2016年05月02日

日本シリーズ決勝!

昨日は女流プロ麻雀日本シリーズ決勝
でした!


どうも、ズムです。
有言はしまくったので、実行あるのみ!!


1回戦はトップだったので特に言うことは
なしで、1回切り間違えで先に安牌の九を
切ってしまったのが命取りにならなくて
よかったのと、嶺上ツモが嬉しかった。


【2回戦】
東1局2本場 ドラ6
IMG_20160502_123308.JPG

前巡@を引いて単騎待ちになったとこ。
いま魚谷プロが手から切った北、これに
結構惹かれたのですが…。
対子落としと決めつけるのは都合が良すぎ
として、誰でも切りそうです。

しかーし、地獄なので勇気出ず。
@C待ちでリーチ、出アガリしましたが
魚谷プロが北を並べたのと、裏ドラ北。
という、私以外は誰も気にしてなかった
ガッカリ情報でした。


南3局1本場 ドラ6
IMG_20160502_123452.JPG

こんなん出ました。
裸族あらわる!

2枚目の西ポン@ポン白ポンで
發發78
の5200テンパイだったのですが、發が
出たらポンしようと決めていました。

8単騎→6単騎になり、倍満手変わりも。
すぐ高宮プロにかわされてしまいました。


南4局0本場 ドラ中
screenshotshare_20160502_123813.png

親で早々にテンパイしていましたが、
魚谷プロからリーチ。
六、五を通して12巡目。
まだ押した方がいいかと思いましたが
この2で5200放銃となり、ラス落ちでした。

難しいと思っていたのは、タンピン変化、
特に高目三色になったときに追いかけるか
どうかです。
リーチ棒を出して2600以下の放銃が痛い
けど(自分が魚谷プロの位置ならピンフのみ
もリーチするので)勝負手を安く丸めるのも
ガッカリ感があります。
巡目にもよると思いました。


【3回戦】
東2局3本場 ドラ一
screenshotshare_20160502_131049.png

この局は12000放銃になってしまいました。
Gがよさそうだと思いすぎましたかね。
いたた。


東3局0本場 ドラ五
screenshotshare_20160502_132348.png

ダブ東をポンしてCと8のシャンポンから、
Bをチーして待ち変えしているとこです。
CDと晒してD切りのBEはなかなか良さそう。
今のとこ2900しかないがな。


【4回戦】
3回戦は結局ラスで、二人と90近い差となり
厳しい最終戦に。

東2局0本場 ドラC
screenshotshare_20160502_144248.png

DG待ちのリーチをかけていますが、
親の瑠美プロが最終手番で切ったDを
見逃しました。

最高位戦ルールと違って順位点が小さいので
並びを意識しすぎるのはよそうとは思って
いたのですが、上位二人がノーテン、瑠美プロ
確実にテンパイなので局数を増やして少しでも
上位と差を縮めたいと思いました。

ハイテイでツモにもうっすら期待しましたが
このハイテイ牌がドラのCで激さむ。

このあとも、リーチで上位二人からの直撃は
かなり厳しいので、ツモをしたいところです。


東2局1本場 ドラE
screenshotshare_20160502_151311.png

親で12巡目。
8チーのテンパイを取らなかった場面。

0本場は8巡目に形式テンパイのイーシャンテン
を取るチーをしたのですが…。
このポイント状況で勝負手イーシャンテンから
チーしてテンパイを取るには、12巡目は少し
早すぎる…というのが自分の感覚です。

ただ、待ちがどちらも薄いです。
テンパイを入れられず流局。
欲張ってしまったか、という結果に。


南3局1本場 ドラ@
screenshotshare_20160502_155401.png

最後の親番も、同じ理由で12巡目のEは
鳴きませんでした。
瑠美プロが鳴かせにきていると思って
いましたが、四暗刻を目指して自然に切って
鳴かれてもOKな感じでしたね。

今回は最後の八を引き入れて、リーチ!
久々にリーチがアガれました。


南3局2本場 ドラD
screenshotshare_20160502_160110.png

1巡目に東をポンしてこの形。
上家の瑠美プロから出るEBをスルーして
いますが、実は結構迷っています。
あと1ヶ所、字も含めてくっつき待ちの牌を
減らしたくないので、4連形は温存しようかな
と思いました。

結局こう。
screenshotshare_20160502_160704.png

BEが喉から手が出るほどほしい!


南1局0本場 ドラ四
「ダブル役満直撃条件」なんて絶望的だと
皆さん思うと思うのですが…。
screenshotshare_20160502_161604.png

5ブロック揃いきりましたよ ( ✧Д✧) ドヤーィ!

ひとつでもポンして気概を見せたかった
のですが、こういう字牌は同じく役満条件の
瑠美プロと何枚か持ち持ち、何枚かはアガリ
トップの高宮プロが絞ってる、という必至の
ケースをすり抜けていないと、難しい。

瑠美プロが場に2枚目の發を切ったところで断念。
ラス親で追い上げる魚谷プロ一人テンパイで続行。


ちなみに南4局1本場はダブリーチャンス…。
screenshotshare_20160502_162637.png

なのに9シャンテンΣ(ノд<)
どういうことだ。
高宮プロがアガり切り、優勝となりました!!



大平4位。



凹まないものなんですよね。
試合前は負けはきっと落ち込む、と思うもの
で、自分以外の方が決勝に臨むときも、そう
思うのですが、負けは意外と凹みません。

ただ、情けないです。

相手は強いとか、負ける可能性の方が高いとか、
わかっているんですよ。
それでも勝利を表現しないといけないのが
選手だと思うのでね。


もうこんな顔ですよ。
screenshotshare_20160502_182457.png


何度でも立ち上がるしかないですね!
高宮プロおめでとうございます!!


posted by ズム at 18:40| Comment(2) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする