2015年10月05日

第15期女流最高位決定戦

ブログお休みしていました。


どうも、ズムです。
決定戦のことは何も喋りたくなかったので
1週間ダマにしていました。

昨日決定戦最終日でした。
タイムシフトでまだまだ見られます。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv235533311


初日のポイント
point.jpg

初日3132で、大平は暫定2位。
最終日も地味すぎて多分誰も注目していなかったと
思うので、打っている時の心境を少し書きます。


【5回戦】
東2局、親の西嶋プロからのリーチを受けて同巡、
ドラ北を重ねて147待ちのピンフドラドラを黙に
した場面ですが、通常ならリーチのところ。

西嶋プロのリーチ・親には被せない、というのが
作戦のひとつだったので、ダマにしました。
現物バリなので他2人からアガれたらいいですが、
無理してテンパイ維持はしないつもりでした。

開局早々弱気に映ったようですが。
西嶋さんトップ自分2着は好ポジションなのです。
他2人の親番やリーチには、向かっていきます。

で、迎えた南場。
光の速さで流したかった茅森プロの親で、裏々の
6000オール(・□・)!
次局、南バックの仕掛けでタコ突っ張りでしたが、
途中から「茅森さんオリたからまあいいや」と
思っていました。

この日何度、茅森さんがもうオリたことに安心した
か、わかりません。

西嶋:1、茅森:2、ズム:3、日向:4


【6回戦】
茅森プロが突き抜けますが、なんとか2着につけ
ている、南場の親番。

3巡目にペンカン七待ちのテンパイが入ります。
七はドラ。
私の親は光速で流したいことがわかっているので、
先制リーチを打つことが大事だと思っていましたが
このテンパイは「焦り」の方かな、と思いました。
組み直した方が早いと思って5巡目、テンパイを
外しますが、すぐツモられ。間に合いませんでした。
あとは2着を守るだけに。

茅森:1、ズム:2、西嶋:3、日向:4


【7回戦】
6回戦でトータルトップに躍り出た茅森プロが上家
なのが気になりつつ、あと2戦。
東1局2600オールでリードするのですが、西嶋プロ
のリーチ。ズムは親ですが、西嶋さんのアガリで
自分だけ失点するのはやはり避けたいのです。
最後の最後鳴いて形テンを取れたのは幸運でした。

また西嶋プロとズムでトップ2着と終わらせたい
ところでしたが、そうはいかず日向プロトップ目に。
こうなると西嶋プロの下にも行けないのですが、
さらに西嶋プロが加点で、大平はだいぶ離された
3着目に。そしてオーラス。

トータルポイントが貼り出されているのを見てみると、
ここで加点しても着順が変わらなければ最終戦には
あまり影響がないのです。
茅森プロのラス親を早く流して、これ以上の失点を
免れるか、ハネツモで日向プロを捲くって2着か。

ここで日向プロの(チートイっぽい)先制リーチ。
ここで大平、高目ピンフ三色のイーシャンテンに。
茅森プロのリーチに備えて安全牌候補と思っていた
字牌2枚を妙な手付きでプッシュする、ズム。

結局ピンフじゃないテンパイになりますがリーチ。
高目を一発で日向プロが掴み、2着になりました。

西嶋:1、ズム:2、日向:3、茅森:4


【最終戦】
7回戦最後のアガリで少し有利なポイントで最終戦に。

poi2.jpg

が、全員に現実的な条件が残りました。
西嶋プロの条件が一番厳しいですが、席順と起家を
引いたことで日向プロが、少し不利に。
上家の茅森プロとは2着順差を付けられれば無条件で
負け。

特にオーラスですが、こんなに生きた心地がしない
時間はありませんでした。

オーラス。伏せて優勝しました。

西嶋:1、ズム:2、日向:3、茅森:4


2連覇!!


8回戦中、テンパイノーテンでギリギリ取った微差の
トップ1回でしたが、終わってみれば一人浮きでした!
押し所をトータルポイントで決められたのが、偶然
よい結果に繋がったと思います。

去年はトップとラスばかりでしたが(去年:11444121)
今年は終始地味でしたね。
そして今年も自分より強い相手との戦いだと思って
いたので、うれしいですね。本当に。
勝てば官軍。


応援してくれた皆様、ありがとうございました。


posted by ズム at 22:09| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする