2016年05月12日

チャレンジマッチ

女流最高位を連覇したことで、去年に
引き続き、出場することができました。


どうも、ズムです。
8人が2卓に分かれて2回戦勝負、各卓の
首位が女流モンド杯出場権をGETです。


今回も何を考えながら打っていたか、
ちょっと書きたいと思います。
メンツは水城プロ、池沢プロ、童瞳プロ。


【1回戦】
東4局 西家 ドラ@
screenshotshare_20160512_121811.png

2枚切れの白が重なって微妙なテンパイ。
取らない選択すらあるのですが、ドラが@
ということもありテンパイを取り。

ただ、Gを切るのがよかったと思います。
ドラが@なのでAが出やすくなるわけでも
なく、その後の手変わりで池沢プロのHが
少し通しやすくなってしまいました。


南2局 親番 ドラB
screenshotshare_20160512_120956.png

普通なら5切りしそうですが、形テンを
取りたい上に、場が煮詰まっている今、
一番期待できると思っていたのが直近に
童瞳プロが切ってるEHチー。
これを残す選択に。
でも上家の童瞳プロ、Hアンコでした(@_@)


結局1回戦は、アガリなしでした。

しかも東場も南場もテンパイ取りにいって
合計20000点分も放銃してしまったので、
1200点持ちのラスに。カルロス(゜ロ゜)ゴーン


弁当食べてたらlineで応援が届いたのですが
screenshotshare_20160512_203136.png

まだ諦めてません。
ちなみに豊後プロは弁当あまり食べませんよ。


【2回戦】
東2局3本場 親番 ドラ5
screenshotshare_20160512_125049.png

親で4巡目。
東も三も七も残そうとして北切り。
こうして振り替えると北もまあ無くはない
かなくらいな感じです。

水城プロからリーチが入り、二を暗カンして
この形。
screenshotshare_20160512_125236.png

3が現物で四暗刻のイーシャンテンに取れる
のですが、テンパイせんと始まらんので、
ツーチャンス(Aは現物)でDから切りました。
どちらもドラリャンメンなので十分。

先行リーチの水城プロから12000出アガリに。


ここで条件についてなのですが。
1回戦トップの池沢プロとは107.2差。

ウマが10-20、オカ20なのでトップは必須
ですが、トップラスにそれほど拘らなくても
いいのです。(トップ3着でも大差なし)
ただトップ2着だと厳しい、という感じです。


南1局 西家 ドラ5
screenshotshare_20160512_131033.png

南1局の水城プロの最後の親番を大人しく
過ごします。

screenshotshare_20160512_185322.png

たまに形テン。

私はテンパイ取りにいって大成功したり
大惨事に遭ったりすることが多いのですが、
たまにはオリるのです。

大分いい点差になってきました。


南2局1本場 南家 ドラ@
screenshotshare_20160512_191921.png

九を第1打に切ってますがこの形で、
シンプル四切り。
六九のチーテンが取れたら池沢プロから
だけアガって、親リーチきたら撤退、
六九引き戻しはリーチ、と思っていました。

フリテンテンパイは取ってもう1局、と
することになりそうだと思っていました。


南2局3本場 南家 ドラ五
screenshotshare_20160512_193652.png

池沢プロ→童瞳プロの2件リーチに
はさまれ、ペンBテンパイが入りました。
七は共通アンパイ。

Bはすごくいい待ちかもしれないとも
思っていたのですが、全然ないとも
限らないな、とも思っていました。
実際はこの時点で全山だったそうです。

リーチを考えましたが、タンピン変化も
あるし、同じく現物のA切りにしました。

六を引いて一発ハイテイチャンスの
リーチをしました。
2件リーチには通っているので、直撃
できるかもしれません。

なんとハイテイでツモりました。

池沢プロがリーチ棒分でラスになり、
微差でトータルトップに。


南3局1本場 ドラ中
screenshotshare_20160512_195431.png

この四を鳴いたのはテンパイチャンスを
広げるためです。
結局テンパらず、チーの直後に池沢プロが
二を連続でツモ切っていたのでさすがに
脳震盪が起きました。

そしてオーラスへ。


南4局2本場 北家 ドラ5
screenshotshare_20160512_195632.png

大平の勝利条件は。
水城プロからの出アガリ以外のアガリ。

十分可能性のある手牌だと思っていましたが
4巡目に池沢プロからリーチがきました。

役ありテンパイにしたいので、普通なら
自分は一を切りそうです。
長考の末、二を切りました。
リャンメンが先に埋まった時に追いかける
のにシャンポンの方がいいと、この時は
考えたのですが、今は一を切りそうです。

池沢プロが1000オールツモ。
水城プロを捲って3着に浮上したため、
大平の条件は、

・満貫ツモ
・池沢プロから3900
・水城プロから12000

になり、最終局に。


南4局3本場 北家 ドラ六
screenshotshare_20160512_200051.png

なんと4巡で整いました!
池沢プロが第1打にHを切っているので
一瞬ダマで拾えるのかとも考えましたが
リーチ。

水城プロからの出アガリは一発でEが
出ない限りは自分のツモがなくなるまで
しないつもりでした。


流局。


ツモれませんでした。


情けないやら、申し訳ないないやら。
駄目だったよ。


posted by ズム at 23:46| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする