ます。
これはチーしてテンパイを取ればよかったと
この後すぐに激しく後悔しました。
中は地獄なので、このくらい切ればよかった。
東は完全安牌なのでこの後オリることも
できるのです。

リーチの宣言牌も地獄の西だったのですが、
地獄地獄のイーシャンテンにすることも
なくはないですけどね。

まさかここしか、この半荘テンパイを
入れられるチャンスがなかったとは、
知るよしもなかったのであった…。


南2局1本場親番 ドラ3
screenshotshare_20160627_224455.png

こんなペンチャンだらけの4シャンテンが…。

screenshotshare_20160627_224851.png

8巡目にはこんなイーシャンテンに。
みんな、諦めちゃだめなのよ。

ラス目で迎えた最後の親番なのですが、手が
悪かったのでまぁアガれなくても仕方ないかな
という気持ちでした。
親が流れても残り2局でまだ可能性はあります。

が、この形になったら頑張りたいところ。

茅森プロからリーチが入りました。
しばらく押して、いよいよアガりも見えず
危険牌が絞られてきたらやめようと考えて
いました。

一発放銃になってしまいましたが、2件リーチ、
3人テンパイのシーン等を見てもらえば分かる
ように、1枚押したくらい通ることの方が
多いんですよ〜。
↑の東3局のように自分がアガりも打点も
なそうな時は別ですが…。

5200点だったので、満貫ツモ2回というのが
現実的な目標です。


南4局西家 ドラ8
screenshotshare_20160628_004642.png

南3局があっという間に終わってしまい、
オーラスは倍満ツモまたは和泉プロからの
倍満出アガり条件になりました。

リーチ・ツモ・チートイツ・ドラ2裏2
リーチ・ツモ・タンヤオ・三色・ドラ3
リーチ・ツモ・タンヤオ・イペコ・ドラ3裏
リーチ・ツモ・タンヤオ・三暗刻・ドラ3
等々。
ツモスーもタンヤオドラドラなので一応
出アガりが出来ます。

どれも厳しいですけど、手は入りました。

が、先にラス親の茅森プロからリーチ。
同じ形から@をツモ切って放銃しましたが
チートイツだけに絞って2を切ってもいいな
と少し思っていました。
ワンチャンスの@が少しよさげかもしれぬ
と思ったからです。
(茅森プロが2枚使っていましたが)

2000点の放銃だったので倍満ツモ条件は
残りました。


南4局1本場 西家 ドラ七
screenshotshare_20160629_200137.png

この局は倍満のバの字も見えないので、
安全を確保しながら終盤形式テンパイ
が取れたらナイスでしたが、リーチに
立ち向かってまで取りに行く必要は
ないと思います。

テンパイノーテンで倍満ツモ条件が
消えることがありますが、逆に運よく
テンパイを入れ続けて条件が緩和する
こともあるんです。


南4局2本場西家 ドラ北
screenshotshare_20160628_004918.png

2本場も親の茅森プロからリーチ。
手牌はこんな感じです。

アガりやめがあるので、一発での放銃は
かなり負けの可能性が高いです。
また、佐月プロもテンパイかもしれません。
無スジのCを切るのに躊躇していますが
テンパイだが回れる牌がある、とかの
可能性もあると思っていました。

佐月プロ、和泉プロに放銃は問答無用で
負け確定、茅森プロに打っても(一発じゃ
なくても)結構負け。最終局の予感です。

三と四は現物。二は現物ではないですが
ワンチャンス。

二を切ると、發と白以外の牌がすべて不要に
なってしまいますが、文句なしの倍満。
三を切ると五を引いても裏1条件のリーチが
打てるのと、發(特に2枚目)はポンの選択も
あるので、その場合にマンズ2面子は必要が
ないこと、小三元に絞ると活かせない七や
八を引いてのメンホンイーペーコ役役(倍満)、
チートイドラドラ(裏条件)とかも、なくは
ないわけで。

長いこと考え込んでしまいましたが、二を
切りました。
より危険に晒されますが、その危険度も
微妙な差でしかないので、高目や裏条件に
絶対ならない方を選びました。
迷っただけで、これが一番シンプルだろうと。

次のツモは6でした。
明らかに要らない牌なのですが、前巡の二と
比べると危険度の差はかなりあります。

放銃するとほぼ負けが確定。
二三四と1面子の安全牌がある。
ワンチャンの大三元に懸けようか…。

みんなは「他人の優勝を決めたくないから
迷っていた」と思ったそうです。
私は自分の優勝を決めたくて考えていました。

でも、負けたので不正解です。
6で放銃しました。



優勝は茅森プロでした!



わしは4位…。
1位じゃなければなんでもいいんですが、
今年は決勝で何度も何度も負けていて、
本当に情けないです。

応援してくれてる全国4、5人の皆様にも、
申し訳ない思いです( TДT)



すまぬ。



最強戦はプロ予戦からノコノコ出ます!
去年はベスト32までいったんや。
なんならベスト9くらいだったかもなー…!
駄目か…。


明日は松戸の【さかえ】に行きまつど!
14:00〜22:00です。


posted by ズム at 20:59| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最強戦1

麻雀最強戦2016女流プロ代表決定戦
「激突!タイトルホルダー」
という
対局が6/25にありました。
タイムシフトは今週金曜の夜中までは
みられます。

8名が2卓に別れて予戦を行い、それぞれの
上位2名で決勝1回戦。
そのトップが最強戦ファイナルに進出です。


予戦B卓は、
宮内プロ(女流桜花)
佐月プロ(女流雀王)
童瞳プロ(プロクイーン)
ズム(女流最高位)

というメンツです。
予戦について書いていきます。


東2局西家2本場 ドラ4
screenshotshare_20160626_200200.png

前巡にAを引っ張って發のトイツ落とし
を始めたところに、ツモC。
考えた末、發を切りました。
發は安全牌候補として残したいという
理由で悩んだのですが、前巡の思考に
引っ張られた印象で、この發切りは
微妙だったと思います。Aが良さげ。

佐月プロがこの發を2鳴き、そして
2フーロ目。後生大事にとっておいて
しまったAが、切りづらくなって
しまいました。

screenshotshare_20160626_200658.png

懸案のAはその後に通るのですが、
今度は危険牌3を引いてのこんな形に、
3枚目の六をツモ。

3も4も切らずにテンパイしたいので、
現物のCを切りました。
解説ではDは佐月プロの裏スジと
言ってますが、実は佐月プロがAを
切っています。
發2鳴きでポン出しFの時点でGが
2枚切れですが、その後カンチャン
を払っているので、DGは可能性が
やや低め、Dのシャンポンについては
2フーロ目の後ツモ切ってる牌の中に
Cがあるので、これも可能性低めかな
と思いました。


東3局南家ドラC
screenshotshare_20160626_203556.png

ドラドラなのでさっそく役牌を鳴いて
こんな形に。切っているのは三です。
普通は残したいのですが、前巡に一を
切ってるからなぁ…。

すぐ運よくAを鳴けてシャンポンの
テンパイ。
BとDはツモ切るつもりでした。
ソーズがリャンメンになっても、4の
後に7手出しになるのは嫌じゃない?
というご意見も頂きました。
7の回りで待っているように見える、
ということです。
でも、カンAチーの後にドラのCを
手出しでもCの回りで待っている
可能性が高まる上に、2000点に見え
るので、何点かようわからん上に
高い方がいいかな、という選択です。


東2局4本場西家 ドラ7
screenshotshare_20160629_235051.png

カン四をチーしてこんなテンパイ。
Cをツモ切るのを一瞬迷うのですがBEも
BDも見えている枚数は同じですが、
佐月プロはDの方が持っていそうなのか?
とか。都合よく考えすぎかもしれないし
待ちが2スジに分かれている方がいいという
ことで、Cをツモ切ることにしました。
童瞳プロにも中スジですしね。

フリテンADGも少しだけ考えましたが
却下しました。


南1局北家2本場 ドラ八
screenshotshare_20160629_165157.png

チートイツのイーシャンテンですが
役牌3組なので、これはポン。
北を切るのですが、トイトイを狙う
可能性は、このあと先に6かFのポンが
できた場合限定みたいな感じでした。

リャンメン固定をした方がいいという
ご指摘を頂きました。
ほぼいずれリャンメン固定するので
どちらがいいかはずっと考えていた
のですが、場に高いピンズの方かな、
と思いつつ保留してしまった感じです。

白が鳴けてFを切ったのですが、
Dがすぐにポンされて微妙な手に。

そして宮内プロからリーチ。
この時は本当に勘違いしたのですが
手で隠れてツモ切りリーチだと思って
いました。
言い訳ですがテレビ対局ではツモ牌を
毎回手牌に乗っけるので、音とかでは
よくわからんかったのです。

screenshotshare_20160626_211343.png

宣言牌の8をチーしてテンパイを取り
ました。
宮内プロがツモれば、私にとっては
ありがたい結果となるのですが、
現状の7枚で安全に過ごせそうでもない
ので、テンパイ取っとこという感じです。
特に、変則的なリーチなのでアタマの
中も危険なのです。
あとはツモ切りだと勘違いしてるので
69のリャンメンの可能性は低そうだと
思ってるんですよね…。

宮内プロの4000/8000ツモでしたが、
童瞳プロと点差が開いて親番が落ちた
ので、自分にはよい結果に。


南2局西家 ドラ五
screenshotshare_20160626_211524.png

Eを切るのが手なりなんですが、
親の佐月プロが四と六を1枚ずつ
切っていて、四はドラ表示にも1枚。

三を切ってピンズ伸びの可能性を
残しました。
すぐに2を引いて、テンパイ。
とりあえず取りますが期待は薄いです。
その後、佐月プロがピンズの仕掛けを
始めます。

screenshotshare_20160626_211951.png

ラッキーカラーのソーズ、7をツモ。
六を切ってテンパイを外し、ソーズに
くっつきを求めます。

1をツモりました。
ドラの五を切って四七待ちのテンパイ。
四なら三色です。最初のテンパイより
だいぶ期待できそうな変化です。

解説では河野プロが、役なしシャンポン
からソーズ変化を待つと言っていました
が、確かに。その発想は抜けていました。
シャンポンにしておくと、次巡8をツモ
って高目イッツーのテンパイでしたね。
これも期待大。リーチかもしれません。

その後4ツモでタンヤオが付き、四を
ツモ。通過の可能性が高まりました。


南3局南家 ドラ9
screenshotshare_20160626_212829.png

發がアンコになって絞まってきました。
局消化をしたいものの、上家で親の
宮内プロがピンズ模様で南をポン。
早くもHですが1枚余らせています。

ピンズが愚形なので今のところ期待は
薄いです。
六を切ってイーシャンテン取らずに。
自然に勝負できる形になるかもしれぬ。

あと、ピンズは一応もう切らないことに
しようと思っていました。
宮内プロはテンパイでしたが、アタマだけ
染まっていない1500でした。


1本場は軽い手が入って300/500。
オーラスは佐月プロがアガりきって、
佐月プロと私が決勝進出となりました。



決勝については次回書きます。


posted by ズム at 18:26| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

沖ヒカルプロ

最近、blogがお知らせや報告ばかりになって
しまい、退屈な状況です。


どうも、ズムです。


個人的には勝手にシンクタンクとか、
ムカシズムなどのカテゴリを充実させて
楽しい読み物化したい、と思っている
このblogです。



ところで。



先日の沖ヒカル改造計画、みました?
新井啓文プロが師範代の回です。

新井プロは教えるのも話も上手いので
今回も面白かったのはもちろんなのですが、
この中で沖さんが「動物的感覚」について
話しているのがとても興味深くてですね。

screenshotshare_20160623_020959.png

今回に限らず沖さん、「僕わかるんです」と
言うんですよ。
大概「まさか」と笑いが起きて終わるんですが。
沖さんて、すごくセンスのいい方だと思う
んですよね。


センスって、生まれもった幸運な才能のこと、
インスピレーションってヤマカンでしょ、
と思われがちなのですが…。

実はそれはセンスの悪い人の考え方で、
センスというのは研磨することで手に入れ、
研磨し続けないと維持することができない
能力なんですよ。
これは私の考えですけどね。

美的センス、数学のセンス、おそらくは
スポーツのセンスも同じだと思うのですが…

センスのいい人というのは常にアンテナを
張り巡らして色んな分野の情報を得ているし、
それを自分の頭で考えて処理し続けています。
そうすることがセンスを磨くためのひとつの
方法だと思うんですよ。

身の回りのセンスのいい人は皆、センスを
高める暮らし方をしています。


だから不思議な力がある、かどうかは、
私にはわかりません…、が、
番組中で「経験則」という言葉が出ました。
経験則というのも、曖昧な感覚というより
処理の過程が複雑すぎる無数の情報から
できているように、私は思います。



そういえば。



一昨年の夏、最高位戦に入ってはじめての
女流リーグでベスト16に残ったときのこと
なのですが、沖さんが、


「あなた、優勝しますから」


と言うんですよ。
まだ決勝にも進んでないのに。


「僕はこういうのは何度も当ててきたから!」


って言うんですよ。
そんなわけないとおもうのですが、
予言通りのことが起きました。



番組をみて、このエピソードを思い出して
いました。
沖さんはウミガメなのかもしれませんぞ(@_@)


posted by ズム at 02:21| Comment(2) | 麻雀以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする